脈ナシ確定?「私のことは眼中にないんだな」と察した瞬間5つ




気になる彼にアプローチしたいけれど、「それすら迷惑になりそうだな……」と感じる瞬間ってありませんか? 当たって砕けるのもアリですが、ほかの恋に目を向けたほうが自分が傷付かずに済む場合もあります。
そこで今回は「『私のことは眼中にないんだな』と察した瞬間」についてリサーチしてみました。

目が合わない

「ふたりで食事しているのに、ずっとスマホをいじっていて目線が合わない。彼のことが気になっていたけれど、こりゃムリだなと諦めました」(30代/住宅)

▽ あなたが好きだからこそ、恥ずかしくて視線をそらしてしまうケースもありますが……。明らかに興味がなさそうで、いまにも彼のため息が聞こえそうだとショック!「眼中にないってこのことなんだな」と実感するのです。

ほかの子には「ちゃん」付けなのに…

「ほかの子には『○○ちゃん』と呼んでいるのに、私だけ『苗字+さん』だったから。無意識なんだろうけれど、だからこそ見えない壁を感じてショックだった」(20代/接客)

▽ もちろん呼びやすさや年齢もあるのでしょうが、自分だけ「さん付け」だと察するものがあります。親しみも感じないですし、むしろ距離を置かれているようで悲しくなります。彼に話しかけることすらためらってしまうかも。

歩幅を合わせてくれない

「ずっと片思いしていた彼にアプローチして、念願の初デートに! でもふたりで歩いているのにスタスタ行ってしまって、追いつくのに必死だった。『本当に私に興味ないんだな』と思った瞬間でした」(20代/受付)

▽ 男女で歩幅も違うもの。そのことは男性も理解しているでしょうが、相手を気にかけない時点で脈ナシを感じますよね。スタスタと歩く彼の背中を見ると、現実を突きつけられたようで切なくなります。

「誰か紹介してよ!」

「よく遊ぶ男友達から『誰か紹介してよ~』と言われたから。しかも『女子が多い職場なんでしょ?』とか『インスタに載せてたこの子かわいいじゃん!』などあまりにも具体的すぎた。私ってよっぽど異性として見られていないんだなと思いました」(30代/美容関係)

▽ 好きな人から紹介をお願いされたらグサッとくるもの。ダメ元で告白する勇気も出ないし、かといって女子を紹介する気にもなれません。心の中で泣いてしまいますよね。

カマをかけてみたら…



「友達以上恋人未満だと思っていた彼に、試しに『私たちが付き合ったらウケるよね』とカマをかけてみたんです。そしたら露骨にイヤそうな顔をされた。慌てて『冗談に決まっているじゃん!』と返したけれど、結構へこみました」(20代/学生)

▽ 脈の有無を確かめるために、あえてカマをかける人もいるはず。でも彼の反応があまりにも悪いと、思い切りフラれた気持ちになります。「これからも友達として接するしかないのかな」と切なくなるでしょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ