上川隆也主演『夜がどれほど暗くても』ふぉ~ゆ~辰巳雄大、葉山奨之ら出演

dwango.jp news


上川隆也が主演、加藤シゲアキ岡田結実が共演の『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』(WOWOW、11月22日放送スタート)のフルキャストが発表になった。






原作は、“どんでん返しの帝王”の異名を持ち、これまでに数々の作品が映像化されてきた中山七里の同名小説。デビュー作『さよならドビュッシー』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞して以来、良質なヒューマンミステリーを世に送り出してきた中山は、今年1月にデビュー10周年を迎えた。それを記念し、2020年は前代未聞の新刊単行本12か月連続刊行を実施しており、出版社横断の一大キャンペーンが展開されている。

上川隆也演じる主人公・志賀は、スクープを追う有名週刊誌の副編集長。仕事ぶりを評価され、順風満帆なジャーナリスト人生を歩んでいたが、ある日、事態は一変する。一人息子の健輔がストーカー殺人事件を起こし、被害者とともに自ら命を絶ったのだ。スクープを追う側だった志賀は、一転、追われる立場となる。凶悪事件の容疑者家族として、世間からバッシングを受ける日々。まさに絶望の淵に立たされる中、ある出来事をきっかけに事件の真相に迫っていくことになる。少しずつ浮かび上がっていく新しい真実。そして、深い闇の中で志賀が見つけた、一条の光とは。この物語は、単なる転落劇ではない。男の慟哭と執念が引き起こす、奇跡の物語だ。

そしてこの度、本作を彩る豪華フルキャストが初解禁となった。志賀(上川隆也)と井波(加藤シゲアキ)の上司で、常に志賀のことを気に掛ける「週刊時流」の編集長・鳥飼成人役に高橋克実。息子・健輔の事件をきっかけに志賀が新たに異動することになった雑誌「月刊時流」の嫌味な編集長・楢崎樹役に鈴木浩介。健輔の犯行に疑念を持ち慎重に捜査を進める捜査一課の警部補・宮藤賢次役に高嶋政伸。志賀とともに世間のバッシングに晒されることとなる妻・鞠子役に羽田美智子。週刊誌嫌いで志賀に対して複雑な感情を抱きつつも、事件の真相に迫っていく捜査一課の警部補・長澤一樹役に原田泰造。事件の被害者となる大学講師・星野希久子役に霧島れいか。事件の鍵を握る容疑者で息子・志賀健輔役に葉山奨之。警視庁捜査一課の若手刑事・三田拓也役に辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)。

犯罪の当事者になってしまった人間は、理不尽な茨の道をどう乗り越えていくべきか。そして報道の自由や、意義とは一体何か。WOWOWが真っ向から切り込む重厚な報道サスペンスドラマに期待したい。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ