雛形あきこ&天野浩成夫妻、第一印象は「天野、ヤベーな」

※画像は、雛形あきこさん公式Instagram(@akiko_hinagata)より

 

9月20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、雛形あきこ、天野浩成夫妻が登場。元国会議員の宮崎謙介、金子恵美夫妻とともにトークを繰り広げ、芸能人らしからぬリアルな実態が明らかになり、宮崎夫妻も感心していた。

 

雛形「一日中洗濯機が回ってます」

雛形はまず、馴れ初めから話し始める。天野の第一印象を「初め、すごいヘンな奴だなとかしか思ってなくて、現場でも『天野、ヤベーな』ってずっと感じてたんです」と語り笑わせた後、「昼のドラマ(TBS系『愛のうた!』2007年)でずっと一緒で、半年近くかかったのでそれで仲良くなったんです」と話し「『ご飯一緒に食べようね』って約束したんですけど、一回ギリギリで面倒くさくなって断って、でもまたすぐに誘ってくれて、行ったら思いのほか楽しかったんですね」と続け笑わせつつ宮崎たちを感心させていた。

 

さらに2人は、家庭内での役割を明かす。「細かい部分は彼、大雑把な部分は私ですね」と雛形が明かすと天野も「洗濯と契約は僕、料理とアイロンがけとかはママ(雛形)ですね」と補足する。「洗濯は彼が100%します。すごいこだわりがあって、この生地にはこの洗剤とか、このネットに入れなきゃダメとか。きっちり分けてて、しかも二層式とドラム式があって別々にやってるから、一日中洗濯機が回ってます」と雛形。さらに契約に関しても「家の契約とか保険とか。とにかく細かい部分は全部彼がやってくれますね」と明かしていた。

 

2人の様子に金子は「女性が大方針だけ示して、あと細かい実務は男性がやるって社会になってきたのかな」と分析するも、宮崎から「待て待て、あなたは大方針も示さないじゃないの」とツッコまれ天野と雛形は大爆笑していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ