SEVENTEEN、BTS、BIGBANG…作詞作曲を手がけるK-POPアイドル、「自作ドル」の系譜

wezzy


 SEVENTEENの日本2ndミニアルバム『24H』(9月9日発売)が初週24.7万枚を売り上げ、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得した。

SEVENTEENといえば、作曲からダンスの振付までメンバーが関わっている「自作ドル」として知られている。実は、SEVENTEENだけではなく、メンバー自らが制作に関わっている事を掲げる韓国のアイドルは今では珍しくなくなっている。そこで今回は「自作ドル」の系譜や、制作スタイルについて歴史を紐解いてみたい。
「自作ドル」の源流
 自作ドルの潮流を辿るには、まず韓国における「アイドル」誕生の歴史を見る必要があるだろう。

80年代までは国家の政情が不安定だった事もあり、「10代~20代の若者向けの音楽」というものが国内では不足していた。しかし90年代に入り、若者の間で爆発的な人気を得るグループが誕生した。韓国初のヘヴィメタルバンドと言われているシナウィのベーシストだったソ・テジとナイトクラブで働きながらダンサーをめざしていたヤン・ヒョンソクが結成し、後に梨泰院で活動していたダンサー、イ・ジュノを迎えて3人組になった「ソテジと子供たち(ソテジヮアイドゥル/Taiji Boys)」である。

ソ・テジは元々ロックをやっていたが、シナウィの解散後、世界的に流行していたが韓国ではまだ馴染みのなかったラップ・ミュージックに傾倒するようになり、ラップジャンルをベースにしたダンスグループを結成したいと思うようになったという。音楽やコンセプトなど制作活動の大部分をソ・テジ本人が関わって決定し、ダンスの振付はイ・ジュノが行っていた。

「ソテジと子供たち」自体は「アイドル」という位置づけではなかったようだが、若者の間で熱狂的なファンドムを形成していたという点では「アイドル的な人気があったグループ」で、なおかつパフォーマンスにおいては、それ以前の韓国の大衆歌謡界は大人向けの歌謡曲やバラードが中心だったのが、それ以降10代が好むような「ダンスミュージック」が大きな主流になっていくきっかけを作ったと言える。

また、ソテジと子供たちが当時他のアーティストやグループと異なった点は、「私の人生は私のものだ」と歌っただけで禁止曲に認定される事すらあった(「私の人生は私のもの」ミン・ヘギョン)、それまでの保守的な世相に反抗するような、若い世代にとっては「これは私たちの話だ」と共感できるような歌詞を自ら作って歌った事にある。後述するが、「自作」である事が歌詞に込めたメッセージのリアリティを強化する=聴く方にとってより共感と感情移入を強めるという部分は、この時代から明確に作用していたと言えるだろう。
韓国での「アイドル像」の形成と定着
 ソテジと子供たち以降、Roo'Ra(ルーラ)やDEUX(デュース)など若者向けのダンスボーカルグループは増えたが、1996年にソテジ~が解散した年にデビューして爆発的な人気を得た男性グループが、SMエンターテイメントからデビューしたH.O.TとDSPメディア(当時。復帰後はYGエンターテイメント所属)からデビューしたSECHSKIESである。

この2組は当時自作グループではなかったが、ソテジ~の頃に芽吹いた大人世代への「反抗アティテュード」は初期の歌詞やパフォーマンスへと継承されていた(デビュー当時のBTS「学校三部作」の歌詞やコンセプトは、H.O.T「戦士の末裔」SECHSKIES「スクールソング」のリファレンスと言われている)。

韓国がIMF危機による不況に見舞われた1997年~2000年というのは、同時に「アイドル」という概念が韓国内で徐々に定着していった期間とも言える。その後しばらくはRAINやSE7ENのようなソロアイドルや東方神起やSS501、SUPER JUNIORといったグループが人気を博していたが、2006年に現在の「自作ドルブーム」の直接的な源流となるグループがデビューする事になる。前述のソテジと子供たちのメンバーだったヤン・ヒョンソクが作った芸能事務所、YGエンターテイメント所属のBIGBANGである。
「自作するアイドル」BIGBANGのデビュー
 2000年代前半までには、韓国でもある程度「アイドルグループ」というものが定着していた分、「事務所に作られた傀儡の歌手」というようなアイドルに対するステレオタイプな偏見も定着しつつあった。

その中でデビューしたBIGBANGは、デビュー前のサバイバルプログラムから作詞作曲のできる中心メンバーであるG-DRAGONの存在を前面に出していた。

G-DRAGONは元々「ちびっこRoo'Ra」としてTVに出演していた経験があり、小学生の頃にラッパーとしてデビューするためにYGエンターテイメントの練習生になった。当時YGエンターテイメントはヒップホップやR&Bなどのブラックミュージック系のアーティストが所属している事務所の印象が強く、それまではSE7ENなどのソロ歌手や1TYMなどもアイドル的な人気はあったとはいえ「アイドル」を標榜したグループはBIGBANGが初めてだった。

実際、直前までは現BIGBANGのメンバーであるSOLとヒップホップユニットとしてデビューする予定だったと本人がTVで話した事もある。

当時、韓国でのアイドル文化の発展やYouTubeなどの動画系ウェブサイトの登場と共に、若年層向けの音楽やパフォーマンスをするのであれば「アイドル」という形式が最も商業的な成功を収めやすいという流れも韓国のメジャー音楽シーンでは定着していった時期である。

おそらくは「自作」やヒップホップに強いこだわりがあったというより、その時代に一般的だった「アイドル像」との差別化を図る過程で音楽的な「リアリティ」を持たせるために、元々メンバーがやってきた音楽ジャンルである「ヒップホップ/ラップミュージック」をベースに、ヒップホップをやるのであればラッパー本人がリリックを書いてトラック制作にも関わるべきだろうという考え方のもとで「ラッパーである中心メンバーによる作詞作曲」というスタイルのグループが誕生したのではないかと思われる。

YGエンターテイメントの男子グループでは、以降WINNER・iKONと作詞作曲のできるメンバーをコアとしてグループを形成するという流れが主流になっていった。

このBIGBANGの成功と人気を起点として、「作詞作曲するアイドル」のイメージ像が一般層にまで定着していく事になる。

「アイドル」の流れとはまた別に、2000年代は韓国のメジャー音楽シーンでヒップホップミュージックの隆盛があり、EPIKHIGHやDynamic Duo、Leessang、Supreme Teamなどのヒップホップグループがお茶の間でも親しまれるようになった時代だ。

両者の流れが合流した結果、2012年前後に「メンバーが自作するヒップホップ系アイドルグループ」が立て続けにデビューする現象が起こった。

2011年デビューのBlock Bのリーダーであり、現在はソロアーティストとしての地位も確立しているZICOは、元々は韓国のヒップホップアーティスト・チョPDが「コリアン・エミネムプロジェクト」と銘打ったラッパーのオーディション経由でアイドルグループとしてデビューした。

2012年デビューのB.A.Pのリーダーバン・ヨングクは、中学生の時にヒップホップユニットCrispi CrunchのCRPが主催したソウルコネクションにJepp Blackman名義で参加し、ラッパーのMasloとBlackoutというデュオを組んでいたこともある。

2013年にデビューしたBTS(防弾少年団)は、当初からヒップホップ系アイドルを作るために韓国内オーディションなどで主要メンバー候補が集められた。最終的にグループの要となったリーダーのRMは、当時10代ながらすでにアンダーグラウンドでラッパーとして活動を始めていた。SUGAは地元の大邱で所属していたクルーではトラック制作を手掛けていた事もありオーディションを受けた当初はアイドルとしてデビューする事になると思っておらず、制作スタッフとして雇ってくれないかと掛け合った事もあるという。

この時期にデビューした90年代以降生まれのラッパーポジションのメンバーは、子供時代にBIGBANGかEPIKHIGHのようなメジャーシーンのヒップホップグループの曲やパフォーマンスに接してラッパーを志したというケースが多い世代であり、元々多少なりと自作経験があったパターンも多い。

事務所的にもヒップホップをやるのであれば「グループとしてのリアリティ」のためにメンバーが制作に直接関わる必要がある(最低限リリックは自分で書けるべき)という考えが一般的だったために、この時期に「自作ドル」が増える事は必然だったと言えるのではないだろうか。

アイドル業界におけるこの「ヒップホップブーム」は、当時人気を集め始めたラッパーサバイバルプログラム『SHOW ME THE MONEY』(Mnet)シリーズの人気とともに最高潮に達し、後にiKONでデビューする事になるBOBBYがシーズン3(2014年)で優勝し、WINNERのMINOが準優勝したシーズン4(2015年)以降「若手ラッパーのアイドル化」ともいうべき新しい潮流とともに収縮していった。

一時期境目が曖昧になっていた「アイドルグループのラッパー」と「アイドル的な人気があるラッパー」も再びはっきりと別の流れを持つようになって行ったが、シーズン5で優勝し今や人気ラッパーとなったBewhY(93年生まれ)がラッパーを目指したきっかけがBIGBANGだった事を考えると、本来はラッパーを目指していた若者たちが「音楽で食べていく」手段として当時はアイドルが最も近い道として存在しており、アイドルかラッパーかという道を分けたのは、スカウトやオーディションのような機会とほんの数年のキャリア形成の差に過ぎなかったのかもしれない。

一方、「ヒップホップ系アイドル」の流行以外でもBIGBANGの登場による「自作ドル」の影響は広がっていった。

この時期以降、自分のパートのリリックを自分で書く「ラップ担当」のアイドルメンバーは増えていった。

2009年デビューのHIGHLIGHTや2011年デビューのB1A4などのように、活動と共にBIGBANGをロールモデルとしてメンバーが作詞作曲を学んで自作曲の割合が増えていったケースも珍しくなくなっていく。

「メンバーの自作」には音楽的な真正性やスペックの一種としてのアピールポイントになるとともに、前述のようにファンには「自分のアイドルが自分に直にメッセージを語りかけてくれている」と信じられるような、共感と感情移入を強めてくれるブースターともなりうる。メンバーとファンの共感が最も重要視されがちな韓国のアイドルとしては良い点しかないわけで、以降クオリティさえ保証できれば作詞作曲できるメンバーを積極的に登用する、あるいは育成していくようになるという流れは必然と言えるのではないだろうか。

また、以前はあまり一般的でなかった「グループに所属しながら同時にソロで音楽活動をする」というケースが韓国のアイドルでも一般的になっていった(これもやはりBIGBANGメンバーの成功例が大きいと思われる)中で、グループでは直接は出しにくい自分の好みやカラーを出していこうという自己表現の流れで作詞作曲に関わっていくようになったケースも増えていった。

同様にヒップホップへの意欲がある「アイドルラッパー」達が、それぞれソロやミックステープをリリースする事も珍しくなくなっている。

ここまでは全て男性アイドルの話だが、女性アイドルで「自作」までを標榜しているケースはまだ非常に少ないようだ。

ソロではIUやBoAのようにデビュー初期は「ソロアイドル」のような受容のされ方だったのが徐々にセルフプロデュースも含めて「ソロ歌手」という認識に変わっていったケースや、グループではEXIDのLE、(G)I−DLEのソヨンといったやはり練習生以前からラッパーを志していたメンバーが多い。

2NE1や少女時代、Wonder Girlsなどキャリアと共に作詞作曲に関わるようになっていったケースが多い中で、(G)I−DLEの場合はデビュー曲からメンバー自身が作詞作曲に関わっているという点で、同じくデビューアルバムからメンバーが全曲の作詞作曲いずれかに参加していたPRISTINが解体した現在では、今後のロールモデルになりうる存在かもしれない。
「自作ドル」の様々な形
 ジャンル的リアリティの土台、あるいはアイドルとしての「スペック」の一種として定着していった「自作ドル」だが、そのスタイルは様々だ。

個人のケースではおおまかに言えば、

1.デビュー前からラッパーやトラックメイカーとしての経験上自作経験があったケース

2. 元々ギターやピアノなどの楽器演奏が出来、その延長上で作曲経験があったケース

3. アイドルとしてのキャリアを積む中で作詞作曲を取得していったケース

このような3パターンに分けられると思うが、実際の楽曲制作については各事務所ごとに特色が出る部分でもあるため、事務所ごとに見ていきたい。

・YGエンターテイメント
 現在の「自作ドル」定着の源とも言えるYGエンターテイメントのスタイルは、男子グループであるBIGBANG・WINNER・iKONいずれも作曲が出来るメンバーがメインでサブとしてYGの社内作曲家(TEDDY・CHOICE73・FUTURE BOUNCEなど)が入るパターンが多い。時折外部作曲家が共同作曲家として入るパターンもあるが、作詞は概ねメンバーのみでアルバムのメインであるタイトル曲の制作にもメンバーがメインで関わっているケースが多い。

今年デビューしたばかりのTREASUREは初めて「自作」を前面に標榜していないが、それでも日本人メンバーを含むラップ担当メンバーはリリックを自作している。

・PLEDISエンターテイメント
 SEVENTEENが所属するPLEDISエンターテイメントの場合、グループごとに少し経緯が異なるようだ。SEVENTEENは『SEVENTEEN PROJECT』(MBC Music)という脱落メンバーなしのミッション型デビュープログラムを経てデビューした経緯があるが、そこでのミッションですでに作詞作曲や振付をメンバー主体で力を合わせて作っていくというスタイルが確立していた。

SEVENTEENの作曲に関しては、ボーカルチームのリーダーであるウジと、同じ事務所所属のアーティスト兼プロデューサーであるBUMZUとの二人三脚で行われるパターンが多いが、近年はアルバム収録曲で振付に参加しているパフォーマンスチームリーダー・ホシや他のメンバーが作曲に参加するなどバリエーションが増えている。

NU‘ESTはBUMZUがプロデュースに関わるようになってからメンバーが制作に参加する割合が増え、近年のタイトル曲はBUMZUとメンバー・ベクホの共同制作が多くなっている。

・Big Hitエンターテイメント
 BTSの場合、アルバムのメインであるタイトル曲においてはBig Hit所属の作曲家であるPdogg・Slow Rabbit・Supreme boi・ADORAなどがメインで入り、メンバーを含め共同で制作する「チームBTS」とも呼ぶべきスタイルが定着しているようだ。

メンバーが他のアーティストに楽曲提供する場合も、Big Hit所属のプロデューサーが一緒に参加している。一方でソロ曲やミックステープに関しては各メンバーがやりたい事や目指すものをサポートする役割として、サブで所属作曲家が入るというケースが多いようだ。

ソスミュージック所属のGFRIENDがBig Hitの傘下になってからはメンバーが作詞作曲に参加するようになってきており、「メンバーも含めたスタッフみんなで作る」というのがBig Hitのスタイルになりつつあるのかもしれない。

・JYPエンターテイメント
 2PMやTWICE、GOT7が所属するJYPは元来「自作」のイメージは強くなく、バンドスタイルのDAY6以外はキャリアを重ねる中でメンバー自身がスキルを身につけて作詞作曲に参加するようになるケースが多かった。

しかし、2018年にデビューしたStray Kidsは異なる。Stray Kidsは練習生経験の長かったリーダーのバンチャンが、自ら集めた練習生メンバーで構成されている。デビューサバイバルだった『Stray Kids』(Mnet)はリーダー自らが集めたメンバー全員でデビューする事が目標であり、いわばメンバー集めの段階からのプロデュース能力が試されるプログラムだった。

デビュー前から作詞作曲担当メンバーであるバンチャン・チャンビン・ハンが3RACHAというユニットでSound Cloudで楽曲発表をしており、デビュー後の楽曲も編曲も含めてほぼ3人のメンバーで製作されている。

振付にも参加していたり、J.Y. Parkに新曲について自らプレゼンする動画などもあり、メンバー自身の意思や意向が強く反映されている事こそが特徴という位のまさに「ザ・自作ドル」というケースである。

・SMエンターテイメント
 「自作ドル」のイメージがあまりないSMエンターテイメント中でも、独立レーベルに所属しているSUPER JUNIORはメンバーのドンへが作詞作曲に参加していたり、振付師や作曲家を自分たちで選んだりとキャリアと共にDIYの部分が増えていった。近年ではコンサート内のVTR撮影やコンサート演出自体をメンバーが手がけている。

全体的には、どちらかといえば、SHINeeのジョンヒョンのようにソロ活動をきっかけに作詞作曲に力を入れるようになったりチャレンジしてみるケースが多いように見受けられる。

楽曲のベースジャンルにヒップホップ要素の多いNCTに関してはラップ担当のテヨンとマークはデビュー曲からリリックメイキングに参加しており、近年では作曲にも参加し始めている。

・CUBEエンターテイメント
 前述の(G)I−DLEが所属するCUBEエンターテイメントも「自作ドル」が多い事務所だ。HIGHLIGHTとして独立する前のBEASTも途中からメンバーが自作するようになったが、BTOBも近年はメンバーのヒョンシク・イルフンがメインで楽曲制作をしている。

PENTAGONも現在は『PRODUCE 101』(Mnet)シーズン2での人気曲「Never」、Wanna Oneのデビュー曲「Energetic」などで「作曲ドル」としての知名度を上げたメンバーのフイがメインで作曲しており、最近ではJO1に楽曲提供した事が知られている。

上記の事務所の他にもバンド系アイドルだったFTISLANDやCNBLUE、ラップ担当メンバーが作曲するようになったVIXXやMONSTA Xなど、楽曲制作に関わっているアイドルは今や数えきれない。

韓国では「第4世代」と呼ばれる新人アイドルグループでも元々ヒップホップレーベルであるBRANDNEW MUSIC所属のAB6IXや、作詞作曲だけでなくMVまで自作した事で知られたVERIVERY(Jerryfishエンターテイメント所属)など、自主制作の範囲も広がってきている。

アイドル本人が自分のやりたい表現やメッセージを届ける手段のひとつとして「自作」を選ぶという事はとてもポジティブな事であるが、基本的に「アイドル」にとって自作のスキルは数多くある魅力やスペックのうちの一部分で、それのみがアイドルとしての人気や能力の優劣を決めるというものではないだろう。

日本でも今現在、ジャニーズ事務所所属のアイドルが作詞作曲にたずさわっているケースは実際は珍しくないが、日本ではジャンル的な分業が細かいためか、自作はあくまでもアイドルとしてやりたい事の表現方式か、ファンに直の言葉を伝えるという意味合いでのファンサービスの一環とみなされ、「アイドルである」という事のメインの冠とされるケースはあまりないように思う。

その点では、音楽やパフォーマンスを職業として志す若者たちにとって、現状メジャーデビュー出来る手段のほとんどが「アイドル」になってしまっているという、韓国の芸能・音楽業界の特殊さが反映されている部分でもあるのかもしれない。

(DJ泡沫)

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ