収納王子コジマジック邸のスゴすぎる仕掛け。厚い壁が便利スペースに変身

日刊Sumai

収納王子コジマジックさんの新居のリビングダイニング
この春新居が完成した収納王子コジマジックさんの新居は、あっと驚く収納が大小含めてあちこちに!その中でも、未利用空間を使ったワザあり収納を集めました。小さな空間を有効活用でき、スマートな仕様も必見です!
1.ウォークインクロゼットの15㎝の壁厚をネクタイ収納に!
ネクタイ収納
1階の中央にあるのが、家族全員の衣類を収納するファミリークロゼット。その入口近くの壁に扉があり、開けてみるとそこはネクタイ収納!
15㎝ほどの壁厚
コジマジックさん、工事の途中で15㎝ほどの壁厚に注目し、ここをニッチ収納にできないかと建築会社に相談したそうです。ちなみにニッチとは壁面を凹ませた部分のこと。
幸い壁の中は筋交いなどがなく空洞なのでOK。下地材が入っていた壁を掘って、ネクタイ収納が誕生しました。すぐ横に全身が映るミラーを設置したので、その場でコーディネートチェックができます。
ネクタイを手に取る
専用のフックに掛けているので出し入れもスムーズ。「仕事で結構ネクタイをする機会があって数多く持っているのですが、ネクタイって収納しにくくて困っていました。わずか7㎝の奥行きでもパッと出し入れしやすかく、最適な収納場所が実現できました」。
天井近くまで高さを確保したネクタイ収納
天井近くまで高さを確保し、収納力をアップ。上部にはサングラスなどを収納しています。
2.インターホンの子機やWi-Fiルーターをニッチにまとめて
リモコン類をまとめた2階のニッチ
2階のキッチンとパントリーの間の壁にはニッチを設けました。ダイニング・キッチンのスイッチ、インターホン、給湯器のリモコン、床暖房のリモコン2台、フックで吊るした窓の電動リモコン4台をまとめてここに収めています。
壁紙の下に鉄板を仕込んでもらったので、マグネットで写真やゴミ収集日カレンダーなどを貼ることができてとても便利。
3階の廊下にしつらえたニッチ
こちらは3階の廊下にしつらえたニッチです。「インターホンの子機は1階と2階だけの予定でしたが、3階にもつけたくなり、クロスを貼る直前に取り付けが可能かどうか相談しました」。
インターホンの子機とWi-Fiルーターの中継機、予備のコンセントを設置
こちらも変更OKとなり、無事ニッチ収納が実現。インターホンの子機とWi-Fiルーターの中継機、予備のコンセントを設置することができました。
「壁に埋め込んでいるので廊下がスッキリ。ニッチを希望するなら早め早めに担当者に相談した方がいいと思います」。
3.階段下をロボット掃除機の基地に
1階から2階に上がる階段
1階から2階に上がる階段の下は、季節ものやアルバムなどをしまう収納庫に活用。言ってみれば階段下のポピュラーな有効活用です。注目すべきは階段の一番下。
階段の一番下をロボット掃除機の基地に
なんと1階専用のロボット掃除機の基地になっていました。
階段下のロボット掃除機とWi-Fiルーターの中継機
さらにここにもWi-Fiルーターの中継機が。階段の下ならまったく目につかず、2階のルーター親機との連携もスムーズで格好の設置場所といえそうです。
ちなみにロボット掃除機は各フロアにあり、2階はリビングのテレビボードの一番下、3階は寝室の洗面所の下が基地になっています。
4.トイレットペーパー収納は11.5㎝の壁厚を利用
壁厚を利用したトイレ収納
ちなみに階段下の収納庫の横はトイレで、ここにも壁厚を利用した収納が!
トイレットペーパーを補充するコジマジックさん
11.5センチほどの奥行きは、トイレットペーパーを収納するのにぴったりで、補充も簡単にできます。
5.かさばるスーツケースは駐車場上のデッドスペースに収納
1階玄関近くにあるシューズクロゼット
こちらは1階玄関近くにあるシューズクロゼット。
靴収納の脇にしつらえたスーツケースの収納スペース
靴収納の脇にしつらえたスーツケースの収納スペースに注目。「大きくて場所を取るスーツケースを2階、3階に持っていくのは大変。そこで玄関近くのシューズクロゼットに着目しました」。
扉を付け、内部に照明も設置したスーツケース収納
扉を付け、内部に照明も設置しています。
駐車場の上部空間を利用
なぜ高い位置にあるのかというと、駐車場の上部空間を利用したから。クルマの上の、壁がせり出している部分をスーツケース収納に利用しています。使用頻度の割に場所を取ってしまうスーツケースの収納、よく考えられていますね!
未利用空間はアイディア次第で便利な収納場所になる可能性を秘めています。家づくりやリフォームの際は、コジマジックさんのアイディアをぜひ参考にしてみてください。
【一般社団法人日本収納検定協会 代表理事 小島弘章】
片づけ・収納・住まいに関する確かな知識と実績を持つプロフェッショナルでありながら、松竹芸能で25 年の芸歴を積んだ、主婦層に圧倒的な支持を受ける男性ライフスタイル系タレントのパイオニア的存在。収納に「笑い」を取り入れたセミナーが話題となり、年間講演依頼数は200本以上、著書・監修本は累計40万部を超える。「収育」を理念として掲げた日本収納検定協会を設立し、お片づけを楽しむ検定「収納検定」をスタートさせる。そのほか収納グッズ開発やマンションの収納監修など、日本や中国を中心に幅広く活躍中

当記事は日刊Sumaiの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ