Snow Manラウールと向井康二の不仲説でファン激怒「ラウールに甘すぎる」「言葉に気を付けて」

wezzy


 Snow Manラウールの言動が、再びファンの間で物議を醸している。ラウールは9月27日、Snow Manの有料会員向けブログを更新。その中にメンバー向井康二と自身の“不仲”について言及する部分があった。

<あ! そういえば康二くんがあげてた2shotは1年前のやつだからね!
今はあんまり仲良くないのでそういうことはしません!笑笑
嘘です、ちょっとします。。。
いややっぱしねぇっす。笑>

向井康二は21日に同ブログで、ラウールが向井に顔を寄せるツーショット写真を公開していた。その“2shot”についての記述である。他愛のない冗談で、むしろ仲の良さを伺わせるような書き方だと思うのだが、一部のファンがラウールの言動に怒りを表明し、「不仲をわざわざ暴露する必要はある?」「向井くんがかわいそう」とラウールへの批判をネットに投稿している。

Snow Manは9人組でデビューしたが、もともと6人で活動していたグループにラウール、向井、目黒蓮の3人が電撃加入した経緯がある。向井は以前、冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(Paravi)で、ラウールと目黒の仲が良すぎて寂しいという趣旨の発言をしていたことがあり、これもラウールと向井の不仲説につながってい。

向井とラウールがSnow Manに加入した時期は同じだが、年齢はラウール17歳、向井26歳と離れており、向井の方がジャニーズ歴も長い。向井は2006年に関西ジャニーズJr.として活動を開始し、関西のメンバーを引っ張ってきた後、2019年にひとりで東京へ進出。2020年にやっとSnow Manとしてデビューした苦労人とし知られている。

9月28日に目黒と共に出演した『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)では、目黒が「向井はデビューを2回くらい逃している」と、向井の苦労に思いを巡らせていた。

そのため、同じグループといえども苦労してきた先輩である向井に対し、ラフに接するラウールに不満を抱いているファンも少なくないようだ。ただ、ラフな態度も信頼や安心感の表れであり、飛び抜けて若いラウールの不安な心を兄メンバーたちが優しく包み込んで守っているのだと思えば、そう怒ることもなさそうなのだが……。

『櫻井・有吉 THE夜会』でも「ラウールは言葉に気を付けて」
 9月24日にSnow Manがメンバー全員で出演した『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)でも、「同じグループでも先輩と後輩なんだから礼儀はちゃんとして」という理由から、ラウールを批判するファンが出ている。なお、Snow Man最年少のラウールと最年長の深澤辰哉は、11歳離れている。

この日の番組では、新しく入ったメンバー3人が初期メンバーへのクレームを暴露するというコーナーがあり、ラウールは渡辺翔太に対して、「高校の制服のまま仕事場に行ったときに、“なんだよその服、オシャレだな”といじられるのがウザイ」と、不満を漏らしていた。

<俺はちゃんと朝早く起きて(学校に行っているのに)、夕方くらいに起きた人に…>
<ムカつくんすよね>

渡辺は<めちゃめちゃキレてる>と驚きながら苦笑し、10歳年が離れているラウールの制服姿が可愛いあまりにいじりたくなってしまうのだと釈明していた。ラウールはどんどん身長が伸びており、長すぎる脚に制服のズボン丈が足りなくなっているそうだ。

これも微笑ましいやり取りと感じるファンが大半だったようだが、Twitter上では「メンバーはラウールに甘すぎる」「先輩たちなんだからラウールはもう少し言葉に気を付けた方がいい」など、否定的な意見もあり、面倒なことになっている。

ラウールは最年少・新規加入でセンター抜擢という特別扱いから、アンチも少なくない。ファンはラウールの言動に少々、敏感になり過ぎているようだ。また、8月にはジャニーズJr.のライブにサプライズ登場したことでJr.ファンからもバッシングを受けた。

こうしたラウールへの攻撃を、Snow Manのメンバーたちが快く思っているはずがない。ファンが彼らを悲しませるようなことをしていいのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ