LinQ、有観客LIVEでデジタルシングル6曲連続配信を発表&第1弾楽曲も初お披露目

E-TALENTBANK


九州/福岡を拠点に活動する女性アイドルグループ・LinQが、9月22日(火・祝)にスカラエスパシオにて有観客LIVE「LinQ autumn LIVE in スカラエスパシオ」を行った。

前作の衣装から白を基調にバージョンアップした衣装に身を包んでステージに登場した6人のメンバー。1曲目の『anytime』から始まり、前作ミニアルバム『anytime』収録曲5曲を披露し、久しぶりのファンとの再会を喜びあった。

続いての曲は先日よりライブ配信で初披露された新曲『Q&A』をファンの前で初披露し、この楽曲で初めてセンターを務めた涼本理央那の歌声で締めくくると、続けてのMCで9月25日(金)よりデジタルシングル6曲連続配信がスタートすることを発表。

第1弾として、9月25日(金)に配信スタートする楽曲は『Q&A』。懐かしのソウルをオマージュしたポップス曲で、初センターを務める涼本は「センターをすると聞いた時は不安もありましたが、嬉しい気持ちの方が大きくてファンの皆さんも色んな言葉をかけて下さったので自信になりました!1番輝いて、この曲をたくさんの方に聞いてもらえるように私もセンターをしっかり務めていきたいと思います!!」と意気込んだ。

さらに第2弾の楽曲として10月2日(金)にEDMとJ-POPが融合されたダンスナンバー『RI・RI・RI』のデジタル配信スタートも発表。10月3日(金)にLinQが出演する日本最大級のイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」のステージで初披露することも伝え、ファンの期待を高まらせた。

最新ビジュアル、ジャケット写真もスクリーンで初公開され、涼本理央那は「まだまだ続く第6弾までの発表を楽しみにしていてください」とファンへのメッセージを伝えライブは後半戦へ。

声出し禁止のライブの中ではあったが、カラフルなペンライトが光り、会場は一体化。替え玉(アンコール)では、新曲「Q&A」をもう一度披露し、本公演は終了した。

新曲『Q&A』の振付は、メンバーの高木悠未がプロデュースしたもの。高木は、「メンバーの意見も取り入れたいなと思い、LinQ振付師のSOさんと話し合いながら今回プロデュースさせて頂きました。SOさんと向き合う時間もかなり貴重でした!ポイントは、“フォーメーションダンス”形がどんどん変わって見ていて面白いし所々にTikTokで流行っているフリを取り入れたりしている所です。ライブでは、サビで皆さんと一緒に『A』ポーズのフリをしたいです」とコメントしている。

※高木悠未の「高」は、はしごだか

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ