橋本環奈のほほ笑みに胸キュン! 佐藤大樹の真剣な表情にも注目の『小説の神様』あらすじ動画解禁

クランクイン!

 EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と女優の橋本環奈がダブル主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』より、<3分でわかる!あらすじ動画>が公開された。佐藤演じる一也の真剣な表情や橋本演じる詩凪の無邪気な笑顔が映し出されるほか、“伶”による挿⼊歌「こんな世界にしたのは誰だ」の歌唱⾳源も初解禁されている。

作家・相沢沙呼による人気小説「⼩説の神様」(講談社タイガレーベル刊)を映画化する本作は、ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)の何もかもが真逆の2人が、“一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める青春ストーリー。監督は『HiGH&LOW』シリーズなどの久保茂昭。

中学生で作家デビューしたものの、作品は酷評され、自分を見失い思い悩む高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者で、ドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。そんな、性格、クラスでの立ち位置、売り上げ、すべてが真逆の2人に編集者から下されたミッションは、2人で協力し1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

公開されたあらすじ動画では、11⼈組ダンス&ボーカルグループ・E‐girlsの鷲尾伶菜のソロプロジェクト“伶”による挿⼊歌「こんな世界にしたのは誰だ」の歌唱⾳源を初解禁。ポップな応援ソングの主題歌「Call Me Sick」とはまた異なり、揺れ動く葛藤や不安、あふれ出す思いを感情たっぷりに歌い上げた曲になっている。

また、詩凪のドSなせりふ&スネキックシーンや無邪気に⼀也を褒める笑顔など、胸キュン必⾄のシーンや、⼀也が詩凪への思いを打ち明ける真剣な表情、さらに⼀也と詩凪が所属する⽂芸部の部⻑で、⼀也の良き理解者である九ノ⾥正樹(佐藤流司)が⼀也に熱く語りかける名シーン、⽂芸部の後輩・成瀬秋乃(杏花)が憧れの作家の⼀也に初めて話しかけるシーンなどもあり、⾒応え⼗分の動画となっている。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、10月2日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ