あなたの体の硬さはどのレベル?“超硬い体”むけの30秒ストレッチ

女子SPA!

「僕自身がもともと、めちゃくちゃ体がかたかった」と語るのは、『オガトレの 超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチ』の著者でストレッチ系YouTuberのオガトレ氏。理学療法士でもあるオガトレ氏は、巷にあふれるストレッチ情報に「本当に体が硬い人にはできないんじゃないかな」という疑問を抱いていたとか。確かに、体が硬いから無理! と最初からあきらめる人が続出しそうですよね。

本書に載っているのは、体の硬さに合わせて手軽にできるストレッチ。股関節、肩甲骨、足関節と部位ごとに硬さがわかるレベルチェック付きなのです。これなら挫折せずに挑戦できますよね。

◆あなたの硬さはどのレベル?

本書では4つの姿勢で硬さCHECKを行っていますが、皆さんが一番知りたいであろう「開脚で股関節の硬さをチェック!」を取り上げましょう。

☆開脚で股関節の硬さをチェック!

※ひざはしっかり伸ばしておく

※後ろに倒れない範囲で開脚する

1 床に座る

2 長座になり、そこからすこしずつ開脚していく

<判定>

※片方の足を基準にして、もう片方の足を見た時に真横になければ90度未満と考えてください

※テディベアのような座り方が60度の基準と考えてください

超硬い …… 90度~120度未満

超超硬い …… 60度~90度未満

超超超硬い …… 0度~60度未満

いかがでしたか。ちなみに開脚ができるメリットとしては、「腰痛やひざ痛の予防・下半身のむくみ予防・便秘予防」があげられます。「理想は開脚120度以上」ですが、私はなんとか120度かな、というレベル。しかしピキピキと股関節が悲鳴を上げていたので、体のやわらかさを目指すにはストレッチの継続が必須となりそうです。

◆体が硬いと何がいけないの?

ところで、体が硬いと何がいけないのでしょうか。理由がわかればストレッチにも気合が入るというもの。同署によると、体が硬いことのデメリットはーー。

・姿勢が悪くなる

姿勢が悪いと日常生活でも疲れやすくなる。

・体の痛みが増える

腰痛の80%は、筋筋膜性腰痛といって筋肉がしっかり動かないことによるもの。

・太りやすくなる

体が硬いままでいるとエネルギー消費量が減り、徐々に痩せにくい体質になる。

代表的な問題を3つ、本書から抜粋しました。体が柔らかくなることで体の可動域が増え、自然と運動量が増えるのなら、こんなにいいことはありません。

本書の股関節にアプローチするストレッチから、2種類ご紹介します。簡単な上に、とても気持ちがいいのです。

◆超硬い人向け「腸腰筋ストレッチ」

1 左ひざをついて、右足は前に踏み出します。楽なところよりもすこし遠めに出しましょう。

2 両手を右ひざの上に乗せ、胸を張りながら前に体重をかけていきます。痛気持ちいいところでストップ! 30秒キープしましょう。反対の足も同様に。

※30秒×3セット

なんとなく凛々しくなったようなポーズで、心も前向きになり、体全体もシャキッとします。朝一番に、何度でもやりたくなるストレッチです。

◆超超硬い人向け「大殿筋ストレッチ」

1 よつんばいになってから、右足を前に出しましょう。ふくらはぎを横に出します。

2 両ひじを床について、大勢を低くしましょう。痛気持ちいいところでストップ! 30秒キープしましょう。反対の足も同様に。

※30秒×3セット

一見キツく見えますが、お尻がギューッと伸びていくのが心地いいのです。体にいいことしている感が味わえて、個人的にもオススメしたいストレッチ。使っているようで使われていないお尻の筋肉。お尻を柔軟にすることで体が軽くなり、歩きやすくなる気がします。

さて、私が感心したのはストレッチだけではありません。本書の形態もまさにストレッチ、ペタッと完璧に見開きにできるのです。つまり、本書を横に置き、確認しながらストレッチできるのです。ストレッチ動画のQRコードもついています。肝心のストレッチも、ほぼすべてがワンツーフィニッシュ。

私も「特技は180度開脚」と豪語できるよう、がんばろうと思いました。

―小説家・森美樹のブックレビュー―

<文/森美樹>

【森美樹】

1970年生まれ。少女小説を7冊刊行したのち休筆。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。Twitter:@morimikixxx

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ