上白石萌音&ウエンツ瑛士が『Mステ』『スッキリ』で生歌を披露へ ウエンツはWaT解散以来の約4年7ヶ月ぶり『Mステ』出演

SPICE


上白石萌音・ウエンツ瑛士が、情報番組『スッキリ』(NTV)と音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、生歌を披露することがわかった。

上白石とウエンツは、10月2日(金)公開のアニメーション映画『トロールズ ミュージック★パワー』日本語吹替版キャスト。同作公開を目前に控えた9月29日(火)には『スッキリ』に2人そろって生出演する。番組にレギュラー出演中のウエンツは、共演者の前で初めて生歌を披露することになる。

また、映画公開初日の10月2日(金)には、『ミュージックステーション』に出演。ウエンツは、小池徹平とのデュオ・WaTの解散ラストステージを行った2016年2月以来の同番組出演となる。

上白石とウエンツが披露する楽曲は、シンディ・ローパーの名曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」をオリジナル歌詞でアレンジした「Trolls Wanna Have Good Time」。そして、同作の主題楽曲で、ジャスティン・ティンバーレイクがプロデュースした楽曲「Just Sing」の2曲をメドレーで歌うとのこと。なお、上白石は『ミュージックステーション』でandrop内澤崇仁の作詞・作曲による「ハッピーエンド」も披露する予定。


『トロールズ ミュージック★パワー』は、『ボス・ベイビー』などで知られるドリームワークス・アニメーション作品の最新作。歌と踊りを愛する妖精・トロールズを描いた『トロールズ』の続編にあたる映画だ。劇中では、音楽のジャンルごとに6つの村にわかれたトロールの世界を舞台に、ポップ族のクィーン・ポピーと仲間たちの旅を描く。前作に引き続いてウォルト・ドーン監督がメガホンをとる本作には、キャストとしてアナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイクが参加。ティンバーレイクは、エグゼクティブプロデューサー/音楽プロデューサーも兼任。日本語吹替版では、主人公のポピーを上白石が、幼なじみのブランチをウエンツが演じるほか、仲里依紗、ミキの昴生と‎亜生らが声で出演。宮野真守、斉藤壮馬、木村昴、関智一、松本梨香、吉野裕行、浪川大輔、平田広明、速水奨らが、個性豊かなトロールたちの声を吹き替える。

『トロールズ ミュージック★パワー』は10月2日(金)ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ