本当に復縁しますか?復縁のリスクを考える

ハウコレ



彼との失恋はとても悲しいこと。なかなか乗り越えられずに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。そして、その中には彼との復縁を望んでいる女性もいるかも知れません。しかしある程度の覚悟がなければ復縁はなかなかできず、復縁したとしてもまた別れを繰り返してしまうこともあります。そこでここでは復縁のリスクをご紹介します。それでも本当に復縁したいか自問自答してみましょう。

■リスクがあっても復縁しますか?
カップルが破局するにはそれぞれの原因があり、どちらが強く別れを望んだかなどいろいろです。もちろんどちらも復縁を望んでいれば特に問題はありませんが、もし女性側が一方的に復縁を望んでいる場合は、いろいろなリスクを考えることも必要となります。例えば男性が別れの原因の不快感が強い場合は、その思い出がクリアするまでの時間が必要です。男性によって半年、1年、2年、3年、5年など、長期間のスパンで考えなければならない場合も。 その上、それだけの長期間待っていても必ず復縁できるという保証はありません。このように大切な時間を無駄にするリスクがあることも知っておきましょう。適齢期の女性にとっての1年はとても貴重ではないでしょうか。他にも例えば男性側に問題があった場合、復縁できてもまた同じようなトラブルが起こるというリスクもあり、お互いに同じ性格のままであれば同じことの繰り返しになります。そのため復縁したい女性は自分を変えることや相手を許すことができなければ復縁してもまた別れることになります。

■あの時に戻りたいと思っていませんか?
あなたは「あの時の一言さえなければ」「あんな態度さえをとらなければ」「もっと我慢さえすれば」など別れの原因になったことを二度と繰り返すものかと思っていませんか。しかし、それでは単にあの時に戻りたいだけかも知れません。別れの原因はたったそれだけのことではないはず。いろいろな行き違いがあったからこそ別れに至ってしまったのです。 復縁したいと思っている女性の多くは楽しかったとき、幸せだったときを思い出して戻りたいと思っているとも言われています。しかし、あの時のままでは復縁は難しいと考えましょう。

■姿を消すことができますか?
復縁するためにはまず彼の頭からあなたを一度消すことが必要です。連絡を取らないだけでなく、SNSの更新をストップしたり、共通の知人がいればその人とも距離を置きます。彼と会いそうなところに行かないなど、彼の頭からあなたを一切消すことができるでしょうか。復縁を成功させるならまず姿を一切消すことが必要です。

■干渉できなくても我慢できますか?
別れている間はもちろん彼の行動を干渉することはできません。彼はもうフリーなので誰と付き合ってもいいし、結婚しても問題ないのです。それでもあなたは耐えられますか。復縁ということは単に彼と復縁するだけでなく、別れている期間何も干渉できないということなのです。

■彼しかないと思っていませんか
自分が愛せる人は別れた彼しかいないと思っていませんか。復縁したいと思っている女性の多くは彼しかないないと思い込んでいます。しかしもしかしたら、それは彼に対する未練がそのように錯覚させている可能性があるのです。そこでまず一度他の男性と付き合ってみませんか。それによってだんだん彼に執着する必要がないと思うようになるかも知れません。復縁に時間のロスや確実性がないというリスクがあることは人生の中でとても大きいことです。是非しっかりと復縁のリスクも考えた上で、次の恋愛へ進むことも考えてみましょう。

■まとめ
復縁はとても時間と努力がかかる場合があります。もちろんお互いが同じように復縁を求めている場合は思ったより簡単に復縁できることもありますが、本当に心が離れてしまった場合は長期間の計画を立てることも必要になるのです。それでも貴重な時間を掛けて復縁を希望しますか?しっかり自問自答してみましょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ