あぁ、やっぱりクロ… 彼の浮気が発覚した「失言」3つ

ananweb

男性の“失言”によって、浮気が発覚する話は後をたちません。そこで今回は、まさかの浮気発覚に至った“彼の不用意なひと言”を、複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが3つご紹介します。
文・並木まき

■ 1:「名古屋に行ったらアレを食おうぜ!」

「元カレの浮気が発覚したのは、彼の口から飛び出した『来週、名古屋に行ったらアレを食おうぜ!』のひと言。

その翌週に彼が関西に出張するとは聞いていたのですが、行き先も聞いていなかった私にすでに行き先を言っているかのような口ぶりで“名古屋”という地名を出したことに違和感を感じたんです。

しかも“アレを食おうぜ”と言うのも、一緒に行く約束をしていないのにおかしいじゃないですか。それで、“彼は別の女性と名古屋に行くんだな”とピンときたんです。

その場で問い詰めると最初はシラを切ろうとしていた彼も、そのうちに観念。浮気を白状しました。聞けば半年ほど前から浮気をしていたとのこと。その場で速攻別れてやりましたよ!」(35歳女性/PR)

隠し事をしていると、まさかのシチュエーションでボロが出てしまう男性も多いようです。油断したタイミングのひと言で、見事に浮気が判明したパターンですね。

■ 2:「浮気じゃないよね?」

「彼はそんな人ではなかったのに、あるときからやたらと私に対して『浮気してないよね?』と確認してくるようになったんです。友達と遊びに行くと伝えたときとか、仕事で遅くなると言ったときとかに、あまりに確認してくるので“なんだか変だなー”と思っていて……。

よくよく考えてみたら、そのころは私より彼のほうが連絡がつかないタイミングが増えていたんです。しかも、スマホにもロックをかけるようになっていて、なんだか変な行動が増えていたんですよね。

そこで『ひょっとして彼が浮気をしているから、私も浮気をしていないか気になっているんじゃないのか?』と思いました。彼に会ったときに、そのまま疑問をぶつけてみると、なんとその場で浮気を白状してきましたよ。

“自分がやっていたから、相手にも同じことをされているんじゃないかと不安だった”と言われましたが、“どこまで自分勝手なんだ!”と呆れてしまい、すぐに別れました」(33歳女性/美容関係)

自分が彼女を裏切っていると、相手も同じことをしているのではないか……と不安になる男性もいるようです。特に小心者の浮気男性は、自分の行動を棚に上げて相手の行動を監視したがる傾向にあります。

■ 3:「何時ごろ、どこにいる?」

「同棲していた元カレの浮気が判明したのは、私が出かけるときに『今日は、何時ごろどこにいる?』とその日の予定を細かく確認してくるようになったことがきっかけです。

それまではお互いに自由にしていましたし束縛する関係でもなかったのですが、あるときから彼がやけに私の予定を細かく知りたがるようになったんですよ。

最初のうちはなぜそんなに知りたがるのかわからなかったのですが、よくよく考えたら“何か私に見られると都合の悪いことがあるんだろうな”と気づきました。

そこであるとき、わざと嘘の予定を伝えてみたんです。本当はその夜は家にいる予定だったんですが、ちょっと遠方の繁華街の地名を出してそこで会食があることにしたんです。

するとその夜、彼は帰宅時に見知らぬ女性を家に連れて帰ってきました。『彼女さんにバレたらヤバいねー!』なんて玄関でキャッキャしていた女性の前に、仁王立ちしてやりましたよ。ドアを開けた瞬間、彼もその女性も固まっていました(笑)」(36歳女性/専門職)

浮気をしている男性は、パートナーの女性の行動を把握したがる傾向にあります。あえてダミーの予定を伝えることにより彼の浮気を暴くとは、完全に彼女のほうが上手でしたね。

浮気が発覚する瞬間が予想外のタイミングということも珍しくありません。彼女が彼の発言に違和感を覚えるときは、実際に隠し事がある可能性が高め。女性の直感は鋭いということですね。

(C)laflor/gettyimages(C)PeopleImages/gettyimages

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ