「いつも会話に詰まってしまう…」 人見知りでも会話を楽しむ3つのコツ

fumumu

職場の女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
初対面の人や、あまり関わりのない人との会話を楽しめずに、悩んでいる人は多いようです。言葉に詰まる自分を責めてばかりでは、気持ちがどんどん苦しくなってしまいます。

「上手に話せない自分はだめだ!」と決めつけてしまう前に、ちょっとした会話のコツをぜひ知っておきましょう。fumumu取材班が、会話を素直に楽しむ3つの方法を聞いてきました。

(1)「知らない」を恥じない


「相手の話で知らないことがあっても、恥ずかしがらずに素直に聞くことが大切だと思います。知ったかぶりをして話を進めても、ほとんど相手にバレていると思いますよ。


一度知っているふりをすると、その後の話を合わせるのに必死で、会話を楽しむどころではなくなってしまいますよね。人との会話が苦手な人って、知らないことを恥ずかしいと思っていることが多い気がします。


例え世間で話題になっていることでも、知らないことは恥ではないと思います。正直に知らないと伝えることで、相手との会話もむしろ弾むんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「この人と仲よくなりたいな」と思ったら 相手との距離が縮まる会話術

(2)聞こえたふりはしない


「私もよくやっていたんですけど、相手の声が聞こえなかったのに、聞こえたふりするのはやめたほうがいいと思います。話を聞き返すのも申し訳なくて、つい会話を進めてしまうこともあったんですけど…。


ほぼ100%、その後の会話に詰まりますから。聞き取れなかったときにすぐ質問するより、間を置いて『実はさっき聞き取れなくて…』と切り出すほうが、ずっと勇気がいると思います。


声が聞き取れなかったくらいで相手は怒らないでしょうから、さらっと聞き返せば大丈夫だと思います。それくらいで怒ってくるなら、そもそも会話に付き合ってあげる必要もない気がします」(20代・女性)

(3)楽しませようとしない


「私は、自分の会話で相手を楽しませよう! と意気込まなくなってから、自然と会話を楽しめるようになりました。人との会話に苦手意識があると、会話のスタートと同時に、ものすごく意気込んでしまうんですよね。


絶対に沈黙を作らない! とがんばりすぎて、空回ってしまったこともありました。そもそも、相手は会話で自分を楽しませてほしいなんて、期待していないと気づいたんです。


私だけが、勝手に必死になっていたんですよね。相手のために会話をするんじゃなくて、この時間を自分自身が楽しもうと思ってからは、緊張して変なことを口走ることも減りました」(20代・女性)

会話を盛り上げようと意気込みすぎると、余計に会話が固くなってしまうかもしれません。

まずは自分が楽しむことを意識して、コミュニケーションを取ってみてくださいね。

・合わせて読みたい→「上手に意見を伝えられない…」 相手に気持ちを届ける会話術

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ