麒麟・川島がゲームに熱中した少年時代「僕の人生にはファミコンが必要だった」

日刊SPA!

『ニンテンドー クラシックミニ スーパーファミコン』『プレイステーションクラシック』など、現在の30~50代が思春期に熱中した据え置きゲーム機が続々“ミニ化”して復刻が続いている。そんなゲームの“クラシックブーム”の流れのなかで、あのお笑いコンビ「麒麟」川島明さんが、80~90年代のゲームソフトを中心に思い出を綴ったエッセイ『ぼくをつくった50のゲームたち』(文藝春秋刊)を9月16日に発表した。

文字通り、川島さんを形成したドラクエ、ダビスタ、ストII……。ゲームに熱中した中年世代は思わず「あったあった!」と唸りたくなるエピソードが満載。そこで今回は、川島さんに描ききれなかった部分についてインタビューを行った!

◆ゲームに偏見を持つ親に「頭も良くなるよ!」と説得しました

――まず、第一話の『エキサイトバイク』(任天堂)で、川島家は“1年間に1本しかソフトは買えない”のくだりがありました。ゲームに厳しい家庭だったのでしょうか?

川島 ファミコンが発売された当時、世間の親世代はまだ「頭が悪くなるのでは?」と懐疑的で、川島家でも1年に1本ルールがなんとなく採用されていました。著書でも書いていますが「ドラゴンクエスト」(スクエア)も最初は買ってもらえなくて。友達の家でプレイを見させてもらって、自宅でノートに模写するという“妄想でプレイする”というスタイルでしたから(笑)。

――かなり厳選して、1本を買う、と。

川島 本当は誕生日にもソフトは欲しいし、お年玉でも買いたい。1年1本ルールを破るために、兄貴と共に両親を説得していました。例えば『桃太郎電鉄』(ハドソン)ならば、「同じクラスの○○君は桃鉄で日本地図を覚えたらしいよ」とか。『信長の野望』(コーエー)ならば「あのゲームで歴史のテストの点数が上がったらしい、すごくない?」とか。もう必死で説得。芸人としてプレゼン能力も、あの説得で培われたと思いますね(笑)。

――ゲームが自分の能力を上げた、と(笑)。

川島 実際に、「ダービースタリオン」(アスキー)は僕の競馬知識の基礎を築いたのは間違いありません。これまでの鞭を打つだけのアクションゲームではなく、ダビスタは馬の“血統”が重要な育成シュミレーションゲーム。大人になった現在の競馬予想でも、「ナスルーラの血筋だから気性が粗いんちゃうか?」「プリンスリーギフトだから短距離ちゃうか……」など考えるようになりましたもん。あのゲームで競馬好きになり、競馬のキャスター仕事に繋がっていますから。

――なるほど。

川島 ゲームで得た知識で、“会話を繋ぐ”こともある。例えば『実況パワフルプロ野球』(KONAMI)なんて、僕は94~96しかプレイしていない。でも、その当時の選手情報は詳しいんですよ(笑)。ヤクルトスワローズに“凄いシンカーを投げる高津”という選手がいることは知っていたから、スワローズ好きの先輩に「いやぁ~、あの当時の高津のシンカー、エグかったすね!」なんて話して、「おお~、川島、お前知っているか!」なんて盛り上がったり。

『ウイニングイレブン』(KONAMI)もそうで、イングランド代表にオーウェン、アルゼンチン代表のカニーヒア、オランダ代表のクライフがとにかく強かった。ババンギダなんて脚が早かったでしょ? そんなゲームで得た浅い知識ながら、サッカーファンの先輩に「今めっちゃサッカー好きです、クライフってまだ代表いるんですか?」なんて言ったら、「もう監督すら辞めてるわ!」と怒られたり(笑)。でも、サッカーの基礎知識はウイイレで覚えて、相手の話していることもわかるんです。ゲームと現実がリンクすることは結構多いですよね。

――ゲーム発で現実のものも好きになる、ありますね。

川島 『ファイヤープロレスリング』(スパイク・チュンソフト)もそうで、学生時代に大ハマり。“冴刃明”って前田日明という現実の選手だったのか!と興味が出てきて、現実の全日、FMW、リングスなどにハマっていった感じです。

――PS4版「ファイヤープロレスリング ワールド」では本物の実名選手も数多く出ましたね。

川島 それがねぇ……。グっとこないんですよ。もちろん実名登場は嬉しいんですが、やっぱりビクトリー武蔵、スーパー・カイザーのような“パチモノ感”にどうしても惹かれる自分がいますね。当時を美化しちゃっているのかな? あの際どさがドキドキしました。画像が粗いのも、逆にプレイに集中できたというか。

今思えば、パチもんが横行した時代だった気がします。ロッテのパクリで“ロッチ”のビックリマンシールとか。ある意味で、その異物混入すら楽しかった時代でしたね。

――“ロッチ”のシールは、現在高額で取り引きされていまもんね。

川島 あと“パチモノ”といえば高橋名人の話も思い出深い。当時、名人は16連射の神業で子どもたちにとって国民的英雄でした。

近所の靴屋が、「購入者には高橋名人のサインをプレゼント!」とキャンペーンをはじめた。そのサイン、どう見ても印刷なんですよ。でも、欲しいから親に強請りましたもん。諦めて学校に行ったら同級生が「高橋名人のサインを貰った!」って、どう見ても自分の手書きのサインが描いてあったり……。現代にあんなパチモノを出したら、それこそツイッターに晒されて大炎上ですよ。

でも、当時は子供らが家や公園に集まって、あのパチモノにワクワクして「騙された~、最悪。隣街には本物があるらしいぞ。行くぞ!」ぐらいの気持ちで探索したのも楽しかったです。

◆ゲーム発の喧嘩で、兄貴に矢を撃たれた

――著書のなかで、川島さんが思春期を迎えるころに遊んでいるソフト数が一気に増えた印象があります。制限が解除されたのでしょうか?

川島 スーファミが発売される頃には兄貴も高校生、僕も中学生。世の中に中古ゲーム屋が増えた頃ですから。もう親に頼らずとも、自分たちの判断でゲームの購入、貸し借りができるようになったのが大きい。もう学校・部活を終えたらゲームに没頭していました。部活がない休日は朝から晩まで……って書くとマズいかもしれませんが、中学時代はとにかくやっていましたね。

――ゲーム時間の確保で、お兄さんと喧嘩にはならなかったんですか?

川島 めちゃくちゃしましたよ。兄貴の部屋にゲーム機があったので、一度片付けるのを忘れて「勝手にやんのはええけど、最後まで綺麗にしろよ!」と怒られて。僕も思春期だったので、「うるさいねん!」と反抗したら、兄貴が弓道の弓を取り出して構えたんですよ。さすがに威嚇だと思って半笑いで挑発していたら、本当に矢を放ちやがって、僕の顔の横にヒューン!と(苦笑)。「本気で殺しにきてる!」と逃げましたもん。兄貴、京都で弓道3位ですからね。

――あははは。ゲームが加熱して喧嘩とかはありましたか?

川島 ありましたね~、思い出深いのはさっきも話しが出た『ファイヤープロレスリング』。やっぱり年齢差もあり、どうやっても兄貴に敵わないからボコボコにされるんです。兄弟だからこそ容赦ない。もう腹が立ってコントローラーを隠したら、兄貴が激怒。また弓を持って追いかけられて、僕の部屋の壁、弓道の矢でバンバンに穴が空いていましたからね(笑)。

――本書のなかでは、ファミコンにまつわる“裏技”もよく出てきます。

川島 裏技だけを集めたムック本『大技林』(徳間書店)はよく買っていましたね~。でも、思い出深いのは“嘘技”です。本にも書いていますが、ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の「ウソテッククイズ」は本当に許せなかった。本当の裏技のなかに、一つ“嘘”が混じっている企画。

僕はスーパーファミコン版『ファイナルファイト』(カプコン)の2人同時プレイができる!と書いてあり、兄貴とお金貯めて買ったら嘘技だった……。兄貴と一緒に泣きましからね、子供を絶望に陥れたらアカンでしょ(苦笑)。

あとは『ファイナルファンタジーⅤ』(スクエア)のビッグブリッジの決闘で、あるコマンドを入力したら“ビッグブリッジからバンジージャンプができます!”という合成画像。あんなの載せるな!って思いましたもん。まぁ、それも思い出ですけどね(苦笑)

<取材・文/日刊SPA!取材班>

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ