iOS14の新機能「App Library」が、iPhoneのアプリ管理を楽にしてくれました!


ありがたいことにiOS 14では、iPhoneにインストールした不要なアプリをすべて管理できるようになります。

私は本当に、パソコンのデスクトップでアプリを分類するのと同じくらい簡単に、ボタンひとつでホーム画面のアプリをアルファベット順(もしくは使用頻度順や、インストールした日付順)に分類できたらいいのにと思っていました。

残念ながら、そうはいきませんでしたが、iOS 14には次善策があります。

iOS14の新機能「App Library」


以前も紹介したように、iOS 14にアップグレードすると、ホーム画面の端に新機能の「App Library」が追加され、左にスワイプするだけで出てきます。最初は少し怖くなるかもしれませんが、デザインは秀逸です。
App Library

ご覧のように、「App Library」では整理整頓に関しては何もしなくて済みます。iPhoneのすべてのアプリが、Appleが最適だと思うカテゴリーで、すでに分類されているのです。

「App Library」の上部にある、「提案」や「最近追加した項目」などの新しいカテゴリーには、iPhoneがあなたが使いそう、必要そうだと思うアプリや、最近インストールしたアプリを選んで集めています(新しいアプリがどこにあるのかページをスワイプして探すのが嫌いな私には、この機能は大歓迎です)。

しかも、それだけではありません。

「App Library」はアプリを整理するのに優れているだけでなく、iOS 14では無数のアプリでホーム画面が埋め尽くされることがありません。アプリを隠すにはいくつか方法があります。

見たくないアプリはすべて「App Library」に放り込む


新しい「App Library」の便利な機能が、どんなアプリでもそこに放り込めばいいというもの。

アプリを選んで長押しし、「App Library」にスワイプオーバーして、指を離しましょう。これまであったページからアプリが消えますが、デバイスにはまだインストールされています。

「App Library」のアイコンから、もしくは使いたいアプリの名前をSpotlightで検索する、というやり方で開くことができます。
アプリを移動させているところ

しかし、私と同じように大量のアプリを持っている人は、このように見たくないアプリをひとつずつ片付けているときりがありません。

ですから、これと別のやり方を組み合わせていきましょう。見たくないアプリを選んだら、指で長押ししながら、別の見たくないアプリを他の指でタップして、アプリをひとつに集めてまとめていきます。

見たくないアプリすべてがまとまったものを、指で長押ししたまま「App Library」にドラッグして指を離します。これで、ごちゃごちゃしたページが5分ほどで片付きます。

もちろん、「App Library」のアプリはいつでもホーム画面に戻すことができます。iPhoneでアプリを移動させるのと同じように、「App Library」からアプリをドラッグ&ドロップするだけです。

またアプリのフォルダを長押しして、「フォルダの削除」を選んで「App Library」に送ることもできます。

同じように、アプリ単体を長押しして「アプリの削除」を選んでも、ドラッグ&ドロップをせずに「App Library」に送ることができます。

ダウンロードした新しいアプリを「App Library」に入れる


設定 > ホーム画面」を開くと、以下のような新しいオプションが表示されます。
ホーム画面の設定

「App Libraryのみ」を選ぶと、ダウンロードしたものはすべてデバイスに入りますが、ホーム画面のページには表示されません。

ホーム画面に必要なアプリとウィジェットだけを配置している人は特に、ダウンロードしたアプリのせいでごちゃごちゃするのを防ぐために、この設定が必要になるでしょう。

また、この設定画面で、「App Library」内のアプリの通知バッジを有効にすることもできます。おそらく混乱しないようにするために、デフォルトでは無効になっています。

ホーム画面のページを隠す


iPhoneを整理整頓する別の方法として、ただホーム画面を隠すというのもあります。

デバイスに入っているアプリは表示されますし、いつでもページを再表示させることもできます。ただ、アプリが詰まったページを見ないようにするだけです。
ページコントロールの部分

最初に、どのページでもいいので(空いているところでも、アプリの上でも)長押しをして、アプリを移動したり削除したりする時のように、アプリがグラグラと揺れる状態にします。

それから、画面下のページコントロールをタップします。
ページの編集画面

すると、画面が拡大されたようになり、アクティブなページすべてを表示します。

各ページの下にあるチェックマークをタップすると、そのページを隠すことができます。ただし、すべてのページを隠すことはできません。デバイスには少なくとも1ページは必要です。でなければ、何も表示されなくなります。

ページに関して言えば、もうひとつおもしろい裏技があります。

iOSのページコントロールを長押しして、指を左右にスライドさせると、“ソニック・ザ・ヘッジホッグ”みたいに高速でページをスクロールできます。スワイプも十分速いですが、それよりも比べものにならないほど速いです。

あわせて読みたい

Image: Lifehacker US

David Murphy - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ