宇垣美里が女性におすすめ“アガる映画”4選「私も戦わねば!ってなります」

女子SPA!

 今年の夏はコロナのせいで旅行もできなかったし、ちょっとつまらなかったなって思っていませんか?

2019年3月にTBSを退社し、フリーアナウンサーとして活躍する宇垣美里さんも、「旅行の予定がなくなっちゃいました」と話します。

そこで、“オタク心”と“深い映画愛”をあわせ持つ宇垣さんに、気分が落ち込んだり、へこんだりしたときに観ると、元気が湧いてくるおすすめ映画を教えてもらいました。9月の連休中にでもぜひ!

◆『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

●作品あらすじ:資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。恐怖と暴力で民衆を支配するイモータン・ジョーの元から、“子産み女”として監禁されていた5人の妻たちを救い出し、逃亡をはかる女騎士フュリオサ。

そこに同じく逃走中のマックスも加わり、フュリオサの故郷「緑の地」を目指す。はたして、怒り狂うジョーの容赦なき追走から逃れることはできるのか――?! (今年9月12日に、地上波で初放送された)

公開:2015年6月

監督:ジョージ・ミラー

「もうあの音楽を聞いたり、造形を観てるだけで、ブチ上がれると思います。フュリオサや、鉄馬の女と呼ばれるおばあちゃんたちが戦う姿を観てると、『頑張らなきゃ! 私も戦わねば!』という気持ちになります。

なので、『何をやってもどうせ……』みたいな、気分が沈んでしまったときに観て、『よし、戦おっか』って活を入れています。月に2回くらいは観てるかな。もう何度も観てるのでサントラみたいな感じで流して、はいここ、っていうとこだけ集中して観たりします」(コメントは宇垣美里さん、以下同)

お気に入りのシーンはありますか?

「フュリオサがマックスの肩を借りて、銃を打つシーンがあるのですが、ここは初めて2人が心を通じ合わせたシーンなのではずせないです!」

◆何回観ても泣いてしまうシーン

「あと、ニュークスという男の子が、物語を通してだんだん成長していく姿が好きです。ジョーの手下で、“死ぬことこそ最高”って洗脳されてる子なんですけど。仲間になって旅路を共にするうちに、自分の本当の望みに気づいていく。何かを経験することによって、人はこんなにも成長できるっていうことを教えてくれるキャラクターです」

ニュークスのセリフも印象的ですよね。

「劇中で3回、毎回命の危険のときに『俺を見ろ!』と言うのですが、その言葉の重みも、一番最後に言うときは全然違うんですよ。ここぞという見せ場があって。何回観ても泣きますね……

でも、物語の大筋は荒野を行って帰ってくるだけで(笑)“偏差値5”みたいに観ることもできるし、深読みしようと思えば、いくらでもできる楽しさもあると思います」

◆『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

●作品あらすじ:ガリ勉女子高生コンビのエイミーと親友モリーは、高校生活のすべてを勉強についやし、輝かしい進路を勝ち取った。

ところが、チャラチャラ遊んでばかりいた同級生たちも、ハイレベルな進路を歩むことを知り驚愕。ふたりは失った4年間を取り戻すべく、卒業パーティに乗りこむことを決意する。

公開:2020年8月

監督:オリヴィア・ワイルド

「2人の友情関係がとにかく素晴らしいです。あぁ、こういう親友がいるだけでどれほど人生は豊かになるだろうって。めっちゃアガります! 謎のダンスを踊って、ふたりでキャッキャ笑ったりしてるんですよ。

『私なんてどうせ』と卑下するモリーに、エイミーがすぐさまビンタして、『私の親友の悪口は許さない』って怒るんですけど。心の底から好きなのがバシバシ伝わってきて、『最高じゃん!』と思いながら観てました」

「この先、それぞれまた違う親友を手に入れるかもしれないけれど、まだ固い蕾である時代に、狭い世界を共にした人って、一生心にあり続けるんだろうなぁって思いました。私も、あの頃の友達に会いたくなりました」

◆『ヘアスプレー』

●作品あらすじ:ダンスとおしゃれが大好きな、ぽっちゃり女子高生のトレイシーは、地元の人気ダンス番組「コーニー・コリンズ・ショー」の大ファン。ある日、新メンバー募集のオーデイションが開催されることを知り、母親の反対を押し切って、参加するけれど――。

公開:2007年10月

監督:アダム・シャンクマン

「大好きなミュージカル映画です。スターを夢見るふくよかな体型の女の子が、お母さんにも周りの子にも『そんなに太ってたらムリでしょ』って言われるけど、『私はスターなりたい!』と未来を切り拓いていく姿に勇気づけられます。

他人の目なんて気にせず、『べつに、キュートじゃない?』って感じが、とても気持ちがいいです。“私なんて”という考え方って、なんてバカバカしいんだろう。言い訳してるだけだよね結局、って思いました」

舞台は、1960年代のアメリカ合衆国・ボルチモア。まだ人種差別が色濃く残っていた時代です。

「黒人の友達ができて、パーティーで踊ろうって誘うけど、一緒には踊れないと。肌の色で踊るスペースが区切られているような時代なんですよね。ダンス番組にも、月に1回、ブラック・デーという黒人のみの出演日があって、その日しか踊ることを許されてなかったんです。ところがそれすら廃止になってしまって。すると彼女は『あたしたちと一緒に踊ればいいじゃない!』って、これまた未来を切り拓いていく姿に元気がでます」

◆『お嬢さん』

●作品あらすじ:令嬢・秀子の莫大な財産を狙う、詐欺師・藤原伯爵は、詐欺グループに育てられた少女スッキを雇い、メイドの珠子として屋敷へ送り込む。支配的な叔父の上月と暮らしている秀子は、新しく来たメイドの珠子に心を開き、珠子もまた秀子に惹かれていく。やがてお互いに身も心も許すようになっていくが……ストーリーは驚愕の結末へと向かう。

公開:2016年8月

監督:パク・チャヌク

「完全に搾取される側だった、独りぼっちの令嬢と、彼女を騙すために近づいた侍女が、どんどん2人だけの関係を深めていくんですけど。頭を使って、自分たちを虐げてきた男たちの裏をかき、活路を開いていく様がすごく爽快です。

三部構成になっていて、一章で『そんな酷いことが?!』というような目を背けたくなるシーンがあるのですが、どんどん観続けていくと、『ザッマーミロ!』ってなると思います。R18+映画なので、官能的な描写もありますが、それも含めて彼女たち2人の関係。それに美しいですしね。

全体的に雰囲気が湿っぽく、抑圧された部分がたくさんあるからこそ、最後彼女たちが自由を手にしたときの開放感がたまりません」

<文/宇垣美里 取材/女子SPA!編集部>

【宇垣美里】

’91年、兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、’14年にTBSに入社しアナウンサーとして活躍。’19年3月に退社した後はオスカープロモーションに所属し、モデル・女優業や執筆業などに幅広く挑戦している。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ