【スイーツ】東京・浅草まるごとにっぽんの「Cafe M/N」のプリンが完ぺきすぎる! 見た目も味も文句なしッ!!



最近の「純喫茶ブーム」をとても喜ばしく思っている。なぜなら私(佐藤)はプリン大好きおじさんだからだ! 純喫茶が流行れば流行るほど、新しいプリンとの出会いが増える。この調子で伝統的な喫茶店プリンの素晴らしさが、さらに広まってくれることを願っている。

さて今回紹介するのは、2015年に東京・浅草にできた商業施設「まるごとにっぽん」内にある「Cafe M/N 」のプリンだ。比較的新しい部類のお店だが、プリンが見た目も味もパーフェクト! 正統派の喫茶店プリンである。

・今の浅草
浅草を訪ねたのはいつぶりになるだろうか? たしか2020年2月に訪ねたのが最後だから、半年以上経っているはずだ。あの時はまだ外国人観光客の姿も多く、雷門前で他の人を入れずに写真を撮ることはほぼできなかった。

その1カ月後の3月末、当編集部のP.K.サンジュンのレポートによると、人通りはほとんどなく、観光客の姿もほぼなかったそうだ。さらに6カ月経った現在はというと、観光客の姿を見ることができる。しかし雷門前で、他人を入れずに写真を撮るのは比較的カンタンだ。

それでもすれ違う地元の人から「今日は人が多いね」という声が聞こえた。コロナ前にはほど遠いかもしれないが、少しずつ観光客は戻りつつあるようだ。

・まるごとにっぽん
Cafe M/Nが出店している「まるごとにっぽん」は浅草六区、ドン・キホーテ浅草店の目の前で浅草のド真ん中にある。この施設には全国各地の名産品が集結しており、民芸品・工芸品・名産品など日本中で受け継がれる文化に触れることができる。まさに “まるごとにっぽん” だ。

そして建物の3階に目的のお店はある。ここでは、期間ごとに各地の名産品を使ったフェアを開催しており、9月16日現在は鹿児島の食材を使っているようだ。

・プリンプリンプリン!
あいにく今日は食事を済ませていたので、スイーツを食べることにした。デザートの1番目に私の大好きやヤツがあるじゃないか! そう、プリンだ! プリンプリンプリン!!

正式な商品名は「アサクサプリン」(税別600円)。ちなみにドリンクセットは+税別300円となっている。

待つこと約5分、来ました。私を幸せにしてくれるヤツが来たよ!

まずは器を評価したい。喫茶店のプリンはこのシルバーの器じゃないとね! この器、正しくは「アイスカップ」という。平皿やガラスボウルで提供される場合もあるけど、やっぱ器に高さがないと見映えがしないよね。シルバーの光沢があってこそ、プリンは映えるよね、ね!

プリンの周りにはなみなみと注がれたカラメルソース。そして上にはたっぷりのホイップクリーム。そしてチェリー! 見てくれよ、この色彩のバランスをよ!! 見えてる景色のすべてが最高だよ!! もう一生写真撮ってられる、マジで!

見た目だけでなく、このプリンは中身もパーフェクトだった。個人的には固いプリンが好みではない。だからといって柔らかければ良いというものではない。理想はスプーンを刺して、少し力を入れないとすくい上げることができないくらいの固さ……。

そのようにプリンにうるさい私でも、ここのは完ぺきだと感じたのだ。実際にスプーンを刺すと、固すぎない……。そして柔らかすぎない……。コレ! ちょうどこの固さが1番イイ! パーフェクトだよっ!

不足しているものなど、あろうはずがない! 味もバッチリだ。プリンとカラメルソース、そして生クリームを同時に口に放り込むと三位一体! 甘さほろと苦さ、そして卵のコクが調和している。いいプリンですね~、これは~! プリン好きにぜひオススメしたい逸品だ。純喫茶バンザイ! プリンバンザ~イ!!

・今回紹介した店舗の情報
店名 Cafe M/N
住所 東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん 3F 浅草にっぽん区内
時間 11:00~21:00(L.O. フード20:00、ドリンク20:30)
定休日 なし(施設に準ずる)

参照元:Cafe M/N
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ