「“自分のことを歌っているのがいいな”って」さなりが衝撃を受けたアーティストとは?

TOKYO FM+



(左から)安田レイ、さなりさん、ジョージ・ウィリアムズ

ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。9月26日(土)の放送は、ゲストにさなりさんが登場。さなりさんが初めて買ったCDや、現在発売中のシングル「Hero」についてお伺いしました。

◆「音楽の勉強にもなりました」

──さなりさんが初めて買ったCDはなんですか?

さなり:今までCDを買ったことがないんですけど、初めて買ったのは自分が初めて出したCDですね。

──自分の音源を手にして感じるものはありましたか?

さなり:“うお~!”って感じでしたね(笑)。すごいなって。

──音楽の価値観は変わりましたか?

さなり:うーん……あまり変わらなかったですね(笑)。それ以降もCDを買っていないですね。

──音楽との出会いは?

さなり:インターネットですね。パソコンでYouTubeを観たり、iTunesで買ったりしていました。

──今までどんなアーティストに影響を受けましたか?

さなり:小学3年生のときに、YouTubeでSKY-HIさんのMVを観て衝撃を受けました。

──どんな化学反応がありましたか?

さなり:元々ボーカロイドを聴いていて、ボーカロイドは“曲を聴く”って感じだったんですけど、SKY-HIさんはラッパーとして“自分のことを歌っているのがいいな”と思って、こういう音楽を聴いたことがなかったので惹かれました。マネもしたり、音楽の勉強にもなりました。

──さなりさんは、どんな学生でしたか?

さなり:YouTuberでした。商品紹介とかネタ動画を中心に1日1本あげていました。コントやお芝居もやっていましたね。

──まだその動画は残っているのですか?

さなり:2年間もやっていたので700本くらいあったんですけど、思春期で恥ずかしくなって、全部消してしまいました(笑)。

◆初めての書下ろし楽曲!

──シングル「Hero」はどんな曲ですか?

さなり:FODオリジナルドラマ「いとしのニーナ」の主題歌で、初めての書き下ろしです。

──初めての書き下ろし曲はどうでしたか?

さなり:昔からアニメが好きで、物語を観てから(歌詞を)書いていく、っていうのは(以前から)やっていたので、土台はできていたかなと思います。

──普段の曲はどうやって作るんですか?

さなり:大きいテーマを作ってから歌詞を書いていきます。

──サビから書くのですか?

さなり:その曲によりますね。気持ちがすごい乗ってるときは、最初から“バババーッ”と書いて、そのあとに歌詞と曲が合わなかったら変えたりして……って感じですね。なので、基本的に作曲して、編曲して、歌詞を書く、みたいな感じです。

【番組からのお知らせ&プレゼント】
10月3日(土)の「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」は、ReoNaさんがゲストに登場! そして、千葉の「粒すけ」を3名様、またはJAタウンギフトカード(4,500円分)を1名様にプレゼントします。番組ホームページからご応募ください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年10月4日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜13:00~13:55
パーソナリティ: ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ