【ビルボード】日向坂46『ひなたざか』が総合アルバム首位 報道番組で特集された藤井 風/ヨルシカが上昇

Billboard JAPAN



2020年10月5日付(集計期間:2020年9月21日~9月27日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、日向坂46の『ひなたざか』が総合首位を獲得した。

本作は、日向坂46名義では初となるアルバム作品だ。CDセールスは171,526枚で1位、ダウンロードも6,006DLで1位を記録し、ルックアップでも2位と各指標で高いポイントを獲得して総合アルバム首位となった。けやき坂46名義でリリースした前アルバム『走り出す瞬間』は本チャートでは初週首位を獲得していたが、ダウンロード・アルバム・チャートでは初週2位、CDセールスでは初週1位だったものの152,603枚の売上で今作が上回り、日向坂46が確実にファン層を拡大させていることが分かる結果となった。

総合2位と3位には、米津玄師の『STRAY SHEEP』とあいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』が前週と順位を入れ替える形でチャートイン。『STRAY SHEEP』はチャートイン8週目だが、ルックアップにおいて高いポイントを維持しており、それが2位上昇の大きな要因になっている。また、当週は4位から8位が初登場の作品。いずれもCDセールスにおいて大きくポイントを獲得した作品で、総合5位のBUCK-TICKの『ABRACADABRA』と、6位のMONOEYESの『Between the Black and Gray』はダウンロードでも上位に付く結果となった。そして、前週首位を獲得したTWICEの『#TWICE3』は当週9位にチャートインしている。

11位以下の動きでは、藤井 風の『HELP EVER HURT NEVER』が前週15位から当週12位に上昇。ポイントは前週のおよそ2.8倍となっている。9月22日にテレビ朝日系列『報道ステーション』にて特集が放送されたのが影響していると考えられる。ちなみにこの特集は、藤井 風にとって地上波テレビ初取材だった。

また、ヨルシカの『だから僕は音楽を辞めた』が前週89位から44位に、『負け犬にアンコールはいらない』が前週84位から57位、『エルマ』が前週100位圏外から60位に上昇している。『盗作』は前週から順位を1つ落として18位になってはいるもののポイントは前週のおよそ1.8倍となっている。ヨルシカは新曲「風を食む」が9月28日からTBS系列『NEWS23』の新エンディングテーマとしてオンエアされることを9月23日に発表。また、9月26日にはTBS系列『新・情報7daysニュースキャスター』で特集もされていた。ちなみに「風を食む」は各ダウンロード&サブスクリプションサービスにて10月7日より配信される予定だ。

◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『ひなたざか』日向坂46
2位『STRAY SHEEP』米津玄師
3位『おいしいパスタがあると聞いて』あいみょん
4位『Cheddar Flavor』WANIMA
5位『ABRACADABRA』BUCK-TICK
6位『Between the Black and Gray』MONOEYES
7位『LoveLive! Sunshine!! Kurosawa Ruby First Solo Concert Album ~RED GEM WINK~』黒澤ルビィ(降幡 愛)from Aqours
8位『UNIVERSE : THE HISTORY』PENTAGON
9位『#TWICE3』TWICE
10位『L&』King & Prince

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ