10月前半(10/1~10/14)の恋愛運ランキング・1位のおうし座はとにかく前進!

愛カツ


2日はおひつじ座の満月。

このところ不調を感じている人は切り替えのタイミングですし、頑張ってきた人には努力が報われる兆しがあるでしょう。

10月前半は誰にとっても一筋縄ではいかないところがありますが、だからこその発見や行動にもつながるはずです。

そんな10月前半(10/1~10/14)の恋愛運ランキングを、まずは11位から見ていきます。

10月前半(10/1~10/14)の恋愛運ランキング・1位のおうし座はとにかく前進!

■ 11位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

最近やるせなさを抱えている人は、10月に切り替わると同時に気持ちを整理して。

状況はそれほど大きく変わらないかもしれませんが、ネガティブ感情にとらわれないことが大切です。

10日は特にジタバタしがちになるので要注意。

とはいえ、先月頑張った人は手応えをつかめるタイミングがあるでしょう。

進展するからこそ新しい悩みが出てきていると前向きに考えてみてください。

■ 10位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

10月は先月の頑張りが形になって表れる月です。

アプローチや告白をするなら1日か2日。

そこを逃すとぼんやりした状況が続くかもしれません。

とはいえ、運気がすこぶる悪いわけでもなく、恋愛にそれほど執着しなくなり、ほかに気になることが出てくるようです。

淡々としているので、「今自分は何を求めているのか?」を正しく見極めましょう。

■ 9位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

第二週目の週末はアップダウンが激しくなるかも。

9日はタイミングが合えば進展が叶いそうです。

目先のラッキーではなく、最終ゴールをしっかり見据えて動くようにしましょう。

でも、10日は一転して身動きが取りづらくなるはず。

動かざるを得なくなりそうなので軽いフットワークを心がけて。

察してもらうことを期待するのではなく、ちゃんと言葉で伝えたほうがいいのかも。

■ 8位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

最近物ごとがうまくいかないと感じる人は、2日以降で恋愛観や恋に向き合うスタンスを変えるといいかもしれません。

「今までのやり方はもう通用しない」「愛の運命は新しいターンに入っている」と考えたほうがよさそう。

ただ、10日はそう考えても焦ると空回りしてしまう可能性があります。

自分軸はどこにあるのかを見失わず、客観的な視点を持つことが大切です。

■ 7位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

月初は仕事が忙しくなるかもしれませんが、楽しいおしゃべりから恋が進展する時期でもあります。

気持ちのオンオフをしっかり切り替えて、チャンスを見逃さないように。

顔見知りを好きになっている人は、たくさん話すことで関係に変化が起こるでしょう。

注意デーは10日。

繊細に気遣うほど墓穴を掘るかもしれません。

心がざわめきやすい日なので好きな人とは適切な距離感で接すると良さそうです。

■ 6位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

月初から新しい出会いに恵まれたり、好きな人との関係が進展したりとうれしいことがありそうです。

ただ、少しでも引っかかることがあればスルーしないで。

なぜ気になるのか、原因を突き止めてからお付き合いするかどうかを決めましょう。

「なんだかよくわからないけれど楽しい」ではなく、「この人と一緒にいることで安心できる。自信がつく」という感覚を大切にしてみて。

■ 5位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

恋愛にスポットライトが当たりやすい時期です。

のびのびと楽しめる場面もありますが、恋ならではの窮屈感や迷いも出てきそう。

とくに10日は、自分が「こうしたい」と頑張るほど裏目に出て慌てるかもしれません。冷静さを忘れないで。

また、無理なダイエットやおしゃれにお金をかけすぎている場合、14日以降に自分磨きの方法を見直したほうがいいかも。

分相応を心がけると安心できるはずです。

■ 4位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

好きな人とちょっと距離があっても、これまでとは少し違うコミュニケーションを取ることで仲良くなれそう。

フリーの人は身近なところで探すのもいいですが、SNSや結婚相談所を使って幅広く探すといい人が見つかるかもしれません。

10日は浮足立って落ち着かない日です。

14日を過ぎると自信を見失いやすくなるので、恋人の誉め言葉や友人の応援は素直に受け止めて。

不安が消えるはずですよ。

■ 3位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

それほど目立った動きはないかもしれませんが、平穏に過ごせる時期です。

周りに比べると自分は平和だと感じるはず。

フリーの人は月初に新しい出会いがありそう。

友人関係から恋に発展する可能性もあるので、顔見知りと会う時も油断しないように。

14日以降は迷いやすくなるので行動を起こすなら早めがいいでしょう。

■ 2位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

わかりづらくても月初から恋が動き出すはずです。

この時期は運気の後押しが期待できるので、恋したい気持ちを素直に行動にあらわして。

「どうせ無理」と一人で引きこもってしまうと、せっかくのチャンスをみすみす逃すことになってしまいそう。

ただ、10日はバタバタするかもしれないので要注意。

カップルは14日以降、マメに連絡を取り合って。

小さなこともちゃんと言葉を交わして共有しましょう。

…では、10月前半の恋愛運がもっとも良いのは何座?

1位と12位を見ていきます。

■ 1位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

恋愛運は2日からアップ。

「恋がしたい」「今の彼との関係を変えたい」と意欲的になるほど追い風が吹きそうです。

自信が揺らぐ部分があっても、とにかく前に進むことを考えましょう。

好きな人がいるなら、14日以降は気持ちのすれ違いに気を付けて。

カップルは関係を見つめ直すには良い時期に入るでしょう。

■ 12位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

2日をすぎるとパタッと動きがなくなるかもしれません。

悪いこともない代わりに良いこともない…という「無」の状態に陥りそうです。

気合を入れて自分磨きをするには良いタイミングですが、進展を期待するなら自分から動くことが必要です。

邪魔は入りにくい時期なので、「自分がどれだけ動けるかどうか」がカギになりますよ。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ