視聴率指標で変わる夕方ニュース勢力図 フジ『イット!』が目指す“時代の空気”捉えた番組作り


●キー特性(13~49歳)視聴率では横並び2位
きょう28日から新たなメーンキャスターの加入や放送時間の拡大など、大きく変化するフジテレビ系ニュース番組『Live News イット!』(平日版 毎週月~金曜15:45~19:00)。リニューアルのポイントは、同局が重視する視聴者層の1つである「キー特性」(13~49歳)だ。

この新たなターゲットを報道番組としてどのように捉え、夕方のニュース戦争にどう挑んでいくのか。上田平吉弘チーフプロデューサーに聞いた――。

○■イジられ役だった榎並アナが“変身”

同番組では昨年4月の放送開始時点から、F2層(女性35~49歳)を中心の視聴者層と捉えて制作。「もちろん、あまねく幅広い層の方に見ていただきたいのですが、番組の輪郭がぼやけてしまわないように、F2層の皆さんにより強く発信したいと始まった番組なんです」といい、結果として、F2層が多くを占めるキー特性を意識した番組づくりが行われてきた。

夕方のニュース戦争で、世帯視聴率・個人全体視聴率では民放横並び4位に甘んじているが、実はキー特性で見ると、日本テレビ『news every.』に次いで2位につけるという違った勢力図が見えてくる。しかし、この数字の差が大きいため、そこに迫るべく実施するのが、今回のリニューアルだ。

その象徴的な施策が、榎並大二郎アナウンサーのメーンキャスター加入。引き続きメーンキャスターを務める加藤綾子とはフジの入社同期で、2人のコンビネーションも期待されるが、「キー特性の方々には、将棋の藤井聡太二冠や、ゴルフの渋野日向子選手などの明るいニュースが、他の話題に比べてすごく響くんです。そこに、榎並さんや加藤さんが持っている前向きさや清潔感が非常にシンクロして、キー特性の方々にもっと響くのではないかと思い、起用しました」と説明する。

榎並アナといえば、これまでお昼の『バイキング』で、坂上忍に随所でイジられていた印象が強いが、「『イット!』では、ある意味“変身”してもらおうと思います。これからは、自ら主体的にニュースと向き合い、訴えかけていく存在になってもらおうと思っているので、『イット!』の初回に立ったときに、これまでのイメージをいい意味で覆したいです(笑)」と期待をかける。
○■キャスター自身が感じたことを伝える

番組のキーワードに「フレッシュ&アクティブ」を掲げているが、これは2人のメーンキャスターを体現したもの。見た目の新鮮さに加え、加藤も榎並アナと同様に、「自分が感じたこと、思ったことを画面を通して視聴者の方々に伝え、一緒に考えていくというのを、“アクティブ”という言葉に込めました」と狙いを語った。

最近では、『Live News α』のフジ三田友梨佳アナや、『every.』の日テレ藤井貴彦アナなど、局アナであってもニュースに対して自らの言葉で視聴者に語りかけるスタイルが支持を集めており、2人の発信力にも注目が集まるだろう。

夕方のニュースでは、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』が同じタイミングでキャスターを渡辺宜嗣アナから小松靖アナに交代して若返りを図る。また、日テレも「コアターゲット」(13~49歳)、TBSも「ファミリーコア」(13~59歳)という視聴者層を重視する戦略をとっているが、「加藤さんと榎並さんのコンビは、各局と戦う上で強力な武器だと考えています」と自信。

「偉ぶらないし、まっすぐな2人なので、若い2人の成長をリアルタイムで見守っていただけるキャスターだと思っているんです。キー特性というのは未来志向の指標だと思うのですが、そういった意味でも、この2人の持っているキャラクターは、他局と差別化できる大きな魅力です」と信頼を寄せている。
○■幅広い世代へ心強いガチャピン

ほかにも、木村拓也アナが、その名も「アクティブキャスター」に就任し、「毎日、ニュースの現場や旬な現場に出動して、ライブで伝えていきます」。かつて夕方のニュースで、人力車を引いて回った各地から毎日天気予報を伝えていた木村アナだけに、“アクティブ”なレポートはまさに適任と言える。

お天気キャスターは、人気キャラクターのガチャピンと三井良浩気象予報士が続投する。時折、生放送で突拍子もない動きをし始めるガチャピンと、それに対して全く動じない三井予報士という何とも絶妙なコンビネーションを見せているが、「ここも、キー特性を考えたときに重要な要素なんです」とのこと。

「キー特性を意識しながら、あまねく幅広い層の方に見ていただくためには、親子でご覧いただくというのが大事になってきます。それによって、世代の幅が広がっていくので、小さいお子さんから大人の方にも人気のガチャピンは、とても心強いキャラクターです」と頼りにしている。これまでの天気予報の時間帯の毎分視聴率を見ても、手堅い数字をマークしているという。

●コロナ禍で痛感…ニュースの受け取り方に変化

こうしたリニューアルの思い踏まえ、タイトルはこれまで英語だった『it!』を、カタカナの『イット!』に変更し、番組ロゴを刷新。「まさにこれも、キー特性の話をデザイナーさんにして、作ってもらいました」。

「!」は、ダイヤモンドを模したデザイン。ここに込めたのは、主要ターゲットであるF2層にとって魅力的なアイテムであるのとともに、「自分はキー特性というのを“時代の空気”と置き換えています。その上で、ダイヤモンドは多面体で光の当たる角度で見え方が変わるのですが、今の世の中で、ニュースに対してみんながいろんな考え方を持っている状況を、まさに体現していると思うんです。最近ではダイバシティー(多様性)と言われますが、答えが1つでなくてもいいんだという意味もあります」と明かした。

世の中の人たちが「ニュースに対して、いろんな考え方を持っている」ということは、このコロナ禍での報道を通じて特に痛感したという。

「例えば、Go To トラベルにしても、東京だけが除外されて地方と対立の構造にされて、立場によって全く価値観が変わってしまい、“この指とまれ”みたいな考え方がなくなってきているということがあります。そうした中で、我々が伝えていくニュースって何だろうと問いながら、答えは簡単には見つかっていませんが、とにかくその日を一緒に生きている方々が何かを受け取って、また明日も1日頑張ろうと思ってくれるような番組にしたい。それこそが、大変なこの時代を生きるキー特性の皆さんを意識した番組作りだと思っています」
○■キーワードは“優しさ”

外出自粛で、日用品や食料品の“買いだめ”が発生した中、テレビの報道・情報番組は当初、空の商品棚を映し、品薄の現状を伝えていたが、同番組では、在庫が豊富にあることがビジュアルで分かるという取材方針をいち早く打ち出し、加藤が毎日「“買いだめ”をあおりません」と宣言した。また最近では、有名人の自殺を報道する際、センセーショナルに扱わず、最後に必ず相談窓口を紹介するという取り組みを、各局が行うようになっている。

「テレビニュースの歴史には、センセーショナルにドギツさを煽って報じたほうが数字が獲れるという時代が間違いなくあったと思うんです。でも、今の時代にそんなことは当然受け入れられないし、東日本大震災や今回のコロナで社会が大きく変わった中でのキーワードは、“優しさ”ではないかと思っています」という上田平CP。

「自殺のニュースがあれば、見ている方が同じような行動に走らないための大切な情報をお伝えすることが大事。さらに、大坂なおみ選手が全米オープンで優勝するとともに、マスクで人種差別に抗議する姿に多くの人の心を打つというのも、キー特性(=時代の空気)を考える中で、1つの象徴的な流れなのかもしれないと思いました」と、社会の変化を捉えて番組制作に臨んでいる。

●上田平吉弘1968年生まれ、茨城県出身。東京大学を卒業後、92年にフジテレビジョン入社。『ニュースJAPAN』『スーパーニュース』などを担当し、『Live News イット!』チーフプロデューサー(現任)。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ