3年ぶりのミュージカル『モーツァルト!』は山崎育三郎&古川雄大、山口祐一郎、市村正親で

エンタステージ


015397.jpg

2021年4月から6月にかけて、ミュージカル『モーツァルト!』の上演が発表された。「才能が宿るのは肉体なのか?魂なのか?」という深遠なテーマをベースに“人間モーツァルト”の35年の生涯に迫る、ウィーン・ミュージカルの最高峰として日本でも愛され続ける本作が、3年ぶりに登場。出演者には山崎育三郎と古川雄大(Wキャスト)、山口祐一郎、市村正親が名を連ねた。

山崎と古川はWキャストでタイトルロールのヴォルフガング・モーツァルト役を、山口はモーツァルトの前に立ちはだかる権力者・コロレド大司教役、市村はモーツァルトの父・レオポルト役を演じる。

また、演出は小池修一郎による最新バージョン。小池は2002年の日本初演以来、本作の演出を手掛けているが、2018年シーズンに新演出バージョンを世に送り出した。舞台装置、振付、照明など、ビジュアル面において大幅なリニューアルがなされ、作品はより一層スケールの大きなものに。

才能を開花させ名声を得たヴォルフガングと、彼の前に立ちはだかる権力者コロレド大司教による重厚なミュージカルナンバー「破滅への道」も追加され、人間ヴォルフガングと彼の中に宿る“才能の化身=アマデ”との葛藤、天才ゆえに周りから理解されない孤独が、より深みを増して描かれる。

ミュージカル『モーツァルト!』は、2021年4・5月に東京・帝国劇場、5・6月上旬に北海道・札幌文化芸術劇場 hitaruと大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。



あらすじ


ザルツブルクの宮廷楽士であるレオポルト・モーツァルト(市村正親)とその娘ナンネールは、錚々たる名士たちが集まる貴族の館で、今、幼い息子がピアノを弾くのを目の当たりにしている。5歳にして作曲の才が花開いたその子ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、"奇跡の子"と呼ばれていた。
歳月は流れて、ヴォルフガング(山崎育三郎/古川雄大)は故郷ザルツブルクで音楽活動を続けている。傍にはいつも、奇跡の子と呼ばれた頃のままの“才能の化身・アマデ”が寄り添い、作曲にいそしんでいた。しかし、青年ヴォルフガングは、ザルツブルクの領主であるコロレド大司教(山口祐一郎)に仕えて作曲をすることに嫌気がさしていた。「大司教に逆らうな」という父と意見が衝突。ついには自分を束縛する大司教に、怒りを爆発させてしまう。
ヴォルフガングは名声と自由な音楽活動を求めて、母親と共にザルツブルクを出るが、幼い時のように持て囃されることはなかった。逆に旅費を使い果した上に、旅先で母を亡くしてしまう。失意のうちに故郷に帰ってきたヴォルフガングは、幼少からヴォルフガングの音楽の才能を見抜いていたヴァルトシュテッテン男爵夫人の援助を受けて、ウィーンで音楽活動をする決意をあらたにする。
ヴォルフガングはウィーンに移り住み、知人のウェーバー一家の娘であるコンスタンツェとの愛情を急速に深めていく。しかし、コロレド大司教の謀略によって、演奏の機会をことごとく絶たれてしまう。ヴォルフガングは再び大司教と対決。二人の関係はついに決裂する。
大司教との決裂後、ヴォルフガングはウィーンの社交界で話題を呼んでいた。コンスタンツェとも結婚、仕事も精力的にこなし、ヴォルフガングにとって故郷に残してきた父と姉の存在がどんどん薄くなるのだった。レオポルトは息子の成功を誇りに思う反面、その思い上がりを感じ取る。しかしヴォルフガングは父の苦言を聞き入れようとしない。二人はついに心を通い合わせることなく、レオポルトはウィーンを後にする。
オペラ『魔笛』を成功させ、音楽家としての頂点を極めるヴォルフガングの前に、謎の人物が現れ、『レクイエム』の作曲を依頼する・・・。

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ