「女性はうそつける」杉田水脈議員のトンデモ発言歴に見る、ネトウヨ姫の頭の中

女子SPA!

 自民党・杉田水脈(みお、53歳)衆議院議員が、9月25日に行われた党の合同会議で、女性への暴力や性犯罪に関して「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したことが、性犯罪被害者への差別であり侮辱だと大きな問題になっています。

◆発言撤回・謝罪・辞職を求める署名は12万人を超える

翌9月26日、杉田議員は自身のブログを更新。“女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでもうそをつける」)はしていない”と否定しました。

ですが、複数の会議参加者がその発言を聞いており、杉田議員への批判の声は鳴り止まず。性暴力の根絶を求める「フラワーデモ」主催者らが、杉田議員の謝罪・辞職を求めるオンライン署名を始めると、瞬く間に12万人以上の賛同者が集まりました。

9月29日、自民党の橋本聖子男女共同参画担当相は閣議後会見で、杉田議員の問題発言に対して「努力されている方を踏みにじるような発言であり、非常に残念だ」とコメントしています。

そして10月1日、杉田議員の態度は一転。自身のブログで「精査したところ、ご指摘の発言があったことを確認した」と認めたのです。「嘘をつくのは性別に限らないことなのに、女性のみが嘘をつくかのような印象を与えご不快な思いをさせてしまった方にはお詫び申し上げます」と謝罪しました。

結果、自分が嘘をついていたと…。なぜ最初にあれだけ否定したのでしょうか?

この杉田発言をどう思うか、社会問題について発信を続けるラッパー、ダースレイダーさん(43歳)に見解を伺いました。ダースレイダーさんは東京大学中退、脳梗塞から生還という異色の経歴を持ち、執筆やYoutubeで活躍しています。

◆完全なクズ発言。自民党は口頭注意して終わりにするのか?

「報じられた自民党部会での性暴力相談事業をめぐっての発言については、女性差別で被害者への侮辱であり、完全なクズ発言です。

本人は直後の取材で発言を否定するも、複数の同席者が証言しています。その後、下村政調会長に説明した際も事実認定を避けて逃げています。

橋本聖子大臣からは批判する声も上がったが、自民党としては口頭注意して終わりとするなら、党は性暴力被害に向き合うつもりは無いのでしょう」(ダースレイダーさん、以下同)

杉田議員が、会見ではなくブログでコメントを出したことについては…。

「非公開の部会とはいえ、国会議員つまりは国民の代表として発言したのであれば、一つ一つの言葉には責任が伴う。記者の前ではなく、後で自分のブログで説明するというふざけた言い訳と逃げの姿勢は卑怯、卑劣な行為だと思います」

◆“保守”サークルの男性にチヤホヤされてきた姫

また、杉田水脈という人物について、ダースレイダーさんはこう語ります。

「杉田氏は自民党中国地方比例名簿首位で当選している議員です。つまり自民党が強く当選して欲しいと思っている議員の一人です。

この方の問題発言は今回が初めてではありません。『新潮45』における生産性発言は多くの批判を呼んだのも記憶に新しい。国民民主党の玉木氏が選択的夫婦別姓についての代表質問をしていた際に『だったら結婚しなければいい』と野次を飛ばしたとも言われています

文筆家の古谷経衝氏は杉田氏を“オタサーの姫”と評しています。狭い男性中心の“保守”サークルでチヤホヤされながら、そのサークルを代弁する女性としてポジションを築いてきた。その意味でも男性社会に埋め込まれた存在で、そういった人物を比例一位にしている自民党の考え方にこそ着目すべきでしょう」

さて、ダースレイダーさんの指摘通り、杉田議員が今まで何度もトンデモ発言を繰り返し、大炎上しているのはご存知の通り。そこで、杉田議員のこれまでの問題発言をまとめてみました。

◆レイプ告発の伊藤詩織さんに「女として落ち度があった」

2015年に当時TBSワシントン局長だった山口敬之氏に強姦されたと被害を告発した、伊藤詩織さんを取材した英・BBCによるドキュメンタリー番組「Japan’s Secret Shame(日本の秘められた恥)」(6月28日放送)でのこと。杉田議員は、伊藤詩織さんについて「女として落ち度があった」と責め立てました。

「男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」、「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」と語り、挙げ句には「男性は悪くないと司法判断が下っているのにそれを疑うのは、日本の司法への侮辱だ」とまで言い放ちました。

さらに、「(伊藤さんが)嘘の主張をしたがために、山口氏とその家族に誹謗中傷や脅迫のメールや電話が殺到した」などと述べ、男性のほうが被害をこうむっていると主張。

しかし、一緒に酒を飲もうが記憶をなくそうが、性的同意のない相手に行為を強要すればそれは犯罪です。杉田議員の発言は被害者を叩くセカンドレイプであり、これをBBCに堂々と語ってしまう杉田議員は、性暴力について完全に無知だとしか思えません。

その後、伊藤詩織さんが山口氏への損害賠償を求めた民事裁判で、東京地裁は2019年12月18日、“合意のない性行為の強要”が認められるとして山口氏に330万円の支払いを命じる判決を下しました(山口氏は東京高裁に控訴しています)。が、杉田議員は沈黙しています。

◆中傷ツイートに「いいね」を押しまくって訴えられる

2020年8月、伊藤詩織さんは、Twitter上で伊藤さんを誹謗中傷する数々の投稿に「いいね」を押して名誉を傷つけられたとして杉田議員を提訴しています。

杉田議員は、件の英・BBCによるドキュメンタリー番組でコメントした後、ツイッターで「もし私が、『仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性』の母親だったなら、叱り飛ばします。『そんな女性に育てた覚えはない。恥ずかしい。情けない』と」などと投稿(現在は削除)。

そのツイートに寄せられた「顔を出して告発する時点で胡散臭い」「枕営業の失敗ですよね」といった投稿に「いいね」を押しています。伊藤さんサイドは、フォロワーが11万人(当時)もいる杉田議員が、SNS上で中傷投稿に「いいね」する行為は、名誉感情侵害にあたると主張しています。

伊藤さんをうそつき呼ばわりした前歴から考えると、今回の「女性はいくらでもうそをつける」は杉田議員の失言ではなく、“本心”なのでしょう。

◆著書で「女性の活躍が日本を崩壊させる」

なぜか杉田議員には「女をディスりたい」という欲望があるようです。著書を読むと、「日本をダメにしたのは父性の喪失だ。それは女が強くなりすぎたせいだ」という論が全開。しかも無知に基づいていて、頭がクラクラしてきます。

以下、「 」内は、杉田氏の著書『なぜ私は左翼と戦うのか』(青林堂、2017年)からの引用です。

「まず『男女平等は絶対に実現しない妄想だ』ということです。というのも、男性に子供が産めるのでしょうか、赤ちゃんに授乳ができるのでしょうか」

→“違いがある”ことと、“平等ではない=優劣がある”ことをゴッチャにしていますね。

「そもそも昔の日本では夫が外で働き、お金を稼いで妻にわたし、家計のやりくりをしていました」

→“昔の日本”では大半が農家で、妻も農業や家業の商売で“働く女性”でした。会社で働く夫+主婦という、戦後主流になったモデルを「日本の伝統」だと思い込む、よくあるカン違い。

「そもそも日本には、『男子厨房に入らず』という言葉があります。女性が専有する場所に男性が入ってはいけないという戒めです。反対に、女性も男性の専有領域を侵すべきではありません」

→男性の専有領域って? 杉田さんが働く政界は?

「では何が父性を喪失させたのか。それは『フェミニズム』や『女性活躍』などと女性を不用意に持ち上げたことだと私は考えます」

→もっとも不用意に持ち上げられた女性はあなたでは…。

杉田議員、もう少し勉強したらどうでしょうか。

◆LGBTは「『生産性』がない」で大炎上

2018年8月号の『新潮45』に掲載された杉田議員の「『LGBT』支援の度が過ぎる」という論説も、大きな波紋を呼びました。

「子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります」と述べた上で、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と書いています。

“生産性がない”という物言いに抗議が殺到し、結果、『新潮45』は休刊に。杉田議員は、カメラの前で「誤解を招き心苦しく思っている」と発言するも、最後まで撤回や謝罪はしませんでした。

◆LGBTもジェンダーフリーも共産党の陰謀だって

LGBTに対しても、著書『なぜ私は左翼と戦うのか』の中で、こんな無知をさらしています。

「(同性に惹かれるのは)成長期の一過程であって、誰でも大人になると自然に男性(異性)に惹かれ、結婚して子どもを産み、家庭を持つのです」※( )は編集部注。

同性愛者として生涯をまっとうした人がいくらでもいるのに、知らないのでしょうか?

さらに杉田議員は、LGBTを含め気に入らないものはなんでも、コミンテルン(旧ソ連にあった各国共産党の国際統一組織)の陰謀だと考えている模様。

「旧ソ連崩壊後、弱体化したと思われていたコミンテルンは息を吹き返しつつあります。その活動の温床になっているのが日本であり、彼らの一番のターゲットが日本なのです。これまでも、夫婦別姓、ジェンダーフリー、LGBT支援-などの考えを広め、日本の一番コアな部分である『家族』を崩壊させようと仕掛けてきました。」(産経ニュース2016.7.4)

ネトウヨによくある陰謀論の一種ですが、根拠があるなら示してほしいものです。

◆大阪大教授の研究を「反日運動」呼ばわり

杉田議員は、大阪大学院の牟田和恵教授が発表した、性の平等に向けた日本の女性運動や従軍慰安婦問題についての研究論文に対しても噛み付いています。

2018年の3月から7月にかけて、自身のTwitterなどで「学問の自由は尊重します。が、ねつ造はダメです。慰安婦問題は女性の人権問題ではありません。もちろん#MeTooではありません。」「我々の税金を反日活動に使われることに納得いかない」などと牟田教授の研究について“反日”呼ばわり…。

牟田教授ら共同研究者の4人は、「ネットで誤った情報が拡散されて誹謗中傷を受けた。影響力が大きい国会議員の発言として言語道断」と、2019年2月に杉田議員を提訴し、裁判は今も続いています。

◆国会ヤジ「だったら結婚しなくていい!」を自身のものだと示唆

今年1月22日の国会代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が選択的夫婦別姓の導入について訴えた際、自民党の議員席から女性の声で「だったら結婚しなくていい!」と、ひどいヤジが飛びました。

このヤジを飛ばしたのが杉田議員ではないかと報道陣が問い詰めるも、杉田議員は携帯電話を耳に当て会話しながら(スマホの画面が暗いのでニセ電話では…という疑惑も)立ち去りました。

しかし、その後野党関係者が、杉田議員が玉木氏に「玉木氏がひどいことをいうから(ヤジを飛ばした)」などと現場で述べていたことを明かしています。なんせ、杉田議員は夫婦別姓もコミンテルンの陰謀だと思い込んでいるのですからーー。

こうして改めて振り返ると、国会議員としてありえないコメント、行動のオンパレード。

前出のダースレイダーさんのコメントの通り、こんな杉田水脈という人物を、事実上の比例一位にしている自民党はいったい何を考えているのでしょうか…?

<文/満知缶子>

【満知缶子】

ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ