スケートカルチャーから派生したポップでユーモラスな世界観。イラストレーターなかおみちおによる3年ぶりの個展

NeoL







2020年10月3日(土)より、PARK GALLERY にて、イラストレーターのなかおみちおによる3年ぶりの個展『DO NOT DISTURB』を開催。ナードな視点で、雑誌や音楽、イベントと様々なジャンルのメディアで、絶えずゆるぎのないスタンスで活躍するなかおみちお。スケートカルチャーをはじめ、ヒップホップから派生したポップでかわいいけれど毒のあるキャラクターや、フィクションとノンフィクションの間を行き交うユーモアあふれる世界観が話題に。イラスト業のほかに『NERD SKATES(ナードスケート)』名義でオリジナルグッズも制作、吉祥寺のスケートボードショップ Argument で4年にわたり開催されたグループ展『New gig』では、有名無名問わず世代とジャンルを超えた様々なアーティストをブッキングし、キュレーターとしての実力も話題に。2013年『COLORS』(@commune)、2017年『UNNECESSARY』(@ARGUMENT GALLERY、KITSUTSUKI , South Swell Cafe)に続く3年目、3度目の個展のタイトルは『DO NOT DISTURB』。ホテルのドアノブにかけるカードだ。

コロナ禍に限らず日々激しく変化する社会情勢や、SNS やインターネットの普及によって生まれる有象無象のコミュニケーションを横目に、『入らないで』『邪魔をしないで』という思いをこめながら、変わらぬスタンスでイラストを描き続けるなかおみちお。かわいらしさも、グロテスクも、シュールも、自身も好きと豪語するサブカルチャーの裏付けによっていまのありのままの自分が自分だと言い切れる力があり、情報過多な時代に、自分らしさを貫くための『DO NOT DISTURB』という宣言に応じて、近年の彼によるイラストレーションの集大成ともいえる作品が並ぶ。

“『入らないで』と言いながら、全てのくだらないことから解放されるために、今も絵を描き、だれかに観てもらうべく、ノックを待っている。現実逃避を想像力へと変換し、ファンタジーと現実の狭間で生まれた、イラスト、キャラクターたちが、明日への希望の光となると信じて。ー なかおみちお『DO NOT DISTURB』より”

子どもの頃からずっと、ドアの向こうにいる得体のしれないファンタジーに怯え、得体の知れない世界を想像し向き合い楽しんできた人も多いだろう。ぜひこの機会に、“奇才“イラストレーターなかおみちおによる個展『DO NOT DISTURB』へ。そして、自分のうちなるファンタジーと向き合い扉をあけた先の世界を楽しんでみてほしい。

なかおみちお1982年鳥取生まれ・東京在住 イラストレーター。間の抜けたPOPな表現でイラストを中心に活動中現在、VERY(光文社)にて『武田砂鉄のVERYな言葉狩り』でイラスト連載中。NERD SKATES、NERD SPORTS 名義でオリジナルもグッズも制作している。2014年から4年にわたり毎年開催された ARGUMENT GALLERY でのグループ展『New gig』を主催。https://nakaomichio.comhttps://www.instagram.com/nakaomichio_illustration

なかおみちお 個展『DO NOT DISTURB』2020年10月3日(土)- 10月25日(日)13:00-20:00 / 入場無料 / 月火定休PARK GALLERY(東京・末広町)東京都千代田区外神田3-5-20最寄駅:末広町駅・湯島駅・秋葉原駅・御茶ノ水駅(距離順)http://park-tokyo.com

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ