『おかしな二人』でコメディ初挑戦の花總まり「自分自身を爆発させたいと思ってます!」

エンタステージ


015417.jpg

2020年10月8日(土)に東京・シアタークリエにて『おかしな二人』が開幕する。本作では、大地真央と花總まりが初共演。そして、花總はなんとこれが“コメディ初挑戦”となる。政府の方針発表によりチケットの追加販売も決定し、これから入手することも可能になった。そんな本番迫る稽古場で、現在の心境や、今感じていることなどを聞いた。

『おかしな二人(原題:The Odd Couple)』は、アメリカの喜劇作家ニール・サイモンによる戯曲。1965年に初演され、その好評を受けて映画やテレビドラマなども製作された。男性二人の物語として描かれてきたが、1985年に「女性版」も誕生。ブロードウェイの初演では8ヶ月のロングランを記録した。今回は注目の若手、原田諒の演出で、新たな“おかしな二人”を生み出す。

コメディ初挑戦の花總は、「すごく楽しいのと同時に、同じくらい難しさも同じぐらい感じています」と語る。これまでミュージカルへの出演が多かった花總。「シンプルだからこそ、台詞の持つおもしろさを観ている方に伝えることが、より大切になってくるんですよね。そういう、台詞のキャッチボールの感覚が、今までやってきた作品とは全然違ったのですが、今やっと自分に馴染んできた感じがしています。そうすると、もっと楽しくなるのかなと思います」と、膨大な台詞量と格闘する心境を明かした。

また、「一言でコメディと言っても、いろんな作品、種類があって、ただ笑わせるだけではないと思います。お芝居としてお見せする上で、作者がお客様に何を伝えたいのか、という点を決して見逃してはいけないと思いますし。そして、翻訳劇ならではのおもしろさもあります。日本人にはなかなかない感覚、今の時代にはない感覚が、会話の中で随所にでてくるのがとても新鮮です」と、おもしろさの“奥深さ”を挙げた。

稽古をしながら、「どうしてもこの台詞が引っかかる」と感じた際は、オリジナルの原文にも当たりながら、その感覚を身体に馴染ませていっているとのこと。

そして、宝塚歌劇団の大先輩である大地とは、これが初共演。「大地さんの演じるそのすべてが、すごく勉強になっています。自分が今は課題に感じている台詞の届け方や間の取り方・・・大地さんは、的確に良いところにはめていかれるんですよね。自然にお芝居をされているんだろうけれど、一つ一つが明瞭に伝わってくるので、さすがです」と、コメディエンヌとして名高い大地への尊敬の念をにじませた。

015417_2.jpg

本作には、大地だけではなくもシルビア・グラブ、宮地雅子、平田敦子、山崎静代とコメディエンヌが勢揃い。物語の舞台、マンハッタンにあるオリーブ・マディスン(大地)のアパートには、女友達たちが毎日のように集まっては、ゲームやおしゃべりで盛り上がっている。話題は、つい最近夫から離婚を切り出されたフローレンス・アンガー(花總)のこと。傷心で彼女が自殺でもしかねないと心配していたところへ、当の本人がやってくる。

なぜ離婚を突きつけられたのか、思い当たる節もなく未練タラタラなフローレンスに、オリーブは新たな人生を送るべきだと自分との「同居」を提案する。オリーブは不精な性格で部屋は荒れ放題。しかし、フローレンスは病的なまでにキレイ好き。正反対の二人の共同生活は・・・。

取り繕わない、友達同士だからこその“ガールズトーク”。稽古場でも笑いが耐えないようで、個々の持ち味がいかんなく発揮されているようだ。また、オリーブとフローレンスをかき乱すスペイン人ブラザーズを演じる芋洗坂係長と渡辺大輔も“おかしな二人”に仕上がっている様子。本当に、作品の世界観にピタリとハマる個性豊かなキャストばかりだ。

また、気になるのが衣裳・ヘアメイク・舞台セットなど。花總は「70年代の世界観を、総合芸術として表現しているので、舞台上には、日常とかけ離れた光景が広がると思います。劇場自体が別世界になっていると思うので、ぜひ、外に出た瞬間の『ここは日比谷だったんだ・・・!』というギャップを楽しんでいただけたらいいですね」とにっこり。イメージビジュアルでも表現されていたポップな世界観が、舞台上にどう広がるのか、お楽しみに。

015417_3.jpg

花總は、コロナ禍で4月から8月にかけて出演する予定だったミュージカル『エリザベート』の全公演中止を経験。それ故に「私は、舞台は生が一番だと思っていますし、お客様がいらっしゃるからこそ伝わるものだと思っています。そしてコメディは、稽古で完成するものではなく、お客様と劇場で完成させるものです。そもそも、完成形というものはないのかもしれません。その日のお客様と、その日の『おかしな二人』を作る。きっと、コロナで窮屈な思いをされている方も多いと思いますので、作品に参加する形で来ていただけたらいいなと思っています」と本作にかける想いも一層募っているようだ。

また、本作ではスペシャルカーテンコールの実施も決定した。花總も「このお話は、前に進んでいけるような、本当に楽しい気持ちで終わる作品です。カンパニーとしても、人数が少ない分アットホームなので、スペシャルカーテンコールもお客様参加型で、一緒に楽しんでいただけたら」と劇場ならではの体験をアピールした。

最近は、歴史の重い作品で、最後はだいたい死ぬ・・・と、日々神経をすり減らして演じる役が多かった花總。そういった役にはプライベートで影響されることは少ないそうだが、今回は「あれ、今のプローレンスっぽい・・・?」と影響を感じることも。

初のコメディを経験し、「もともとこういった作品に出てみたい、やってみたいという気持ちがあったのですが、実際に経験している今、これを経て自分として変わったと感じることがたくさんありそうです。コメディだけでなく、ストレートプレイにもどんどん挑戦してみたいです」と花總。「本番、自分自身を爆発させたいと思ってます。今、そのために一生懸命稽古しているので。本番では一生懸命ではなく、自然に爆発出来るようになろう!という思いです。 最初から最後まで『おかしな二人』なので、その世界観にたっぷり浸っていただきたいなと思います」と意欲的だった。

015417_4.jpg

舞台『おかしな二人』は、以下の日程で上演される。なお、本作は権利の関係上、配信や収録の予定はない。
チケットぴあからの購入はこちら。

【東京公演】2020年10月8日(木)~10月25日(日) 日比谷シアタークリエ
【大阪公演】2020年11月5日(木)~11月11日(日) 梅田芸術劇場シアタードラマシティ

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ