ミラクルひかる、YouTubeが最高に毒々しい!「工藤静香のモーニングルーティン」に期待も

wezzy




ミラクルひかるのYouTubeチャンネルが、チャンネル登録者10万人を突破し、銀の盾を獲得した。ミラクルひかるといえば、実力派のものまねタレントでありながら、誇張の面白さで定評がある。そのモノマネは、まるでカリカチュア(モデルの雰囲気を激しく誇張する作画方法)のようだ。

その強烈な芸風ゆえに、視聴者は大爆笑だが、ものまねされた本人から強烈なイヤミを言われることもあるらしい。高橋真麻がまだフジテレビのアナウンサーだった頃。鼻をセロハンテープで引き上げて彼女の誇張ものまねをしていたミラクルは、真麻と偶然バッタリ出くわした際、「私みたいな会社員のものまねをしていただいて、ありがとうございます」とイヤミたっぷりに感謝を述べられたそうだ。

しかし、その激しい誇張こそ、視聴者がミラクルひかるに求めているもの。天才・ミラクルひかるは当然それを熟知している。様々な“気遣い”が必要なテレビでは時にセーブせざるを得ない力を(あるいはカットされる)、YouTubeチャンネルでは100%、いやリミッターを外して200%発揮し、暴れ回っている。

たとえば、『【妄想ものまね】長谷川京子さんのYouTube収録はきっとこんな感じ【ミラクルひかる】』。これは長谷川京子がYouTubeチャンネルを開設して最初にあげた動画『【自宅キッチン初公開!】長谷川京子、YouTubeはじめました。』をモチーフに、「長谷川京子の撮影の裏側はきっとこんなふうだったんだろう」とミラクルひかるが想像したネタだ。

長谷川京子は頭にターバンを巻き、セクシーな黒のキャミソール姿で谷間を強調していることが話題になったのだが、ミラクルはそれもとことんネタに落とし込んだ。はじめはメガネ姿に普通の服装で撮っていたが、「違うな……」と何度もリテイクを繰り返し、髪をアップにしたり、メガネを外したり、「脱いじゃおうか……?」と上着を脱いだりと、ハセキョーが自分をよく見せようと試行錯誤するシーンを(妄想で)コミカルに演じる。最終的に、後ろにかけてあったスカーフをひっつかんで頭に巻き、カメラを回すと「今日はメカジキのレモンバターソースがけを作ります」と微笑むのだ。

この動画が公開されると、「どっちがモノマネか分からなくなりました」と、ミラクルに称賛の嵐。その後も、『【ミラクルひかる】自宅の藤原紀香さんはきっとこんな感じ【妄想ものまね】』では美圧バンテージを自宅で愛用する藤原紀香を悪意たっぷりに演じるなど、毒っ気たっぷりなモノマネを披露し続けた結果、チャンネル登録者数は16万人を突破。今もコンスタントに伸び続けている。

ミラクルひかるの十八番といえば工藤静香(最近では、みかんと一緒に娘たちのものまねもやっている)。コメント欄ではファンが「工藤静香のモーニングルーティンも見たい」と熱望している。きっとそのうち、満を持して『【ミラクルひかる】自宅の工藤静香さんはきっとこんな感じ【妄想ものまね】』なんて動画をアップしてくれるのではないか。期待せずにはいられない。

ものまね好きなら録画予約してあるはずだが、9月19日放送の土曜プレミアム『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)では、「昭和アイドル対決」で、昨年の『ものまね王座決定戦』のファイナリスト・ファーストサマーウイカと最強タッグを結成するミラクルひかる。挑戦するものまねはピンク・レディー。対する友近は、南野陽子のものまねに初挑戦するという。視聴者の「毒強めでお願いします」という声に応えて、かなりどぎついピンクレディが登場するに違いない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ