実写映画がついに公開!『映像研には手を出すな!』ってどんな作品?

Oh!My!アニメ

 

2020年1月に放送されたアニメがヒットした『映像研には手を出すな!』。原作は、大童澄瞳さんの記念すべき連載第1作となる漫画で、TV Bros.のマンガ賞『ブロスコミックアワード2017』にて大賞を受賞している話題作。

独特な世界観で男女問わず人気の高い作品ですが、まだどのメディアでも観たことのない方のため、ブレイクした理由やあらすじ、そしてもうすぐ公開される実写映画についてもご紹介します!

 

 

『映像研には手を出すな!』あらすじ

 

『映像研には手を出すな!』は、大童澄瞳さんによる漫画作品。青年漫画雑誌『月刊!スピリッツ』にて2016年7月から連載中で、TVアニメは2020年1月から3月までNHK総合にて全12話が放送されました。

物語は、芝浜高校に入学した3人の女子高生を中心に描かれます。高校1年生の浅草みどりは、アニメを自分で制作することが夢で、“アニメーションは設定が命”と力説するほどのアニメ好きですが、ひとりでは行動できない小心者。みどりは、友人である金森さやかを誘ってアニメ研の見学に行きます。そこでアニメーターを志望するカリスマ読モの水崎ツバメと出会い、意気投合。こうして三人は、脳内の“最強の世界”を表現するために先生を丸め込んで部室を確保し、「映像研」を立ち上げます。天才的な空想力を持つみどり、プロデューサー気質でマネジメントに長けるさやか、アニメーター志望で画力が武器のツバメが協力し、アニメで最強の世界を作るために動き出すのでした。

浅草みどり、金森さやか、水崎ツバメの三人が圧倒的な空想力で作り出す“最強の世界”と、アニメで浅草みどり役を務めた女優・伊藤沙莉さんのキャライメージに合う声にも注目して下さい。

 

 

■CV:伊藤沙莉、田村睦心、松岡美里、井上和彦、川庄美雪、小松未可子 ほか
■監督:湯浅政明
■制作会社:サイエンスSARU
■原作:大童澄瞳(小学館『月刊!スピリッツ』連載)

 

 

『映像研には手を出すな!』がブレイクした理由、世界観。

 

本作のアニメのタッチは好き嫌いが分かれると思います。ですが、『映像研には手を出すな!』の魅力はその世界観。

車を運転してる時に渋滞にハマって「空を自由に飛べる自分専用の飛行機が欲しいなぁ」とか、「こんな世界に住みたいなぁ」と空想したことはありませんか?

そんな空想の世界を、主人公の三人が無限の空想力で動かしちゃいます。ファンタジーな部分と個性強めなキャラたちが融合し、『映像研には手を出すな!』独自の世界観が生み出され、その斬新さが世間に受けてブレイクしたのではないでしょうか。

 

 

『映像研には手を出すな!』の登場キャラクター

 

<映像研>

浅草みどり

主人公のひとりで、黒髪のおかっぱ頭に迷彩色のブーニーハット、背中には軍用リュックがトレードマーク。時代設定が2050年代にも関わらず、「あっと驚く為五郎」など、口にすることが古く、一人称が「ワシ」や「あっし」で、語尾には「~じゃよ」とつける特徴的な話し方をします。人付き合いが苦手という弱点はありますが、天才的な空想力でイメージボードに空想した世界を物すごい速さで描き出すことが可能。夢は自分の考えた“最強の世界”を冒険すること。

 

金森さやか

主人公のひとりで、みどりとは中学時代からの友人。トレードマークは180cmの長身と美脚。アニメには興味がなく、お金に絡むことが大好きで、みどりとツバメにアニメ制作をすることを勧め、先生にハッタリをかまして丸め込んで映像研の部室を確保しました。こだわりが強く作業が滞りがちな二人をコントロールするマネジメントと利益創造が得意。

 

水崎ツバメ

主人公のひとりで、さやかの勧めで映像研に加入したメンバー。街中にツバメのポスターが貼ってあるほどのカリスマ的人気を誇る読モ。両親が俳優をしており、家はお金持ちで親からは女優になるよう言われています。しかし、当人はアニメーター志望で、みどりと同じぐらい好奇心旺盛。アニメーションによる動きのリアルさを追求しています。両親がお金持ちのせいか金銭感覚がズレぎみ。

 

藤本先生

映像研の顧問で、もみあげからアゴにかけて豊富なヒゲを蓄えています。「必要以上に働かない! 隙を見つけては遊ぶ」をモットーにしており、映像研の活動内容には口を挟みません。

 

<水崎家>

黒服

水崎家の使用人で、全身黒のスーツに身を包んでいるため、みどりからはハリウッド映画の『メン・イン・ブラック』に登場するキャラクターになぞらえて“メンインブラック”と呼ばれています。

 

<音響部>

百目鬼(どうめき)

音響部でただひとりの部員。音響部に代々受け継がれてきた音源が部室いっぱいに置かれており、百目鬼自身も常日頃から音源の採集を行っています。生徒会から倉庫の一部を明け渡すように要求され、困っていたところに映像研から音源を置く代わりにアニメの効果音を付けるよう依頼されて映像研の音響顧問をすることに。

 

<ロボット研究部>

小野

ロボット研究部の部長で、100年前から部で受け継がれているというロボット模型『タロース』の改造を続けています。学校の文化祭のため、ロボットが登場するアニメを制作してほしいと映像研に依頼。リアルなロボットと言いつつ、「人型でコクピットに乗りたい」と某機動戦士のアニメみたいなことを言う小野にさやかは困惑しますが、みどりとツバメは理解してくれました。

 

小林

ロボット研究部の部員。ロボットに対する熱い情熱を持っていますが、コロコロと考えが変わる優柔不断な性格。

 

後藤

ロボット研究部の部員。恐らくロボット研究部メンバーの中では一番の常識人。背が高くて天然パーマが特徴。

 

ロボット研究部唯一の女子部員。大人しそうな見た目ですが、秘めたる情熱は男子部員以上?

 

<大・生徒会>

道頓堀透

生徒会長で、二つ結びの髪型をしており、生徒会長としての職務はこなすが、交渉事には不向きな性格。

 

さかき・ソワンデ

生徒会の書記を務める女子生徒で、生徒会のブレーンとして生徒会長の道頓堀よりも目立つ存在。本質を見抜く力に長けており、目立つ活動をする映像研に何かと注文をつけてきます。

 

阿島九

生徒会の切込み隊長を務める女子生徒。二つ結びの毛先部分が三つに分かれ、ギザギザの歯が特徴的。

 

王俊也

生徒会の会計担当で、生徒会役員唯一の男子生徒。見た目は温厚そうですが、体格は大柄。

 

 

乃木坂46のメンバー主演で実写ドラマ&映画化

 

実写版『映像研には手を出すな!』は、MBS毎日放送『ドラマイズム』枠にて2020年4月から5月まで全6話が放送されました。

ストーリーラインはアニメ版とあまり変わりませんが、実写版でのみ登場するキャラクターもおり、アニメ版の設定とはところどころ違う部分があって違いを比べてみると面白いです。

実写版の主人公三人は、乃木坂46のメンバーである齋藤飛鳥さんが浅草みどり、梅澤美波さんが金森さやか、山下美月さんが水崎ツバメをそれぞれ演じています。

アニメでは浅草みどりや金森さやかは“愛らしい”キャラとして描かれていますが、アイドルの可愛いとはまた違うため、キャラクターのイメージを重視する方には違和感があるかもしれませんが、そのあたりの違いもドラマならではで楽しいです。

VFXで再現された“最強の世界”は観ていて迫力があり、実写版ドラマも一見の価値ありです。

 

そして、ドラマ版の続編となる映画が、2020年9月25日から公開となります。

ドラマでは映像研が制作した1作目のアニメーション『そのマチェットを握れ!』までが放送されましたが、映画ではそれ以降の、ロボット研究部の依頼でアニメーションを作る2作目『ロボ v.s. 怪獣』までがストーリーになっていると思われます。

ドラマ版にも増して迫力のあるVFXとアニメーションで“最強の世界”が再現されているようなので、楽しみですね!

それと、映画版ではオリジナルキャラクターとして浜辺美波さんも出演。どんな役なのか気になります。

 

 

まとめ

 

今回は、『映像研には手を出すな!』のアニメ版から実写版ドラマ&映画についておさらいしました。

原作の漫画はまだまだ続いているため、さらなる映像化が楽しみですね。

WRITER

  • タクマシド
  •        

  • これまでフリーにて色々なサイト、ブログでドラマや映画などのネタバレや考察を書いてきました。アニメ、漫画も大好きで、特にかわぐちかいじ先生の『ジパング』に登場する知る人ぞ知る「アスロック米倉」ファンです。アニメ、漫画の面白い情報やためになる情報を届けられたらと思っています。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ