都内のホテルで大人の“飲んだくれ合宿”を開催【星野リゾートOMO5東京大塚】

TABIZINE

なかなか遠出が難しい今年の夏休み。同年代の独身女子仲間たちと、自宅から電車で十数分の都内のホテルで飲んだくれ合宿をしてきました。今回、足を運んだのは、「星野リゾートOMO(おも)5東京大塚」(以下、「OMO5東京大塚」)。現在、合宿にぴったりの「夜通し居酒屋プラン」なんてご機嫌なプランを展開しているんです!
omo-entrance
(c)kelly
「夜通し居酒屋プラン」で久々のリアル飲み会
「OMO」のコンセプトは、「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。星野リゾートというと、「星のや」「界」などの印象が強いかもしれませんが、「OMO」は2018年にスタートした比較的新しいブランドで、現在、ここ大塚と北海道・旭川に展開中。

omo-れんへr
(c)星野リゾート OMO5東京大塚

「OMO」の特徴は、なんといってもご近所を知り尽くした「ご近所ガイドOMOレンジャー」(!)の存在。ご機嫌に旅をサポートしてくれます。たとえば、「散歩」「はしご酒」「大塚定番グルメ」といったテーマで案内してくれるのですが(現在は「散歩」コースのみ開催中)、費用(出動費)は2時間1,000円(飲食代などの実費は別)。頼らなきゃ損です(笑)。

そもそも、「OMO」は宿泊代もリーズナブルなんです。たとえば、今回、私たちが利用した「夜通し居酒屋プラン」は1泊4,837円~(4名1室利用時1名あたり)。1回の飲み代くらいでしょ?
一晩中、お酒が飲み放題!
「夜通し居酒屋プラン」はその名のとおり、ホテルの客室で居酒屋気分を楽しもうというプラン。宿泊代のほか、客室内にセットされた乾杯ビール、さらに、プラン利用者専用のバースペースでは、ワイン・焼酎・ウイスキー・日本酒などのお酒が一晩中飲み放題です。

今回は4人で利用。うち1人(4人の中の唯一の結婚経験者)は、子どもの学校が始まったばかりとのことで、夜のうちに帰宅しましたが、「OMO」が誇る「YAGURA Room」(後述します)で、しっぽり──、じゃないですね(笑)、わいわいと楽しい時間を過ごしました。

omo-toden2
(c)星野リゾート OMO5東京大塚

さて、「OMO5東京大塚」はJR山手線の大塚駅南口から徒歩約1~2分。13階建ての建物は、駅からもよく見えるので、迷うことはないと思います。それぞれの用事を済ませ、ホテルで待ち合わせ。気合いを入れてチェックイン前に到着していた友人の1人は、フロント前のラウンジで仕事をして待っていたそうです。それもあり!

omo-front
(c)kelly
「YAGURA Room」は合宿にぴったり!
チェックインは、自動チェックイン機を使って、人との接触なしで行えます。チェックアウトもこの機械にカードキーを入れるだけ。楽ちんです。
omo-room
(c)星野リゾート OMO5東京大塚

ステイする「YAGURA Room」は約19平方メートル。決して広くはありませんが、天井高があり、ロフトというか、屋根裏部屋のような場所に「やぐら寝台」を配しており、秘密基地で過ごすようなわくわく感があります。「寛ぐ場所」と「寝る場所」が別になっているので、居住性も抜群。

階下の寛ぎスペースは畳張り。上はヒノキ材を用いた寝室を配しており、宴会は下で、疲れたら、2階の「寝室」に避難すればいいというわけです。限られた空間を上手に利用する工夫も随所にあり、また、お風呂が独立しているのもうれしいポイントでした。
omo-room6
(c)kelly

あとで聞いたところ、「YAGURA Room」は、ホテルを立ち上げる際、都会のリーズナブルなホテルに対する不満や、あってほしいものなどの調査を実施し、その声を最大限に発展させて作った部屋なのだそうです。なるほど快適なはずです。

omo-room3
(c)kelly

この日、4人がそろったのは16時半頃だったでしょうか。まずはビールで乾杯です(プランには、1部屋につき、500mlの缶ビール、炭酸水各2本、ポッカレモン、冷水が含まれます)。貸し出してもらった、ビールサーバー(数量に制限あり。先着順)で入れる缶ビールのおいしいこと。あとでビールを買い足しに行かなくちゃ!
プラン専用のバースペースにときめく
omo-ばr
(c)星野リゾート OMO5東京大塚

軽く喉を潤したところで、客室フロアのエレベーターの前にある、プラン専用のバースペースを偵察に。ここにある飲み物は滞在中すべて飲み放題。焼酎、日本酒、リキュール、ウイスキー、ジン、ウォッカ、ラム、果実酒、ワインなど、常時12種。充実のラインナップです。ますますテンションが上がってきました。コレそれぞれが勝手に好きなものを好きなペースで飲めるのもいいですよね。

omo-bar2
(c)kelly

「私、最近、焼酎を無糖の紅茶で割るのにはまってるの!」との飲んだくれの友人の発言で、無糖紅茶の購入も決定。炭酸水も補充しておきましょうか(プランにも2本含まれています)。

客室への飲食物の持ち込みは自由、というわけで、おつまみはもちろんご近所で調達します。客室には、プラン専用の、出前やテイクアウトができるお店を集めたオリジナルメニューリストが用意されていました。

omo-food5
(c)kelly

また、ロビー階には、壁一面を使った「ご近所マップ」も掲げられています。スタッフによって日々更新されている「ご近所マップ」は、「テイクアウト可」「出前可」などの記載もあり、かなり使えます。全店制覇したいです(笑)。

omo-food2
(c)kelly

これだけでも十分な情報源ですが、おいしいものを食べたい気合い満々の私たちは、街の魅力を知り尽くしたOMOレンジャーに案内してもらうことにしました。この街歩きがまた楽しくて。普通に食べ(飲み?)歩きでの再訪を決意しました……。
大塚の“おいしいもの”たちを客室にテイクアウト
今回、食したものの一部をご紹介しましょう(OMOレンジャーに教えてもらったところばかりですけど!)。

omo-room4
(c)kelly

「日本酒商店YODARE(よだれ)」の刺し盛り(1,000円)は、リーズナブル、かつ美味。どれもこれも新鮮でした。そして、40年以上にわたって、この地でとんかつを揚げ続けている「三節」のミックスフライも最高です。今度また、とんかつや生姜焼きを食べに行かねば!「TITANS(タイタンズ)」は、世界のクラフトビールと宇都宮餃子が楽しめる店。こちらでは、自慢の宇都宮餃子をテイクアウトしました。また夜食には、ホテルのすぐそばの「ぼんご」のおにぎりがおすすめ。混み合っていることも多いので、事前に電話で予約注文しておくことをお勧めします。

omo-ぼんご
(c)星野リゾート OMO5東京大塚

部屋飲み、やっぱりいいですね。ウイルスのことはしばし忘れ、また、公共の場ではなかなかしづらい話もできちゃいます(笑)。そのぶんお酒は進みすぎちゃいましたが、まあ眠くなったら寝ればいいし(笑)。

omo-food3
(c)kelly

チェックイン時同様、翌朝も、それぞれの予定に合わせ、バラバラにチェックアウト。この適当さ加減もいい感じです。

このプランのほかにも、OMO5東京大塚では、年間を通してさまざまなユニークなプランを展開しています。ぜひチェックしてみてください。

omo-toden4
(c)kelly

omo-toden3
(c)kelly

そうそう、この日は特別に、ファミリーに人気の「都電Room」を見せてもらいました。都電をイメージしたデコレーションを施した部屋から、都電荒川線を見下ろせるご機嫌な客室です。オリジナルグッズの用意もあり、特に「鉄」ではない(はずの)私たちも、思わずテンションマックスです。大人同士で泊っても十分に盛り上がりそうですよ。
星野リゾート OMO5東京大塚
「夜通し居酒屋プラン」
予約可能期間:~2021年1月4日
宿泊場所:東京都豊島区北大塚2-26-1
電話:0570-073-022(星野リゾート予約センター)
料金:1泊4,837円~(4名1室利用時1名あたり、税・サービス料別、食事別)
プランに含まれるもの:部屋入れ飲み物セット(缶ビール500ml・炭酸水500ml×各2本、ポッカレモン、冷水/1部屋あたり)、おかわり自由なバー(焼酎、日本酒、リキュール、ウイスキー、ジン、ウォッカ 、ラム、果実酒、ワインなど常時12種)、部屋入れ居酒屋備品(グラス、お皿、カトラリー、出前&テイクアウトができるご近所さんオリジナルメニューリストなど)、客室専用ビールサーバー(先着順)
https://omo-hotels.com/otsuka/

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ