山本涼介&佐伯亮、視点を変えた2チーム制で上演中!『クイーンズ・スケッチ』公演レポート

エンタステージ


015384.jpg

7BOX『クイーンズ・スケッチ』が2020年9月16日(水)に東京CBGKシブゲキ!!にて開幕した。本作は完全オリジナルストーリーで1公演45分とし、主となる「Upright」と、違った目線の「Reverse」の二つの公演を回変わりで上演。脚本は横大路伸、演出はヨーロッパ企画の大歳倫弘が手掛け、「役者」「映像」「音」の3つの要素を楽しむ、新感覚のアトラクション演劇に仕立てた。

015384_2.jpg

Wキャストで主演のボウイ役を務めるのは、山本涼介(Upright)と佐伯亮(Reverse)。ヒロイン・モンロー役は華村あすか(Upright)と田野優花(Reverse)、ビンテージ役は須藤茉麻(Upright)と岩井七世(Reverse)、ジェイ役は樋口裕太(Upright)と田中理来(Reverse)、アジタート役は倉島颯良(Upright)と酒井萌衣(Reverse)、ハンプティ役は大村学(Upright)と木ノ本嶺浩(Reverse)がそれぞれWキャストで出演。そして、管理人役として小泉萌香が声で参加している。

015384_4.jpg

開幕にあたり、「Upright」チームの山本は、「まずはここまで誰も欠けることなく無事に初日を迎えることができて嬉しく思います。千秋楽が終わるまで気を抜かず、みんなで楽しんでお芝居をしたいと思います!そして観劇してくださるお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。こういうご時世なので外に出るのも少し億劫な気持ちになると思いますが、そんな中でも劇場に足を運んでくださって、笑ってくれる。本当に有難いことですし、すごく僕たちの力になります。大変な時期がまだ続くと思いますがこの作品を観て、何も考えずに笑って少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメント。

015384_3.jpg

「Reverse」チームの佐伯亮も「明日には何が起こるか分からない毎日で、ここまで怒涛の連続でした。今こうして無事幕を開けることが出来るのは、親身になってケアをしてくださったスタッフさん、共に良き作品になるよう精進してきた演出・大歳さんをはじめ共演者の方々がいたからです。そして観に来てくださる皆様がいてこそ初めて"演劇"は成り立つもの。
すべての人に支えられてこうして板の上に立つことが出来ます。感謝の気持ちを忘れずに今しか出来ない演劇を皆様にお届けします。この時間だけはすべてのことを忘れて楽しんで欲しい。皆様の人生の中で少しでも記録に残りますように。よろしくお願いします!!」と言葉を寄せた。

015384_11.jpg

7BOX『クイーンズ・スケッチ』は、9月23日(水)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演。また、9月24日(木)には2公演を観劇三昧にて生配信し、その模様をDVDとして販売することも決定している。

【観劇三昧】
9月24日(木)13:00生配信公演(アーカイブ視聴あり)
購入URL:https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/66
9月24日(木)16:00生配信公演(アーカイブ視聴あり)
購入URL:https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/67

【DVD販売受付】
https://kan-geki.com/store/products/detail.php?product_id=3373
※予約特典:2L判プロマイド

【公式サイト】https://www.7box-stage.com/queens-sketch
オフィシャルTwitter:@7box_stage

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ