「JAM Project」初のドキュメンタリー映画2021年公開 SP映像&ティザービジュアル解禁

クランクイン!

 実力派アニソンシンガーのユニット「JAM Project」に密着した初のドキュメンタリー映画『JAM Project the MOVIE(仮)』が、2021年に全国公開されることが決定。併せてティザービジュアルとスペシャル映像が解禁された。

2000年に結成され、現在は影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名で構成する「JAM Project」。本作は2019年の結成記念LIVEより約15ヵ月にわたり長期密着したが、新型コロナウイルスの影響により、予定されていたLIVEツアーは次々と中止に。そんな“現在(いま)”だからこそ浮かび上がる彼らの真実のメッセージ、ファンも知り得なかった各メンバーの生き様、圧倒的なライブパフォーマンスなど、ありのままのJAM Projectの姿を映し出した、現在進行形のリアルドキュメンタリーとなっている。

ティザービジュアルは、JAM Projectの熱いライブを表現したようなロゴと、メンバー5人がステージに並び、これからの熱狂的なライブの始まりを感じさせる印象的なデザイン。

公式サイトで公開されたスペシャル映像は、ライブシーンや、JAM Projectにゆかりのあるアーティストが多数参加した20周年記念アルバム制作現場、レコ―ディングのシーンなどが切り取られた約30秒の映像となっている。

メンバーの影山は、コロナ禍が全てを一瞬で変えたとし、「この俺たちのドキュメンタリー映画も中止になるのかと思われました。でも、撮影スタッフらは言いました。このコロナ禍も含めて2020年、20周年を迎えたJAM Projectの真のドキュメンタリーだと。嘘偽りない等身大の俺たちの姿をぜひ見てやってください」とのコメントを寄せた。

「『えっ!? 俺達のドキュメンタリー映画?? マジで??? ウソだろう…』って言うのが俺の最初の正直な気持ち」と語るのは遠藤。「監督さんやスタッフさん達が、一生懸命喰らい付いて切り取ってくれた、現在進行形の俺達を観て欲しいなぁ」と話す。

きただには「メンバー達の素顔やアーティストとしてのリアルな部分、熱いライブ映像はもちろん人生の舞台裏などなど…見どころ満載でお送りします」としている。

奥井は「産み落とした楽曲たちと共に大切な作品。今までに無い大きな『生きた証』を遺す機会を頂き本当に感謝しています」と感謝の気持ちを伝えた。

福山は「まさかツアー1本もできずに、こんな時代の真っ只中で発表することになるとは。でもだからこそ他とは違ったものビデオの終わりに入ってるメイキングとは違う、特別な作品になるんじゃないかな」と語った。

映画『JAM Project the MOVIE(仮)』は、2021年全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ