仲里依紗、際立つ自己発信力 原動力は「シェアしたいという単純な思い」


●「頑固な部分があったからこそ、ここまで頑張れた」
女優の仲里依紗が、コロナ禍においても絶好調だ。NHKの連続テレビ小説『エール』では、脇役ながらも登場回では必ず爪痕を残し、自粛中ならではのリモートドラマ『Living』には夫婦で出演し、息の合った掛け合いを披露。4月に始めたYouTube公式チャンネル『仲里依紗です。』では、惜しげもなく自然体の素顔を炸裂させている。

そして、ドリームワークス・アニメーション最新作『トロールズ ミュージック★パワー』(10月2日公開)では、ロック村の女王・バーブという突出したキャラクターの声優を務め、パワフルなミュージカルシーンでは、見事な歌唱力を発揮。仲を直撃し、どんな畑においても、きっちりと個性を表現できるセルフプロデュース能力の秘訣について話を聞いた。

トロール王国から盗まれたハッピーの源=“音楽”を取り戻そうと、カラフルな妖精、トロールたちが大奮闘するという本作。仲は「今の時代、暗いニュースが多いなか、本作はポスタービジュアルからしてカラフルだし、いろんな歌が散りばめられていて、最高に愉快です」と作品に惚れ込み、「私は洋楽ばかり聴いてしまうタイプですが、本作を観て、普段は聴かないクラシックなども、たまには聴いてみようかなというきっかけができました」と語る。

彼女が演じたバーブは、真っ赤なモヒカンヘアがトレードマークという、かなりエッジのきいたキャラクターだ。仲の声優としてのスキルは、出世作『時をかける少女』ですでに実証済みだが、今回もバーブ役を見事に自分のものにしている。

「自分の声は子どもっぽいというか、少年っぽいと思っているので、果たしてロックの女王というキャラクターに合うのかなと心配でしたが、トロールズのキャラクター自体がかわいいから、その雰囲気にはハマっていたので安心しました」

圧巻の歌唱シーンは観る者のハートを揺さぶるが、「歌は、全然得意じゃないです」と恐縮。「ロックはすごく好きで、めちゃくちゃ聴きますし、歌を聴くのも好きなんですが、カラオケでは恥ずかしいから歌いたくないタイプ。ただ、今回は仲里依紗としてではなく、バーブとして歌うので、そこは楽しんでやれました」

今回ボイストレーニングにも通ったそうで「先生に見てもらい、発声の仕方から、ロックの歌い方や、マイクの握り方まで、いろいろと教えていただいたので、勉強になりました」と笑顔を見せる。

一見ヒールに思えるバーブだが、「お父さんが大好きだし、ピュアさもあるので、あまり悪として演じすぎても違うかなと思い、そこのバランスを取るのに苦労しました」と言う。

自身とバーブとの共通点については「自分の意志を曲げないところ」だそう。「バーブはロックで世界を救いたいと思っていますが、その強い想いを貫こうとするところが、私と似ているかもしれません。自分も親からよく『あなたは言い出したら、本当に聞かない。欲しいものがあったら、絶対に買ってもらえるまでしつこく言う』と言われていました(笑)。執念深いというか、何事も諦めないんです。子どもの頃からそういう性格でした」

そのたくましさがあったから、今の仲がある。「芸能界でいろいろお仕事をしていく面では、良かったのかもしれません。長崎から1人で上京してきたので、ハングリー精神というか、そういう頑固な部分があったからこそ、ここまで頑張れたと思うので」

●YouTubeのやりがいを実感「役者とは違った喜び」

YouTube公式チャンネル『仲里依紗です。』では、仲の飾らない自由奔放な素顔と、根っからのエンターテイナーぶりが絶妙なバランスで同居している。TwitterやInstagramなどのSNSで、以前から自分について発信してきた仲だけに、YouTubeを始めたのも自然な流れだった。「強制的にではなく、自分が好きでやってきたことが、気づけばファンの人にも楽しんでもらえるツールになってきたので、SNSを続けてきて良かったなと思っています」

YouTubeのやりがいも実感しているという仲。「役者をやっていると、いつも役に対する意見や感想が多いのですが、YouTubeは仲里依紗として発信しているので、私のチャンネルを見て『元気になれた』と言ってもらえると、また、役者とは違った喜びを感じます。自分もまた頑張ろう! と思えますし、もっとみんなと楽しいことをしたいというアイデアも生まれます。それに、俳優さんだけではない交流関係が広がり、他ジャンルの人たちともコラボレーションができるようになりました」

彼女のセルフプロデュース能力にはただただ感心させられるが、仲自身は「私としては、『みんなで楽しくしゃべろうよ!』みたいな感じのノリだけなんです」と、肩肘張らずにやっている。「ただの自己アピールと言うか、今、自分がどういう気持ちでいるのか、また、自分が楽しいと思っていることを、みんなでシェアしたいという単純な思いだけです」

また、「昔から家に1人でいる時も、独り言が多くて、ふとした瞬間、自分でも怖いなと思うことがありました(笑)」と告白。そんな一面もYouTubeに存分に生かされている。「今も、カメラに向かって1人で話し、自分で自分にツッコミを入れていますが、それを観てくださるみなさんも、私と一緒に楽しんでくれたらいいなという気持ちが強いです。そして、そうやって人とコミュニケーションを取ることで、いろんなことが見えてきました」

仕事においても、いろいろなことを吸収している仲。『トロールズ ミュージック★パワー』で声優を務めたことで、さらに新しい自分を開拓したいという思いが芽生えたそうだ。

「私はこれまで、派手なカラーの服ばかりを選んできたのですが、映画を観て、もっと服のジャンルを広げ、幅広く楽しめたらいいなという気持ちになれました。だから、今後はドラマで着るようなさらっとしたコンサバティブな服や、シンプルできれいな服など、いろんな個性を取り入れていきたいです」

まさにインプットとアウトプットが、心地良いバランスで機能している仲里依紗は最強だ。今後も、女優としてだけではなく、自ら発信する素顔全開のYouTubeも追いかけていきたい。

■仲里依紗(なか・りいさ)
1989年10月18日生まれ、長崎県出身の女優。2006年に声優を務めたアニメ映画『時をかける少女』で注目を集め、同作の実写版でも主演を務める。近作の映画は、『羊と鋼の森』(18)、『パパはわるものチャンピオン』(18)、『生きてるだけで、愛。』(18)など。ドラマはNHKの連続テレビ小説『エール』、また10月スタートのTBS金曜ドラマ『恋する母たち』に出演。4月1日に、YouTube公式チャンネル『仲里依紗です。』を開設

A UNIVERSAL PICTURE (C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ