パパになって心境変化? ゼイン・マリクがSNS更新連発にファン「1日に2回も投稿してくれるなんて信じられない!」

このほど待望の第1子が誕生しパパになったゼイン・マリクが、今度は新曲『Better』とミュージックビデオを同時にリリースした。これまでSNSの投稿はごく稀だったゼインがビデオの一部を公開したり、女児誕生を報告したりと積極的な発信を見せる姿に、ファンは「心臓が止まりそう」「うれしすぎて気持ちが追いつかない!」とうれしい悲鳴をあげている。

人気モデルのジジ・ハディッドとの間に待望の女児が誕生した「ワン・ダイレクション」の元メンバー、ゼイン・マリク。現地時間23日には愛娘の小さな手を握りしめたモノクロ写真をアップし、

「僕達のベビーガールが誕生した。健康で美しい子さ。今のこの気持ちを言葉にすることは不可能だ。この小さな命を愛しく思う気持ちは、計り知れない。娘と出会えたことに感謝し、彼女を我が子と呼べることを誇りに思う。これからともに歩んでいく人生に、ありがとう。」

とメッセージを添え、無事我が子がこの世に誕生したことへの感謝と父親になったことへの喜びを綴っていた。

そんなゼインは、この投稿の前に“#better”とハッシュタグを付けた短いティーザー動画を投稿し、新曲とそのミュージックビデオの一部を公開、米時間25日には楽曲『Better』とMVが同時に解禁された。メローなR&Bサウンドの同曲は、失った恋人を思い続け「今回だけでいい 話を聞いてほしい」「君の気持ちはもう昔とは同じじゃないかもしれない だけど僕は君を愛している」と思いの丈をぶつける切ないバラードで、それはまるで破局・復縁を繰り返した自身とジジ・ハディッドの恋愛を歌っているかのようだ。視聴したファンからも「これは間違いなくジジ・ハディッドとのことを歌っているね」「リアルな実体験がベース?」といった感想が書き込まれている。

実生活では、2016年1月に一番乗りでパパになったルイ・トムリンソン、2017年3月に男児が誕生したリアム・ペインに続き、元メンバーとして3番目にパパデビューを果たしたゼイン。グループ初の“女の子パパ”として、今後は愛娘へのメロメロぶりに注目が集まりそうだ。

ゼインは日頃からSNSの投稿は頻繁ではなく、恋人ジジ・ハディッドの妊娠についても、「ワン・ダイレクション」の結成10周年の際にも沈黙を続けていたが、この数日間は新曲&ミュージックビデオの告知や出産報告などアクティブに情報を発信している。彼のそんな姿にはファンから

「1日に2回も投稿してくれるなんて信じられない!」

「心臓が止まりそう」

「うれしすぎて気持ちが追いつかない!」

「今ちょっと過呼吸気味だわ!」

などといった“悲鳴”があがっている。

ちなみに2015年3月に「ワン・ダイレクション」を脱退後にソロ活動を開始したゼインは、2016年3月にソロアルバム『Mind of Mine released』、2018年12月に『Icarus Falls』をリリースしているが、最近は『Trampoline』『Rumors』『Flames』など他アーティスト達とのコラボはあったものの、目立ったソロ活動は見られていなかった。

このたびリリースされた新曲『Better』を含む3作目のアルバムは「これまでで一番自身の内面と向き合ったプライベートな内容」に仕上がっているそうで、そちらのリリースにも期待が高まっている。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ