紗栄子、イギリスから栃木に移住。地方移住した芸能人5選、元モー娘が「福岡の女帝」に…

女子SPA!

 新型コロナの影響でテレワークが進むなか、地方移住への関心が高まっています。満員電車に疲れた、都心は災害リスクが高いなど様々な理由があれど、これを機に「理想のワークライフバランス」を模索している人が増えたことは間違いありません。

その波は芸能界にも波及中。都会から離れた場所で新生活をエンジョイしている芸能人を紹介していきましょう。

◆紗栄子(モデル):ロンドン⇒那須

モデルでタレントの紗栄子(33)は、今夏から栃木県大田原市で新生活をスタートしています。なぜかと言うと、東京ドーム11個分もある観光牧場のオーナーになったから。9月3日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で明かされました。

息子がロンドンの学校に進学するのに合わせて2017年9月から同地を拠点にするも、コロナの流行で帰国。今年8月に「Think FUTURE」という会社の社長に就任していた紗栄子が次なる一手として挑戦したのが、那須の観光牧場ビジネスだったというわけです。

「もともとお馬さんが好きで。(牧場の経営母体が変わることになり)雇用やお馬さんの行く末がわからないという話を聞いて、居ても立っても居られなくなった」。19頭の馬と従業員のために、商品開発などにも着手。社長自ら馬車馬のように働いていますが、大好きな牧場を守ると決意したその表情は生き生きとしています。

番組放送後、紗栄子のインスタには「今まで大嫌いだったけど一気に好きになった」「180度見方が変わった」といったコメントが寄せられました。その数700件以上。これまで平均30件ほどだったのが、この放送で20倍以上増えたことになります。

地元・宮崎から上京後、10代のころから芸能活動と並行して洋服の販売で利益を上げていた商才ある女性です。今回もやってくれるんでしょう。

◆中澤裕子(タレント):東京⇒福岡

「モーニング娘。」の初代リーダーでタレントの中澤裕子(47)。2012年4月に会社経営の男性と結婚、夫の仕事の都合で14年に福岡に移りました。

中澤は当初「東京を離れるのは絶対無理」と思っていたそう。なにせ芸能人、ド真ん中で輝いてこそなんぼです。仮に福岡で仕事を続けるとしてもツテも何もない。「そのままフェードアウトする可能性もかなり高いと思いました」と『女性自身』(18年11月3日掲載)で本音を吐露していました。

ところがどっこい。今や「福岡の女帝」として、テレビ4本ラジオ1本にレギュラー出演中。“必修”であるソフトバンクホークスについても慣れた様子でコメントしています。タレントの井森美幸が「我々の目標」と語るように、同業者からもうらやましがられている中澤。移住大成功です。

◆工藤夕貴(女優):アメリカ⇒静岡

ハリウッドに進出し、『ラッシュアワー3』『SAYURI』などにも出演した国際派女優・工藤夕貴(49)。

渡米から10年後、父である歌手・井沢八郎さん(代表曲「あゝ上野駅」)に食道がんが判明し、残された時間が少ないため後悔したくはないと帰国しました。その2年後の2007年1月17日に、井沢さんは他界。

現在は静岡県富士宮市に住んで自給自足を行い、経営するオーガニックカフェで提供するための野菜やお米を作り続けているそう。

出演したテレビ番組(2019年7月3日放送『今夜くらべてみました』日本テレビ系列)では、「アースするとかって聞いたことある?」から「私たちは土に触ってる瞬間、マイナスのエネルギーを土に戻してる」まで、科学的根拠のない話をして、放送後ネットがザワつきました。

◆竹内由恵(フリーアナウンサー):東京⇒静岡

昨年3月に一般男性と結婚し、同年末にテレビ朝日を退社したフリーアナウンサーの竹内由恵(34)。夫の仕事の都合で、昨秋から静岡で過ごしています。

東京育ちの竹内は、アラサーで初の地方暮らし。その心境を『デイリー新潮』(6月12日掲載)でこう語っています。

「テレビ朝日で働いていたころは、暇な時も何かしていないと不安だったのですが、今はそういう時間も家族と映画やテレビを観て楽しめるようになりました。気分が軽くなった気がします」

今年2月から大手芸能事務所に所属し、皮膚薬のCMに出演。メディア業はもちろんのこと、自身のインスタでイラスト付き日記を投稿し、新たな一面を見せています。「学生時代から漠然と海辺にカフェを開きたい」という夢もあり、コーヒー関連の資格を取る予定なんだとか。充実した生活のようです。

◆SHELLY(タレント):東京⇒千葉県郊外

最近の移住例と言えば、タレントのSHELLY(36)。“ゆったりライフ”に大満足していることを各メディアで語っています。

昨年11月の離婚前に、前夫と千葉県郊外の一軒家を購入。「トトロに出てくるような感じがすごく気に入った」と言います。今年4月の緊急事態宣言前に娘たちのスクール登園が自粛となり、引っ越しを決意しました。

「子どもたちもめちゃめちゃ楽しそうですし、毎日外でワーって遊べる」。8月23日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演し、笑顔でそう話すと、庭のプールで子どもたちが遊ぶ姿や家庭菜園を楽しむ様子を公開していました。ちなみにこの日は、姉一家が訪問中。家族や友人が遊びに来やすい立地もポイントのようです。

横浜で育ったSHELLY。田舎を満喫しているのは明らかで、番組では終始ニッコニコ顔。「すごい楽しい!」を連発していたのが印象的でした。ハッピーが止まらない。

何がきっかけになるかは人それぞれですが、ビビッときたときがタイミング。波に乗ればあとはなんとかなるもんなのかもしれません。

<文/女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ