Kis-My-Ft2宮田俊哉『劇場版BEM』 インタビュー!「嬉しい…けど、どうしよう!」【前編】

numan


【前編はこちら!】10月2日(金)より公開される『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』に、なんとKis-My-Ft2宮田俊哉さんが出演! 意気込みや裏話を前後編に分けてお届けします♪
アニメ『妖怪人間ベム』の生誕50周年を記念して2019年に放送されたリブート作品のTVアニメ『BEM』。人間になりたいという願いのために人知れず人間を守る妖怪人間ベム、ベラ、ベロのその後を描いた映画『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』が10月2日(金)に公開されることが発表されました。

キャストはベム、ベラ、ベロ役の小西克幸さん、M・A・Oさん、小野賢章さんらがアニメ版から続投するほか、ゲスト声優として山寺宏一さん、水樹奈々さん、髙木渉さん、伊藤静さんの出演が発表されるなど豪華な顔ぶれが勢ぞろい。

また今回はKis-My-Ft2の宮田俊哉さんがゲスト声優として初挑戦したことも大きな話題の本作。
 (206392)

『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』 ゲスト声優・Kis-My-Ft2宮田俊哉さんインタビュー
アニメ好きとしても知られる宮田さんはベムの親友・バージェス役を演じます。物語の鍵を握る人物であるバージェスを、緊張しながらも声優初挑戦とは思えない迫真の演技で魅せた宮田さんは監督やプロデューサーなどスタッフ陣からも太鼓判が押されるほど!

インタビュー記事【前編】では初挑戦したアフレコの感想など様々なお話をうかがいました♪

声優初挑戦!「嬉しい…だけど、どうしよう!?」

——アニメ好きで声優にも詳しい宮田さん。まずは声優に初挑戦した感想からお願いします!

いつもお仕事を頂く時、自分のことを求めてくれていることを「嬉しい!」と感じることがほとんどなんですが、今回に関しては「嬉しい!」のあとのプレッシャーの方が大きくて、どうしよう!?と (笑)。だって声優さんは“声の職人さん”ですから! 
アニメが好きだからこその嬉しさとプレッシャーが自分の心の中でめちゃくちゃ、せめぎ合っていました。

アニメのことを話す仕事などもやらせていただいてますが、僕は知らないことや好きじゃないことを語ることはできない。だから、今回も嬉しさ半分プレッシャー半分で心の中がバチバチしてました。
 (206407)

『劇場版BEM』 Kis-My-Ft2宮田俊哉インタビュー1

宮田さん演じるバージェス
―― “声優さんは声の職人さん”という発言がありましたが、どういったところが?

“アニメを創る声”ということ。まずその表現の仕方がセリフにしても何にしても、自分が今までやってきている芝居と違うからです。
僕は基本的に歌ったり踊ったりしているけど、ダンスだったらダンサーさんの方が絶対うまい。ダンサーさんはダンスの職人。また芝居なら俳優さんは(演技の)職人。
だから声優さんは声の職人。だって“声が優れていると書いて声優”ですからね!(笑)――バージェス役へのアプローチはどのようにしていきましたか?

まず、『BEM』のTVアニメシリーズを観返しました。もともと観ていたんですが、今回は集中して音を聞きながら「こういう言い回しするんだ」とか「違和感ある言い回しするなあ」とか。「この言い方は、普通の芝居だったらやらないけれどアニメだから成立してるんだ!」など注意深く聴きながら観ていきました。――宮田さんとバージェスの共通点はありますか?

明るいところですね(笑)。バージェスは陽キャで愉快な奴ですよ! 前半部分はありのままの自分とすごく近い感じがあります。
途中から自分とは違う部分がどんどん出てきて来るんですが、逆にそういう部分を演じている方が楽しかったです。難しいこともたくさんありましたが、もう本当に楽しかった! やっぱり知らない世界に踏み出すのって楽しいなって思いました。
 (206411)

『劇場版BEM』 Kis-My-Ft2宮田俊哉インタビュー2
――他のキャラとのバランスは考えましたか?

せっかく僕がやるなら、僕のバージェスを作りたいので、特にバランスは意識せずバージェスはバージェスの生き方をしようと。

観ている人に、バージェスを見た序盤の印象から始まって存在に疑問を持ってもらう……など、自分の中で感じてもらいたいポイントを決めて、そこに向かって芝居しました。
ストーリーの中にいくつかバージェスの感情のポイントとしての“点”を打って、それを“線”で繋いでいくというような作り方です。それが伝わっていたらいいなと思います!
 (206412)

『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』 ポスタービジュアル

『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』 ポスタービジュアル
――ご自身が演じた声を聞いてみていかがでしたか? また、今回声優の経験を経てアニメへの想いは変化したのでしょうか。

“自分の声がアニメの中から流れてくる”ことに違和感がありすぎました(笑) 。大好きなアニメだからこそ大丈夫かな…と。最初は観る勇気がなかなか出なかったです。

アニメへの想いも変わりました。今までは、ただ観て「面白い!好き!」でしたが、自分で声をやってみて気づいたのは、当たり前ですが“バージェス”を作るのって、僕は声でだけ、なんですよ。

動きや表情など、バージェス1人を作るのに対していったい何人の人間が関わってるんだろうと思うと、気分は主役です。こんなに多くの人数が関わって作られているなら、みんなが主役だなと。モブキャラをモブキャラとして見られなくなりましたね。

⇒インタビューはまだまだ続きますが、【前編】はここまで!
【後編】記事では宮田さんの推しキャラや、共演声優との裏話を伺います♪

■後編はこちら!
・【後編】Kis-My-Ft2宮田俊哉、アフレコ現場で大興奮!?「奈々様はやっぱりすごい」『劇場版BEM』インタビュー
https://numan.tokyo/interview/tIzBv

『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』概要

『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』
(2020年10月2日(金)全国公開予定/約90分)
原作:ADKエモーションズ
企画:NAS
監督:博史池畠(『キラッとプリ☆チャン』、『魔法陣グルグル』、『宇宙戦艦ティラミス』監督)
脚本:冨岡淳広(『イナズマイレブン』シリーズ、『ポケットモンスター』シリーズ、シリーズ構成、『ONE PIECE STAMPEDE』脚本)
キャラクター原案:村田蓮爾(『LAST EXILE』、『ID-0』キャラクター原案、『シャングリ・ラ』キャラクターデザイン)
キャラクターデザイン・総作画監督:松本美乃(『純潔のマリア』、『進撃!巨人中学校』作画監督)
音響監督:亀山俊樹
音楽:SOIL&“PIMP”SESSIONS、未知瑠
主題歌:「unforever」 歌:りぶ  作詞・作曲・編曲:TK(凛として時雨)
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:Production I.G(『攻殻機動隊』シリーズ、『黒子のバスケ』シリーズ、『ハイキュー!』シリーズ、『PSYCHO-PASS』シリーズ)

キャスト

ベム/ベルム:小西克幸
ベラ:M・A・O
ベロ:小野賢章
ソニア・サマーズ:内田真礼
ジョエル・ウッズ:乃村健次
Dr.リサイクル:諏訪部順一

ドラコ:高木渉
グレタ:伊藤静
エマ:水樹奈々
バージェス:宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
マンストール:山寺宏一
特報映像 https://youtu.be/3_4gOiO_7CA予告編 https://youtu.be/nqBT4lRiXdA公式サイト https://newbem.jp/2020_mv/公式Twitter @newbem2019製作:劇場版BEM製作委員会(C)ADK EM/劇場版BEM製作委員会

妖怪人間ベム新作アニメ「BEM」公式サイト

妖怪人間ベム新作アニメ「BEM」公式サイト

2018年に誕生50周年を迎えた名作ホラーアニメ「妖怪人間ベム」が2019 年夏、企画「NAS×プロダクション I.G」により、新たに生まれ変わる!新作アニメ『BEM』の最新情報をお届けします。

当記事はnumanの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ