森七菜、道枝駿佑らとの撮影シーンでお弁当を食べ過ぎてしまい…「美味しいからつい」

dwango.jp news


井ノ原快彦と道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が出演する映画『461個のおべんとう』(11月6日公開)より、仁科ヒロミ役を演じた森七菜のインタビュー映像が到着した。



本作は、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を映画化。主人公でミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意するシングルファザーの鈴本一樹を、井ノ原快彦。そして、一樹の息子・虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。

本日公開されたのは、仁科ヒロミ役を演じた森七菜のWEB限定インタビュー映像。インタビュー動画では、ヒロミ(森)と虹輝(道枝)と章雄(若林時英)の3人の、お昼休みのワンカットから始まる。ヒロミが虹輝のお弁当に手を伸ばし、一口貰って美味しそうに食べるシーンは、見ている方まで幸せな気持ちになってくる。撮影について森は「すごく楽しかったです。すごく食べちゃう。(撮影)テストのときも食べちゃう。そろそろお腹いっぱいになってきましたね~とか、美味しいからついつい食べちゃうんですよね、みたいな話をしたのが凄く楽しかったです!」とお弁当を食べ過ぎてしまったことを嬉しそうに語っている。さらに3人はその影響で、撮影の休憩中にお昼ご飯を食べられなかった時があり、それ以降のお弁当シーンでは、兼重監督自ら食べて良いシーンを絞って3人に伝えていた。

3人のお弁当を囲んでの昼食シーンは、息ぴったりな掛け合いと仲の良い雰囲気が滲み出て、益々お弁当が美味しく見える本作の見所シーンである。また、道枝の撮影中に「森七菜みたいにがっつくなよ」と監督がいじっていたこともあり、撮影現場は森の話題になると終始ほっこりとしていた。本作について森は「食の繋がりと共に親子の絆、繋がりを再確認できる映画になっています」と見どころも語っている。森の幸せそうな食べっぷりと、今後の最新情報にも是非ご注目いただきたい。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ