本命の愛され彼女になりたいなら!彼氏に対してするべき3つのこと

カナウ


本命の愛され彼女になりたいなら!彼氏に対してするべき3つのこと

彼氏ができても、本命の彼女にならないと愛されている実感を得られないこともありますよね。
現時点で、本命の彼女と思われていなくても、彼氏に対するアプローチを工夫すれば本命に昇格することは可能。
今回は本命彼女になる方法をレクチャーしたいと思います。

目次

本命になるには他にはない存在になる


本命とはその人にとって「一番の存在になる」ことを指します。
では恋愛において彼氏が本命と感じるのはどのような女性でしょうか。
それは彼氏にとって「他に替えのきかない彼女だと思える女性」です。
たとえば、彼氏の好みのど真ん中の顔立ちやスタイルを持っている女性だったり、他の人にはない優しさを感じさせる女性だったりなど、彼氏にとって「こいつしかいない」と希少価値を提供できている女性は初めから本命の彼女なのです。
現時点で彼氏に希少価値を提供できていないと悩む人もいるでしょう。
しかし、交際後にも希少価値を生み出して、本命彼女に昇格することは可能です。
以下でその方法を考えていきましょう。

一番の理解者になる


彼氏にとって一番の理解者になってあげましょう。
「本当の自分を理解してくれる人はいない」
「誰にも受け入れられていない」
そんな思いを抱えて生きている男性は多くいます。
そんな人にとって、自分を完全に理解して、受け入れてくれる女性は他には代えがたい大切な女性になるでしょう。
女性は一般的に自分の話を聞いてもらいたい傾向がありますが、彼氏を知るために聞き役に回ることも重要。
悩みや不満、やりたいことなど、リサーチして、彼氏の思いを理解してあげましょう。
「俺の気持ちをわかってくれるのは、コイツだけ」
そう思わせたら本命に昇格間違いなしです。
注意点は、彼氏を理解して受け入れるのは大切ですが、理解者ぶった態度を取らないこと。
「何、分かった気になっているんだ」とひねくれさせてしまう可能性があります。

一緒に楽しめるものを見つける


彼氏に愛される本命の彼女になるには、なにか他の女性にはないメリットが必要。
「手放したくない」と思わせる何かを身に付けてアピールしましょう。
例えば同じ趣味を彼女と一緒に楽しめると、嬉しく感じる男性は多いです。
野球やサッカーなどのスポーツ観戦が趣味の男性は「彼女とスポーツ観戦を楽しむのが夢」という人もいます。
しかし、野球やサッカーなどに全く興味のない女性も多く、夢はかなわないケースが大半。
そこにスポーツ観戦を一緒にしてくれて、自分と同じように興奮してくれる女性が現れたら、男性は「こんな子は他にはいない」と思うでしょう。
これは一例で、酒豪な男性なら一緒にお酒が飲める女性に魅力を感じるでしょうし、映画好きなら一緒に映画談義ができると嬉しいもの。
無理をしすぎる必要はありませんが、彼氏と一緒に楽しめるものを見つけると愛され度がアップして本命の彼女になる可能性は上がるでしょう。
注意点は彼女に立ち入ってほしくないと思っている趣味などもあること。
その辺の彼氏の気持ちをくみ取るのも大切です。

彼氏に依存しない


本命の彼女になるために、彼氏に尽くしすぎたり、べったり依存したりするのはおすすめしません。
男性は、彼女が一途に愛してくれると安心します。その安心が慢心につながることも多いのです。
「何があっても愛してくれる」という気持ちになり、尽くされることも当たり前となりがち。
「大切にしないとふられるかも」という緊張感を持たせることが大事。
本音では彼氏のことが大好きでも、あまりそれを出し過ぎると、結果的に大切にされないという逆効果を招きます。

さいごに


本命の愛され彼女になるには、「この子じゃないとダメ」な魅力を感じさせること。
彼氏が彼女に何を求めているのかを把握して、それを実行するのが大切です。
彼氏が求めているポイントを満たしてあげつつ、大切にしないとフラれてしまう緊張感を与えましょう。
(大船くじら/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ