ジャニーズWEST桐山照史、激辛グルメコメディでドラマ単独初主演「美味しく食べる自信はある」

dwango.jp news


ジャニーズWESTの桐山照史がドラマ単独初主演を務めるドラマ『ゲキカラドウ』が2021年1月クールテレビ東京「ドラマホリック!」枠で放送されることが決定した。



情報・バラエティ番組では連日のように特集が組まれ、飲食店のメニューも激増するなど、今や空前の「激辛ブーム」。深夜の空腹を刺激すること間違いない、視覚でも聴覚でも堪能できる、マニア性・中毒性の高い、究極のグルメドラマが誕生。主役の中堅飲料メーカーで働く明るくて愛嬌あるサラリーマン・猿川健太を演じるのは、役柄同様、グループの中でも明るく人懐こいキャラクターで人気のジャニーズ WEST・桐山照史。ドラマの単独主演は今回が初めて。また地上波のドラマ主演も今回が初となる。

大阪本社から期待を胸に東京支社へ異動してきた猿川、そこで彼を待ち受けていたのは激辛料理をこよなく愛する変わり者たちだった。激辛料理で“美”と“健康”を追求する促進室の紅一点、ヒロインの“エロ辛い”美女・大河内友麻を演じるのは、泉里香。室長で、猿川が激辛に目覚めるきっかけとなる “ゲキカラドウ”創始者・谷岡和彦を演じるのは、の平田満。ひと昔前なら“ちょい悪オヤジ”!?“モテ辛ドウ”を提唱する色男・秋山雅人を演じるのは、前川泰之。促進室⼀番の若手社員。お調子者で今どきの若者・篠宮亮介を演じるのは、ジャニーズ Jr.の人気ユニット「7 MEN 侍」のメンバー中村嶺亜。食べることが大好きで実はモテるグルメマニア・山崎裕也を森田甘路が演じる。

桐山照史(ジャニーズ WEST)コメント

Q.「ゲキカラドウ」のオファーが来た時のお気持ちをお聞かせ下さい。

嬉しかったです!もともとテレビ東京の「孤独のグルメ」を見ていて、ずっと出たいって言っていて。そんな中このドラマのお話を頂いて、自分がやりたかったドラマに巡り合えたので、とても嬉しかったです。監督が「自分が思ったことは全部ぶつけてね」と言ってくださったので、自分なりの色を出しながら、いいチームワークを築いていきたいと思っています。

Q.今回が単独初主演となります。

本当ですよね(笑)。「え!?どないしよ」って…初めての経験なので不安といえば不安なんですけど、初めてがグルメドラマで良かったなと思います。僕ジャニーズらしくない体型といいますか、がっちりしているほうなので、バラエティー番組とかで食べるロケをした時に、いろんな方に「食べっぷりいいね」とか「おいしそうに食べるよね」と言って頂けることが多くて。「孤独のグルメ」を見て実際にお店に行ったこともあるんですが、そう思ってもらえるように、美味しく食べる自信はあるので、主演だからと肩ひじ張らずに、みなさんにお世話になりながら頑張りたいと思います。

Q.「自分なりの色を出しながら」とおっしゃっていましたが、具体的な役作りなどあれば…。

今回は僕が演じさせていただく猿川以外のメンバーの個性がとても強くて。監督が「真っすぐな役柄を演じてほしい」と言って下さったので、男っぽく真っすぐ見据えている猿川健太を演じられたらなと思います。あと関西弁も入ってくるので、そこはちょっとホッとしています。お仕事をする時は標準語を使っているんですけど、ふと本音・感情が出る時は関西弁になる…というのは僕も猿川も同じなので。もちろん役作りはしますが、桐山と猿川がリンクする部分が多いので、ご飯を食べる所はあまり作りすぎず、本当に美味しいと思うものを美味しいと表現できたらと。セリフも腹が立つとか悲しいとか、そういう感情が動くところは素直に演じたいなと思います。

Q.ちなみに激辛料理は好きですか?

「激辛大好きです!!」とは言えないですけど、辛い料理は好きですよ!普段料理も自分でしますし、お店に行くこともあるんですけど、辛い調味料をオーダーすることが多いですね。ハンバーガー食べてもチリソースやハラペーニョが入っている方を選んでしまいますし、家にも激辛のストックとか多いですね。

Q.巡り合うべくして巡り合ったドラマということですね。

ホンマです!運命です、運命!運命やと思っているし、終わって1年後、2年後に「ここが俺のキーになった」「人生のターニングポイントだった」と言えるドラマにしたいですね。

Q.最後に視聴者へメッセージをお願いします。

激辛と出会った猿川の成長が見られるだけでなく、明日行きたくなるようなお店の情報を得られるお得なドラマだと思います。「激辛食べたいなぁ」って思ってもらったり、気づけば(ドラマを)見ながら激辛料理を食べていたり…見て下さってる方の心を動かせるように頑張りたいと思います。

泉里香 コメント

「ゲキカラドウ」というタイトルと、「辛いものを食べるドラマです」と聞いていたので、どんなドラマなんだろうと思っていたら、読んでみてその通りだなと。ストイックさに驚きました(笑)。寝る前に台本を読んでいたのですが、お腹が空きすぎてしまって途中で中断してしまいました…。そのくらい描写がすごく素敵でしたね。辛さと食べたくなる感じが本を読んでいる時から伝わってきたので、これからの撮影が楽しみです。ただ麻婆豆腐など辛い物は好きで食べるんですが、「ゲキカラドウ」レベルの激辛は食べた事がないので、ちょっと怖いなとドキドキしています。演じる大河内友麻は、辛いものに熱心で自分の調味料ケースまで持ち歩くこだわりをもった女性。辛い物を通して自分自身を成長させている姿をみていると、すごく強い女性だと思いました。辛い物を通して進化していく私たちチームを楽しみながら見てほしいです。

平田満 コメント

自分がグルメ?ゲキカラ?と思いましたが、泥臭くがんばる人たちに人間味があっていい話だなと思いました。根っからの甘党なので…。でもキムチもカレーもわさびも好きです…激辛でなければ。見ていて体が熱くなるような、しびれるような、それでいてじんわり温かく、クスリと笑えるヒューマンドラマです。辛いもの好きにも甘いもの好きにも合います!

前川泰之コメント

オファーを聞いた時は「ゲキカラ?、、激辛?、、大丈夫か?俺」と自問自答しました(笑)。でも深夜帯のコメディドラマには前々からチャレンジしたいと思っていましたし、昨今の激辛ブームも感じていたので、その着眼点からもきっと面白くなるだろうとの予感しかなく、とても嬉しかったです。台本を読んでみると、言葉のやり取りが面白く、登場する人物のキャラの濃さがイメージ出来て笑いました。秋山という役もすぐに好きになってしまいましたし、反面この役をやり過ぎる事無くいかに面白く、いかに魅力的に作り上げていけるかという挑戦に今からワクワクしています。辛いものは程よく好きですが、激辛は正直未知というか…怖さもありますね。撮影を終える頃には、激辛の向こう側に見える景色を楽しんでいたいと思います。個性的なキャストの皆さんと⼀緒に、画面から汗が飛び散る程の熱量をもってこの作品を面白くしていきますし、激辛フードを食べていっぱい汗かいて、視聴者の皆さんと⼀緒にデトックスして行きたいです!是非ご覧ください!

中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズ Jr.)コメント

激辛!?って思いましたが、台本を読んだ印象は、明るくてあっけらかんとしていて楽しそうな役でクランクインが楽しみだなって思いました。演じようとするよりは自分に寄せた方がやりやすい役だと思うので、ウザいけど憎めない人になれるように頑張ります。(桐山とは)桐山君が司会をしていた歌番組で共演したことはありますけど、今回みたいにちゃんとご⼀緒するのは初めてです。優しい先輩なので、グイグイ行きやすそうで安心しました!(笑)。激辛料理は、YouTube の撮影で激辛焼きそばを食べた時に苦しみながらもなんとか完食出来たので、強い気がしていたのですが、「ゲキカラドウ」のお仕事が決まったので、先日、中華料理店に行った時に、せっかくだからと辛い麻婆豆腐を食べて撃沈しました(笑)。なので怖いですが、激辛の良さを知ることができるドラマなので、自分もそこで知れたらなって。ドラマでは実際にあるお店に行って実際のメニューを食べます。視聴者の皆様の中にも、僕みたいに激辛が苦手な人がいると思いますが、最終回の頃にはきっと好きになっていると思うので、是非お店に行って味わって頂きたいです。

森田甘路 コメント

ずっと憧れだったテレ東グルメ系ドラマに出演できるんだ!と感動しました。しかもタイトルが「ゲキカラドウ(激辛道)」という作品に「甘路」という真逆の名前を持つ自分が起用されているあたり、こりゃ相当な覚悟でのぞまないといけないぞ!と思いました。元々食事シーンがある映画やドラマ作品が好きで。「食事」って人が生活を営む上で必要不可欠な要素だと思っています。だから作品にそういう描写があると「あーこの画面の中の人達もしっかり生きてるんだ」って安心します。この台本を開いた時も登場人物達がちゃんと「人」として生きているな、ちゃんと食事を尊重してくれているなという安心感がありました。ただ激辛料理は好きなんですけど、数時間後にお腹を壊すデリケートな体質です。万全な対策で撮影にのぞみます。今回は森⽥「甘路」じゃなく、森⽥「辛路」としてこの作品に挑戦したいと思っています。是非見届けてやってください。

松本拓(テレビ東京ドラマ室)プロデューサーコメント

オリジナルのグルメドラマをつくりたいと、ずっと思っていました。しかし、なかなかアイデアが浮かばず、、企画募集締め切りの日の朝にテレビで激辛グルメ特集を見て「これだ!!」と思い、猛スピードで企画書を書きました。なので、構想は1日です(笑)。しかし、台本作りや撮影をしていくにつれ、この直感が間違っていなかったと感じるばかりです。激辛料理の絵力、そしてシズル感。美味しそうに、そして辛そうに食べる役者さんの芝居。すべての刺激的な要素を徹底的に突き詰めた時、かつてない程にお腹がすくグルメドラマが誕生することでしょう。また、料理の「辛さ」だけでなく、人の「辛さ」、そして人生の「辛さ」に

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ