ぺこぱ松陰寺の女性人気がスゴい! 「絶対に嫌なことを言わない」「口から出るのは優しい言葉ばかり」

22日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、人気の“格付け”シリーズに今年の売れっ子芸人が参戦した。テーマは「結婚するならこの芸人」ということで尾形貴弘(パンサー)、狩野英孝 、かまいたち(山内健司、濱家隆一)、草薙航基(宮下草薙)、津田篤宏(ダイアン)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、 三島達矢(すゑひろがりず)、森田哲矢(さらば青春の光)という10人の中から、20~40歳の一般女性100人から「結婚するならこの芸人」を選んでもらったのだ。

バラエティ番組だけでなく大手企業のテレビCMにも出演するなど今年大活躍のぺこぱは、「2020年上半期ブレイク芸人ランキング」(オリコン調べ)で第1位を獲得。この勢いは2020年後半も止まる気配がない。最近では日清食品の「チキンラーメン・ベランピング篇」のテレビCMで、松陰寺太勇が父親役を演じている。ラーメンが入っている鍋に子どもが卵を割るのを失敗した後、「いや、CM的には失敗だけど、食べれば一緒だからいいだろう!」とあくまでも前向きだ。ベランダで夜風に吹かれながら、いきなり登場したシュウペイや子どもたちと一緒にチキンラーメンを食べている光景が微笑ましく、松陰寺の穏やかな人柄がよく伝わってくるCMだ。

さて『ロンドンハーツ』の「結婚するならこの芸人」で、1位に選ばれたのは松陰寺である。その理由は「M-1のネタを見て以降、個人的に大好き。否定しないというツッコミという発想自体が優しい。人を傷付けない笑いの取り方も素敵。絶対に嫌なことを言わないのも良い」(29歳)、「シュウペイさんを輝かせるようなコントロールはすごいと思う。それを見ると、結婚したら私も自由にさせてもらい、うまく操ってもらえるんじゃないかなーと思う」(32歳)と、やはり漫才ネタである松陰寺の“全肯定ツッコミ”の影響が大きい。

そんな松陰寺が女性と2人っきりになると、どんなやり取りをするのか。20日放送の『お笑いG7サミット』(日本テレビ系)の企画「気になるあの人とデートしてみた」で、同じ1983年生まれの松陰寺と田辺智加(ぼる塾)の1日デートが実現した。もともと田辺は同番組出演者の中で「中身で一番かっこいいのは松陰寺さん。否定せずに肯定してくれるので、一緒にいたら自分もどんどん良い女になれそうな気がする」と彼に好意的で、また男性とのデートは13年ぶりとあってウキウキしていた。この日はアスレチック施設でクライミングに挑戦したり、もんじゃ焼きを食べたり、占いに行ったり、東京スカイツリーをぶらついたりと盛りだくさんのロケであった。どの場面でも松陰寺は男らしくリードするのだが、強引ではなく「こうしようか」「どう思う?」とさりげなく彼女の意見に耳を傾ける。最後にデートの感想を聞かれた田辺は「カメラが回っていない時でも、(松陰寺が)楽しそうにしていて好印象」と話していた。

同番組の松陰寺には、ツイッター上で「あんな優しくリードしてくれて、いい声で名前を呼ばれて、あの笑顔で笑いかけられたら…わたしだったら完全に好きになっちゃう」「松陰寺めっちゃイケメンやん。エスコート上手やし!」「あんな優しい人とデート出来たら楽しいやろなぁ。羨ましい…」「松陰寺さんの奥さんが“お金無くても幸せだった”っていう意味がよく分かった。口から出てくる言葉が優しい言葉ばっかりだもん」と女性視聴者からの声が見受けられる。今後は女性をメインターゲットにした商品のテレビCM起用も期待できそうだ。

画像2枚目は『お笑いG7サミット 2020年9月20日付Twitter「#お笑いG7サミット 新たな時代に新たな笑いを」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ