「自己PRがありません」履歴書・職務経歴書で書く内容に困ったら


「自己PRはない。アルバイトでも勉強でも、これといった成果がないから書けない」と思い込んでいないでしょうか。

自己PRでは、特に目立つ成果をアピールしなければならないという決まりはありません。企業が自己PRを求める理由は、求職者の人となりを知るとともに、その人が自分のことを客観的にみれるかを確認するためです。

今回は、自己PRがないと困っている人が自己アピールできることを見つけるための方法や使えるツールについてまとめました。

履歴書や職務経歴書で記載する自己PR文の例文や、自己PR向きの長所を探すポイントについても解説します。

【自己PRの重要性】大事なのは「凄み」より「らしさ」

「自己PRがない」と悩む人は、自己PRを難しく考え過ぎているのかもしれません。自分らしさを考えるなかで、自分の長所は見えてきます。自分の長所を自分の言葉でアピールすることで、採用担当者に伝わる自己PRも十分に可能です。

自己PRを検討する前に、企業がなぜ自己PRを求めるのか、その理由についても把握しましょう。
○企業が自己PRを求める理由

企業が自己PRを求める理由は主に以下の3点です。

求職者の人となり
何に情熱を持って取り組んできたか
自分を客観的に分析できているか

企業にとっての自己PRとは、求職者の人物像が把握でき、自分の会社でも活躍してもらえそうかどうかを判断する材料のひとつにすぎません。

自己PRを検討するとき、企業が自己PRを求める理由を知っておくだけで、文章にするときゴールを間違えずに済みます。
○すごい経験や実績は不要

企業は、求職者の自己PRにすごい経験や実績を求めているわけではありません。このことは特に勘違いされやすい部分です。

自己PRでいくらすごい実績が語られていても、求職者の人物像が見えてこない、情熱が伝わらない、なぜその成果を得られたかの客観的な説明がないなら、企業の求めに答えられていません。

それよりも、アルバイトで学費を賄うためにシフトを計画的に入れて無事卒業できた、貯金は無駄遣いしないように貯金用口座を作っていた、という自己PRならどうでしょうか。地味に聞こえるかもしれませんが、求職者の計画性や持続性が伝わりやすく、企業のニーズを満たした自己PRとなっています。

いい自己PRには、必ずしもすごい成果や実績を使う必要はありません。自分の長所からいかに伝わる自己PRができる部分があるかを考えることが、成功する自己PRへとつながります。
【自己PRの見つけ方】自己分析

自己PRが見つからない場合は、以下の順番で検討してみましょう。

自分が得意なことを洗い出す
楽しいと思うことから得意なことを探る
過去に他人から褒められた内容を思い出す
日ごろから心がけていることを列挙する
モチベーショングラフを作ってみる

○1.自分が得意なことを洗い出す

まず、自分が得意なことを洗い出してください。はっきりした成果が出ている分野があればいいですが、成果がなくても自分が得意なことならなんでも問題ありません。例えば、以下のような形で列挙してみてください。

約束は必ず守る
旅行は計画をしっかり練って行く
カフェめぐりが好きで特にスイーツメニューについては詳しい
地図やGPSがあれば道に迷わない方向感覚を持っている

それでも、なかなか自分の得意なことが思い浮かばない場合は、次の検討に進みましょう。
○2.楽しいと思うことから得意なことを探る

何か「楽しい」と思えることのなかに、自分の得意なことが見つかる場合もあります。

例えば、何かのコレクションを楽しんでいるなら、情報収集力は高いのではないでしょうか。また、人の愚痴を聞くのが好きという場合、傾聴力があるのかもしれません。テーマパーク好きなら、行列せずにアトラクションのチケットを取るための計画性は、行列に並ぶ我慢強さがアピールポイントになるかもしれません。

自分が楽しいと思うことをあれこれ思い出しても、なかなか自己PRにはつながらないと感じる場合は、次の検討を始めましょう。
○3.過去他人から褒められた内容を思い出す

「自分ではなかなか自己PRできる部分が思いつかない」という場合には、過去、他人から褒められた内容を思い出してください。

いつも優しいと言われた
付き合いがいいと言われた
行動力があると言われた
声が大きく元気があると言われた

思い出せる限り褒められたことをピックアップしていくと、自己PRにも十分使えそうなエピソードが出てくる可能性が高くなります。それでもやはり自己PRにつながりそうなエピソードが思い出せない場合は、次の検討に進みましょう。
○4.日ごろから心がけていることを列挙

ここからは、少し観点を変えて、自分の信条や日ごろから心がけていることを思い出しながら書き出していきましょう。

朝寝坊をしないように目覚ましとスマホ両方で時間をセットしている
自宅で飼育しているペットの餌やりと散歩は自分が担当している
靴だけはきれいにするようにしている
LINEの返信はすぐにするよう心がけている

日々の習慣や心がけていることを書き出して並べてみると、自分の性格傾向がそれなりに見えてきます。
○5.モチベーショングラフを作ってみる

モチベーショングラフとは、横軸に自分の誕生から現在までの時間の流れ、縦軸に自分のモチベーションの高さとして、モチベーション上下をグラフで表現したものです。

グラフが完成したら、モチベーションの波が上がったところを複数ピックアップして、共通点を探ります。

このようにすると、自分がモチベーションを高めている状況の共通点から、自己PRに使えそうなものがないかを探しましょう。
【自己PRの見つけ方】友人・家族に聞く、ツールを使う

自己PRがなかなか考えつかない場合は、他人に自分の長所を聞くか、自己分析用のツールを使うとうまくいく場合もあります。そこで、他人の力やツールを使い、自己PRを検討する方法についてまとめました。

○就職支援サイトの自己診断ツールを使う

もっともお手軽な方法は、就職支援サイトの自己診断ツールをつかうことです。自己診断ツールなら、質問に答えていくだけで、自己診断が可能です。

たとえば、マイナビの就活サイトでは自己分析ツール「適職診断MATCH」や「お願い! 他己分析」を提供しています。

「お願い! 他己分析」のツールは、LINEの友だち登録をしている知人に自分の長所や短所を教えてもらう、というもの。複数の知人からの評価が集まり集計されるため、自分に関する客観的なデータが集まる仕組みです。

これらのツールを使うことで、自己PRできそうな部分が見つかりやすくなります。
○キャリアカウンセリングを受ける

プロのキャリアカウンセラーのキャリアカウンセリングを受けるのも、自己PRできる長所を探すのに役立ちます。キャリアカウンセリングでは、人生の棚卸しをして、自分の長所や短所を見つめなおすことも可能です。

大学生の場合は、キャリアカウンセラーからのカウンセリングを受けられる体制を整えている大学もあります。大学でなら、無料のキャリアカウンセリングが可能です。

そのような仕組みがない場合は、企業による有料のキャリアカウンセリングプログラムなども存在しますので、調べてみてもよいでしょう。
○転職の場合は転職エージェントに相談する

転職の場合は、転職エージェントに登録し、担当エージェントにキャリアの相談をして、自己PRできる部分を見つけることも可能です。

前職がある場合は、これまでの業務経験から自己PRできるポイントを探すことになります。自分だけではなかなか見つけにくい長所も、エージェントと会話をすることで思いもよらない長所が見つかることもあります。
○自己PRを自動生成するツールを試してみる

自己PR生成ツールとは、質問に答えるだけで自己PR文が作成でき、具体的な自己PR文が読めるツールです。ある程度自己PRできる能力が見つかっている場合に試してみましょう。
【自己PRの選び方】自己PR向きの長所をどう決める?

自己PRする長所がいろいろ見つかると、今度はどれを選べばいいのかわからない、と感じる場合もあるでしょう。数ある長所のなかから、自己PRに向いている長所を選ぶポイントについて説明します。

○企業が求める人物像を分析して近い長所を選択

就職したいと希望している企業が求める理想の人物像は分析できているでしょうか。会社説明会や採用サイトで、どのような人物を求めているのかをはっきり打ち出している企業もあります。企業が求める人物像に近い長所があれば、自己PRに使えます。

ただし、企業の人物像を意識しすぎて無理に合わせる必要はありません。自己PRは、あくまでも自分のこととして語れることが重要です。自分の人となりを採用担当者に理解してもらうことが目的であることを忘れないようにしましょう。
○多くの企業で求められる長所を選択

企業が求める人物像をはっきり打ち出していない企業もあります。その場合は、多くの企業で求められることの多いといわれている以下の人物像に近い長所を選ぶことも考えましょう。

相手の立場に立って考えられる洞察力や気配り
自分で考えて行動できる自立性や積極性
ストレス耐性

組織としてやっていく上で必要なコミュニケーションスキルと、自分で考えて動ける自立性と積極性、ある程度のストレスに耐える力。これらは、どの会社でも役立つ長所です。
○分かりやすいエピソードがある長所を選ぶ

自己PRをする場合、アピールする長所を客観的に裏付けるエピソードが必要です。単に「計画性があります」とだけ言われても、なぜそう言えるのかという客観性に欠けてしまいます。

「アルバイトで計画的にお金を貯めて学費を払っていた」といった計画性を具体的に示すエピソードがある長所を選ぶと、自己PRがしやすくおすすめです。
○具体的な結果を示しやすい長所を選ぶ

単なるエピソードだけでなく、具体的な結果を示すと、エピソードに客観的な視点が加わります。先ほど説明した、学費支払いの計画性について、客観的な結果を追加してみましょう。

「学費を半年に1回80万必要で、奨学金では5万円×6ヶ月で30万円しかまかなえなかった。残り50万円は、アルバイトで計画的にお金を貯め半年に1回、計画的に学費を払った」

このように説明すると、より客観的に計画性をもって学費を支払っていたことがイメージできます。
【自己PRの書き方】履歴書にはどう記載する?

自己PRがない状態から抜け出して、ようやく履歴書に自己PRを記載する場合、次に困るのは自己PR内容の組み立て方です。

ここでは、履歴書に記載する自己PR内容の組み立て方についてくわしく説明します。

○文字数は200文字程度にまとめる

履歴書に記載できる自己PR欄の文字数は、2~3行で200文字程度といわれています。履歴書に自己PRを記載する場合は、200文字を意識して、伝えたいことをコンパクトにまとめて記載しましょう。
○長所を結論として冒頭に書く

冒頭は、自己PRしたい長所を結論として記載します。

私の長所は〇〇です。
私のアピールポイントは〇〇です。

出だしはシンプルで構いません。あまり長く書いてしまうと冗長に感じられ、エピソードを各文字数が少なくなってしまいます。
○長所がはっきりわかる過去のエピソードを探す

次に長所がはっきりとわかるエピソードをひとつピックアップして記載します。先ほども説明しましたが、どういうエピソードで、どのような結果が出たかを具体的に説明できればベストです。
○その長所を仕事でどのように活かすかで締めくくる

最後に、長所をどのように活かしてその会社で活躍できるかを説明します。自己PRポイントが計画性なら「着実な計画を立てて仕事に臨み、御社に貢献したいと考えます」という形でまとめるのもいいでしょう。

せっかく長所があることをアピールしても、会社でどのように活かせるかに結び付けなければ、会社に対して自分にはどのような価値があるかを示せません。
○履歴書に記載する200字の自己PR例文

最後に、ここまで説明してきた内容を踏まえて、履歴書に記載する200字の自己PR用例文を紹介します。

アピールポイント : 計画性
エピソード : アルバイトで4年間400万円を稼いで学費を払い終えた
最後のPR : 計画性を活かして着実に仕事を進めることで御社に貢献したい

(結論)
私の長所は計画性です。

(課題)
大学の学費を奨学金とアルバイトで賄っていましたが、年間160万円の学費のうち100万円はアルバイトで稼がなくてはなりませんでした。

(アピールポイントによる解決)
私は通帳を貯金用と給料用に分けて別管理にするとともに、シフトアプリを利用して計画的に稼げるようシフトを組みました。

(成果)
その結果4年間で400万円の学費を無事に支払うことができました。

(最後のPR)
この計画性を活かし、着実に仕事を進めることで御社に貢献したいと私は考えています。

上記で約200字となります。この例文の構成を参考に、自己PR文を作ってみてください。
【自己PRの書き分け】履歴書と職務経歴書はどう書き分ける?

転職の場合は、履歴書だけではなく職務経歴書も求められます。この書類には、どちらも自己PRの欄があります。この場合はどのように対処するかを説明します。

○履歴書の自己PRは職務経歴書の要約にする

履歴書と職務経歴書の両方を提出する場合は、自己PRのポイントは同じにして、職務経歴書にくわしく記載し、履歴書の方は要約を記載します。

職務経歴書の自己PRは、職務経歴の内容を補足する形で、「この仕事をしていた時〇〇を経験して〇〇力を培った」とまとめましょう。職務経歴によってどのような能力が得られたのかが伝わりやすくなります。
○職務経歴書の自己PRは400字程度が適切

職務経歴書の自己PRは400字程度が適切だといわれています。履歴書と比較して倍の情報量なので、エピソードの部分を増やして、アピールポイントの背景についてさらに強化した説明をするなどの工夫してみましょう。
○職務経歴書に記載する400字の自己PR例文

ここまで説明してきた内容を踏まえて、職務経歴書に記載する400字の自己PR用例文を紹介します。

アピールポイント : スタッフ管理能力
エピソード : 大規模プロジェクトで苦労した経験
最後のPR : 即戦力のプロマネとして御社に貢献したい

(結論)
私の長所はスタッフ管理能力です。

(課題)
1チーム10人の小規模チームでマネジメントをしていた私ですが、複数のベンダーがチームを組むライフライン系大型プロジェクトに参加することになりました。管理チームの人数は50名に。これまでは全員へ丁寧なヒアリングを行うチーム運営をしていましたが、それでは難しい規模です。

(アピールポイントによる解決)
上司とも相談した結果、私は進捗管理面で信頼できるサブリーダー10名をアサイン。1チーム5名×10チーム編成で進捗管理をしました。私自身はサブリーダー10名と会議をして問題を解決にあたります。技術力の高いメンバーだけの技術チームを作り、問題の解決に専念できるようにしました。

(成果)
その結果、私のチームは2年間で5,000万円もの利益を出し、次期プロジェクトの発注も得るほどクライアントからの信頼を得られました。

(最後のPR)
このスタッフ管理能力を活かし、御社でもプロジェクトマネジメントを通じて業績の貢献をしたいと考えます

上記で400字弱の自己PRとなります。この程度のボリュームを意識して、自分なりに自己PR文を構成しましょう。
【まとめ】「自己PRがない」って本当?

自己PRがまったく存在しない、という人はいません。誰にでも個性はありますので、視点を変えて検討を進めていくと、自己PRできるようになります。ツールや他人の力も借りて、希望する企業に自分の人となりが伝わるようなアピールポイントを見つけましょう。

アピールポイントが複数あって迷う場合は、就職・転職を希望する会社が求めている人物像に近いアピールポイントを選ぶといいでしょう。ただし、無理に理想の人物像に近づける必要はありません。自分のアピールポイントを定量化して客観的にアピールすることが大切です。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ