マツコ、NiziUでは「Parkちゃん推し」

※画像は、『マツコ会議』公式サイトのスクリーンショット

 

9月19日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、アイドルグループ・NiziUのプロデューサーであるJ.Y.Parkがメンバー選考のノウハウを語り、アイドルには一家言あるマツコも感心しつつ持論を述べ、J.Y.Parkも納得の表情を見せていた。

 

マツコ「アイドルのオーディションって面白いよね」

ガールズグループ発掘プロジェクト「Nizi Project」の総合プロデュースを担当したJ.Y.Parkをゲストに迎え、マツコはそのオーディション手法に感心しつつも持論を述べていった。「オーディションって面白いなって思ってて」と前置きした後「ちゃんと目標があって、自分の未来が描けている子はどんなに厳しい環境にあっても、厳しい指摘をされても、ちゃんと食らいついていくのよ。スゴく真っ当な姿を改めて見せられた気がしたね」と続け、J.Y.Parkも「プロデューサーとしては、たくさん短所があったとしても特別な長所が一つあれば選びます。短所を隠して、長所を最大限引き出せればいいですからね。NiziUのメンバーは一人一人長所があるので、完璧ですね。本当に自信を持っています」と答えて出演者一同感心の表情となっていた。

 

その後、メンバー一人一人のオーディションの様子や特徴をJ.Y.Parkが分析し、マツコもコメントを添えつつ、なるほどとひたすら感心していた。そして「まだ15~17歳くらいの子が、外国に行ってハードなトレーニングをしている自体がすごい事だからね。ものすごい過酷な青春時代を彼女たちは過ごすわけだけど、それって誰しもが出来る事じゃないから。与えられた状況を楽しみながら、本当に羽ばたいてほしいよね」とNiziUにエールを送った。

 

マツコはJ.Y.Parkに対し「NiziUを本当によろしくお願いしますね。私はしばらくParkちゃん推しでいくから。Parkちゃんに会いたい」と話すとJ.Y.Parkも「私も日本で会いたいです」と返答。これにマツコはなぜか「どういう意味?」と訝し気な表情を見せ笑わせていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ