菅総理が14kgやせた“朝スープカレーダイエット”とは?栄養士が解説

女子SPA!

 今から10年前、14kgも激ヤセして永田町を騒がせたという菅義偉総理。そのとき、実践していたのが「朝スープカレーダイエット」です。2010年に毎朝スープカレーを食べて、4カ月で76kgから62kgまで減量したと明かしています(「文藝春秋」2017年5月号)

菅総理は、大の甘党として有名ですが、リバウンドしている様子もなさそうですよね。スープカレーを食べるダイエット方法……いったいどんな内容なのでしょうか。

そこで、栄養士である私が、朝スープカレーダイエットの方法、実際に菅総理が食べていた朝食などを解説します。

◆菅総理が実践した朝スープカレーダイエットとは?

菅総理が実践したダイエット方法は、朝食にスープカレーを食べるというもの。ただ、スープカレーだけではなく、納豆やヨーグルトなども食べていたそうです(前出の「文藝春秋」より)。

●菅総理がやせた朝食例

・手作りスープカレー

・納豆+オクラ

・野菜ジュース(おそらく手作り)

・ヨーグルト+黒豆+蜂蜜

スープカレーは、菅総理の夫人が1週間分まとめて作ってくれていたのだとか。具材は、鶏肉、人参、しめじ、プチトマト、キャベツ、季節の野菜がメイン。粉末カレーとカレールウなどで味付けをしていたそう。

また、下記の2点を心がけていたといいます。

・朝と夜、1日2回体重計にのる

・継続すること

そのほか、ウォーキングをするなど、運動も取り入れていたとのことです。

そして、菅総理は4ヶ月で14kgの減量に成功しました。1ヶ月あたり平均で-3.5kgなので、体重を急激に落としたわけではなさそうです。

◆菅総理が痩せた理由とは

菅総理の場合、運動を継続したり、昼と夜も食事に気をつけたりしたそうなので、ダイエットに成功したと考えられます。また、スープカレーも手作りであることも重要なポイントです。

菅総理の朝食写真を見る限り、栄養バランスが良かったので、正直スープカレーではなく“トマトスープ”でも痩せていたと思います。

あくまで憶測ですが、菅総理は朝スープカレーダイエットをきっかけに、食生活や運動習慣を見直したのではないでしょうか。

とはいえ、スープカレーはお腹にたまるので、栄養成分に気をつけさえすれば、ダイエット中の食事としておすすめです。

◆実践編。レトルトのスープカレーは栄養成分に要注意!

スープカレーは一般的に高脂質な商品が多いので、レトルトや外食で食べる場合には注意しましょう。レトルトでしたら、パッケージに記載の栄養成分を必ずチェックしてください。

たんぱく質が多く、できるだけ脂質が少ないスープカレーを選ぶことがポイントです。ここからは、具体的に2種類のレトルトスープカレーを比較し、脂質含有量の違いを紹介します。

◆マジックスパイススープカレー(明治)

栄養成分表示(1食あたり)

エネルギー 172kcal

たんぱく質 10.1g

脂質 9.8g

炭水化物 11.1g

食塩相当量 3.7g

「マジックスパイススープカレー」は、カレーにしては脂質が少なめなのが特徴です。ただ、食塩相当量が多い※ので、浮腫みやすい人は注意しましょう。

※18歳以上の男性7.5g未満/日、女性6.5g未満/日が目標値なので、1食で1/2日分の塩分摂取となる。目標値は、日本人の食事摂取基準(2020年版)より。

◆北国からの贈り物 まるごとチキンレッグスープカレー(ベル食品)

栄養成分表示(1食あたり)

エネルギー 570kcal

たんぱく質 29.2g

脂質 41.9g

炭水化物 19.1g

食塩相当量 2.4g

「北国からの贈り物 まるごとチキンレッグスープカレー」は、たんぱく質が多くてGOODですが、脂質が41.9gと多いのでダイエットには不向きです。食べる場合は「ダイエット中のご褒美」として食べてくださいね。

このように同じスープカレーでも、栄養成分が大幅に異なるので、ダイエット中は注意しましょう。

◆ダイエットには脂質の低いカレーがおすすめ

一般的にカレーは、脂質が多いのでダイエットにはあまり向いていません。カレールウの原材料を見ると、トップに「食用油脂」が書かれているので見てみてくださいね。

手作りする場合は、スパイスのみの「カレー粉」が最もおすすめです。具材のたんぱく質は、鶏胸肉、エビ、イカ、貝類など、脂質が低い食材を選びましょう。

◆ジャワカレー(ハウス食品)

また最近は、脂質が少ないカレールウが販売されています。たとえば、ハウス食品のジャワカレーなどがあります。

カロリーオフのジャワカレーは、通常より脂質の含有量がグッと下がっているので、ダイエットにおすすめです。

◆飛騨 野菜だけのカレー(天領食品)

また、スープカレーではないですが、脂質の低いレトルトカレーもあります。

天領食品の「飛騨 野菜だけのカレー」は、超低脂質なのでダイエットにおすすめです。スープカレーの代わりに「飛騨 野菜だけのカレー」を食べるのも良いですね。

栄養成分表示(1食あたり)

エネルギー 68kcal

たんぱく質 2.2g

脂質 0.6g

炭水化物 13.6g

食塩相当量 1.5g

◆こどものためのボンカレー(大塚食品)

お子さんのいるご家庭では馴染みがあるかもしれませんが、「こどものためのボンカレー」もおすすめです。

栄養成分表示(1食あたり)

エネルギー 81kcal

たんぱく質 2.2g

脂質 3.0g

炭水化物 11.9g

食塩相当量 1.6g

子ども向けのレトルトカレーは、脂質や食塩相当量が少ないのが特徴です。

商品によって栄養成分が大幅に異なるので、購入前に確認するようにしましょう。

◆スープカレーは腹八分目まで、適度に運動もしよう

スープカレーは、お腹にたまるので、ダイエット中の味方になってくれるでしょう。

手作りのスープカレーが一番ですが、レトルトを使用するのも一つの手。その際は、脂質が低いものを選んでください。

ただ、朝食にスープカレーを食べる“だけ”では、ダイエットに成功する可能性は低いので気をつけてくださいね。

<写真・文/梅原しおり>

【梅原しおり】

早稲田大学人間科学部卒、栄養士免許保有。「みんながうんちを見て、自分に合う食事をみつける世界へ」をモットーに、「うんち栄養士」として活動中。排便アプリ「ウンログ」アンバサダー。Twitter:@unchieiyoushi

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ