キスマイ二階堂、彼女のために不動産契約も若槻「ガチでヤベェ」

※画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 

9月17日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、Kis-My-Ft2が『1週間ケンカ中の彼女と仲直り』という難題に挑戦し、二階堂高嗣がガチで対応したにも関わらず若槻千夏に同情される事態となった。

 

二階堂高嗣は「ガチでヤベェの?」

『1週間ケンカ中の彼女と仲直り』というテーマに挑戦したキスマイ。これに北山宏光は「ごめん」と書いたTシャツを着て間接的に謝る作戦で挑み、料理上手の横尾渉はお手製のオムライスにケチャップで「ごめん」と書いて謝る方法で高評価を得た。

 

そんな中、驚くことに二階堂は引越センターのダンボールを山積みした状態で家の鍵と置手紙を残して姿をくらませるという作戦に出る。まさか1週間のケンカで出ていくのか?と思いきや、テーブルに残されていた手紙には「マイコへ。1年前からマイコと次の新しい家を内見してたよね。俺はマイコとずっと2人でいたい。だからマイコが気に入っていた家を契約したよ。もしマイコが良ければ今そこにある鍵を持って来てください」と未来に向けたメッセージが残されていた。そして彼女が家を飛び出した瞬間、マイコが出てくるのを予測したように「マイコ!行こうか」とキザに声をかけた。

 

この対応に一般女性は「自分勝手すぎ」と酷評。しかし審査員の生見愛瑠は「何が起こるんだろうというサプライズ感と、あそこ(玄関先で)待ってるのが少女漫画みたいな感じで(トキめいた)」と高評価。さらに面倒な不動産契約を結んでくれたことも逆に嬉しいという。

 

しかし若槻千夏は「私サプライズとかユーモアは好きなんですけど、これちょっとユーモアがすぎるんですよ。順番があるだろ?っていう。やっぱ仲直りしてからだったら(嬉しくて)『え!』ってなるんだけど」と現実的。

 

これに二階堂は「ユーモアのつもりでは入れてないんですけど」とマジ。そんな純な二階堂に若槻は「ユーモアじゃないんだ、そもそも」と驚き、二階堂が「うん。ガチ」と答えると、「ガチでヤベェの?」と困った表情で二階堂を見つめていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ