面倒な設置や設定が簡単。ドアノブに引っ掛けるだけで使えるスマートキーボックス【今日のライフハックツール】


スマホさえあれば開錠できるスマートロックは便利ですが、設置や設定が難しそうと利用を控えている方もいるでしょう。

そういった方は、家のカギをそのまま使えるキーボックスタイプなら、抵抗なく使いはじめられるかもしれません。

Wi-Fi接続や面倒な設定が不要で設置できる

SmartKeybox3-4
Image: igloohome

Smart Keybox 3』の活用メリットは、カギの管理を一元化できて紛失のリスクが抑えられることです。

しかも、ドアノブに引っ掛けるだけなので、設置する際に工具はもちろん錠前のタイプを調べる手間すら不要

Wi-Fiに接続して操作するタイプのスマートロックはハッキングなどのリスクが心配ですが、家のカギを中に入れておくスマートキーボックスは、WI-FI接続も不要

家族のうち最低1人のスマホとペアリングするだけで設定が完了します。

スマホアプリを入れていない家族も利用できる

SmartKeybox3-3
Image: igloohome

開錠の際に必要なのはPINコードだけ。これがパスワードのような役割を果たします。

家族やゲストがスマホアプリを入れていなくても、たとえ子どもにガラケーしか持たせていなくても、SMSなどにPINコードを送信して共有しておけば、『Smart Keybox 3』に入れた家のカギを取り出せるというわけです。
SmartKeybox3-2
Image: igloohome

もちろん、忘れないためにPINコードを同じにしたり、ゲストが訪れる日だけ変更するなど、ワンタイム・期間限定・繰り返し・永続的な設定が自由にできます。

収納スペースが大きいので、複数のカギの運用にも

SmartKeybox3-5
Image: igloohome

ライフハッカーでは以前に1世代前の『Smart Keybox 2』をご紹介していますが、『Smart Keybox 3』はカギの収納スペースがアップ(奥行38mm → 53mm)。

お気に入りのキーホルダーを取り外さなくても、余裕を持ってカギを出し入れできそうです。また、金庫やデスクの引き出し、クルマなど、複数のカギの運用にも利用できるでしょう。

防水機能(IP66認定)に加え、バッテリーが低下するとLEDで視覚的に教えてくれるので安心です。

『Smart Keybox 3』は公式ページなどから購入でき、本体価格189ドル(約1万9800円)、送料25ドル(約2600円)となっています。

あわせてチェックしたいアイテム
マスターロックボックス 電子ポータブルキーセーフ 個人用ソフトウェアプラットフォーム付き 幅3-1/4インチ 5440D
マスターロックボックス 電子ポータブルキーセーフ 個人用ソフトウェアプラットフォーム付き 幅3-1/4インチ 5440D
15,234円

【12か月の品質保証】キーボックス セキュリティー 壁掛け式 ダイヤル 4桁 暗証番号 屋外 鍵収納 鍵ボックス 南京錠式 防犯 盗難防止 侵入対策 幅8.5cm 日本語説明書付き (ブラック セキュリティーワイヤー付き)
【12か月の品質保証】キーボックス セキュリティー 壁掛け式 ダイヤル 4桁 暗証番号 屋外 鍵収納 鍵ボックス 南京錠式 防犯 盗難防止 侵入対策 幅8.5cm 日本語説明書付き (ブラック セキュリティーワイヤー付き)
2,180円


あわせて読みたい

Image: igloohome

Source: igloohome

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ