フワちゃん、パティシエ界の重鎮から「タピオカと会話できるんじゃない」と評されて絶句

人気YouTuberでお笑いタレントのフワちゃんが、自ら「裸エプロンみたい」と称す衣装でスイーツ作りのロケに臨んだ。教えてくれるのは世界大会で実績のある一流パティシエの2人とあって失礼な振る舞いで怒らせてしまわないかと心配されたが、フワちゃんらしいタメ口でハラハラさせる場面もありながら意外な料理のセンスを感心されていた。

9月25日放送の日本テレビ系情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』のロケ企画「集中講義!1時間でスイーツマスター!」で、フワちゃんを指導してくれたのはパティシエの辻口博啓さんと山本隆夫さんである。なかでも辻口さんは日本パティシエ界の重鎮と呼ばれ、後輩の山本さんによると「お笑い界ならばダウンタウンさんのような存在」で普段は優しいが仕事に関しては厳しいという。

『ヒルナンデス!』メインMCの南原清隆が「フワちゃんは挨拶しっかりしてくれるタイプ」と言うように舞台裏では礼儀正しいかもしれないが、やはりフワちゃんと言えば「大物を相手にタメ口で馴染む」キャラクターが大きな特徴だろう。

それだけにスイーツ作りのロケは、冒頭からフワちゃんが茶髪の辻口さんを見た第一印象を「ヤンキーコックさん?」と口にして“裸エプロン”スタイルを見た辻口さんに「この格好に言われたくない」と返されたり、辻口さんから名店「茶辻」のタピオカドリンクをプレゼントされると「アンタたち手土産もってきてくれたの?」と応じて周囲をハラハラさせた。

その後もレンジで調理したサツマイモから皮を残して中身をくりぬくフワちゃんの手際の良さを見て、辻口さんが「料理やってますね間違いなく。なんかやってたでしょ?」と感心すれば「当たり前じゃん」と返すフワちゃん。さらに「彼氏にお菓子作りやったことあるでしょ?」と聞かれて、「アンタなんなの? 教えてあげるわけないでしょ? まだ出会ってものの20分だよ」と答えるといったヒヤヒヤするようなやりとりが続いた。

辻口さんはフワちゃんが卵を割って手に持った状態で卵白と卵黄に分けるところを見て「すごいな、できるんだ、すごく雑だけどいいね」と褒めはしたものの、進行を務めた陣内智則から「リアルにこんな弟子が来たら?」と聞かれて「すごく疲れますね」と本音をこぼしていた。

一方、山本隆夫さんは「おうちでできるバームクーヘン」の作り方を教える際、フワちゃんに6種類の香辛料からスパイス選びを任せた。しかしフワちゃんが「シナモンが大好きだからいっぱい入れる」とスプーンに盛ったところ「ちょっと多いかな? その半分以下で! すごく濃くなってしまうから」とアドバイスして「アタシに任せるって言ったじゃん! 結局、お手伝いごっこじゃん」とやり込められていた。

そんな山本さんは、フワちゃんが焼き上がったバームクーヘンを皿に盛りクリームを添え粉砂糖をふってデコレートする手際の良さに「プロっぺぇ~」と賛辞を送り、次の一品「バームクーヘンプリン」を作る時も「本当に手際いいですね」、「めちゃめちゃ上手いじゃないですか 本当に上手いよ!」と感心しきりだった。

そのように一流パティシエの2人がフワちゃんの料理センスを認めるなか、辻口博啓さんはまとめのトークで感想を聞かれて「なんかフワちゃんはタピオカと会話できるんじゃないかな。タピオカと会話しながらこのスイートポテトを作ってたかのように感じた」とコメント。辻口さんの不思議な表現を陣内が「何を言うてんの?」と突っ込む横でフワちゃんは唖然として言葉が出ず、「パティシエ界のダウンタウン」がトークで一本取る一幕もあった。

ちなみにフワちゃんはLINE NEWSの動画コンテンツ「VISION」で9月2日から順次配信中の『フワちゃんのうーわーEats!!』に出演しており、新型コロナウイルスの影響で売り上げが激減している食材を使ったフワちゃん流の“生産者救済”オリジナル料理に挑戦している。『ヒルナンデス!』のロケで褒められた料理のセンスを、このようにいろいろな企画で応用できるかもしれない。

画像は『フワちゃん FUWA 2020年9月25日付Twitter「今日のヒルナンデスのロケ、裸エプロンみたいな格好ででます!!!」「このロケめっちゃたのしかった」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ