【ビルボード】BTS「Dynamite」3週目のストリーミング首位 嵐「Whenever You Call」が国内外で存在感

Billboard JAPAN



2020年10月5日付(集計期間:2020年9月21日~9月27日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、BTSの「Dynamite」が2週連続、3週目となる首位を獲得した。週間再生回数は9,677,864回再生を記録している。

続く2位には前週同様、YOASOBIの「夜に駆ける」がエントリーし、9,346,315回再生を記録した。29週目のチャートインで、再生回数の前週比は95%をマークしており、長期間にわたって高水準を保ち続けている。また、前週4位だったNiziUの「Make you happy」は、前週比89%となる6,663,097回再生を記録。ゆるやかな減少トレンドを見せてはいるものの、順位は1ランクアップして3位をマークした。

前々週23位から前週15位まで上昇したDISH//の「猫」は、さらに順位を上げて当週10位に。YouTubeの一発撮りチャンネル「THE FIRST TAKE」で注目され、4月にリリースされた「猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~」はこれまで好調なチャート・アクションを見せていたが、ここに来てオリジナルの注目度が上昇し、初のトップ10入りを果たした。要因としては、音楽番組でのパフォーマンスやカバー動画の増加などが考えられ、継続的なリスナー層の拡大がチャート・アクションから読み取れる。

リリースされたばかりの新曲では、平井大が9月9日に配信した最新シングル「Stand by me, Stand by you.」が、前週26位から当週19位に上昇。そして、嵐が9月18日に配信し、前週52位にデビューした「Whenever You Call」は、一週間のフル集計を迎えた今回、29位にジャンプアップ。ブルーノ・マーズに加え、リアーナやメアリー・J.ブライジらも手掛けたD'Mileが参加した本曲は、世界200以上の地域のダウンロードとストリーミング・データを集計した米ビルボードのグローバル・チャート“Global 200”では、10月3日付で51位に初登場している。

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Dynamite」BTS(9,677,864回再生)
2位「夜に駆ける」YOASOBI(9,346,315回再生)
3位「Make you happy」NiziU(6,663,097回再生)
4位「裸の心」あいみょん(6,625,622回再生)
5位「感電」米津玄師(6,031,089回再生)
6位「香水」瑛人(5,796,984回再生)
7位「Pretender」Official髭男dism(4,390,249回再生)
8位「I LOVE...」Official髭男dism(4,305,549回再生)
9位「群青」YOASOBI(4,055,616回再生)
10位「猫」DISH//(3,886,323回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ