とびきり旨い熱燗と冷やを作るスタイリッシュな日本酒器

IGNITE


秋の夜長のお供にしたい、とびきり旨い熱燗と冷やを作る日本酒器が登場。

日本酒+ペルチェ素子+能作の錫で、約10℃~55℃の温度の移ろいを愉しむ酒器だ。



KISOは、能作製の錫酒器とペルチェ素子を採用した、冷温機を融合した新しい日本酒器「hiyakan(ひやかん)」をクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)にて発売開始した。

■hiyakanとは?
hiyakanは「酒器」と「冷温機」による、約10℃~55℃の温度の移ろいにより新しい日本酒体験ができる酒器。



■10℃~55℃までの温度変化を実現するペルチェ素子を採用
ペルチェ素子という半導体素子を採用し、加熱と冷却の両方を実現。



■世界に誇る鋳造技術で日本酒の旨さを引き出す錫器を製作
錫という金属は「優れた熱伝導性」、「優れた抗菌作用・高いイオン効果」を持ち、古くから「錫の器に入れた水は腐らない」、「お酒の雑味が抜けてまろやかになる」などといわれ、酒器や茶器などに用いられてきた。

自宅で美味しく熱燗、冷やを飲みたい人に。また、冷めない美味しい熱燗、ぬるくならない冷やを提供したい店舗でも使用可能だ。

クラウドファンティングサイトMakuakeにて、限定販売を開始。蔵元 土屋酒造店へ別注した、「hiyakan特別仕込み 亀の海 純米吟醸」をリターン特別品で用意している。



■hiyakanプレミアムセット
・hiyakan (能作製酒器 x1 / 冷温機 x1)一組
・能作製hiyakanオリジナル猪口 x1
・hiyakan 特別仕込み 亀の海 純米吟醸 x1

41,085円(税込)から



■「hiyakan」スタンダードセット
・hiyakan (能作製酒器 x1 / 冷温機 x1)一組

35,024円(税込)から



自宅で日本酒を本格的に楽しめる逸品を、手に入れてみては。

期間:2020年9月14日~2020年12月30日まで ※売り切り次第終了
MAKUAKE製品ページ:https://www.makuake.com/project/hiyakan/
hiyakanブランドサイト:https://hiyakan.com/

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ