エーステ初のライブ公演開幕!『A3!』めぐる季節・・・春夏秋冬、バトンを繋いだ先にあるもの

エンタステージ


015367.jpg

2020年9月17日(木)に東京・東京ガーデンシアターにて、MANKAI STAGE『A3!』~Four Seasons LIVE 2020~が開幕した。本作は、ダウンロード数700万突破のイケメン役者育成ゲーム「A3!(エースリー)」を舞台化したMANKAI STAGE『A3!』(エーステ)初のライブ公演。これまで劇中に登場した春組・夏組・秋組・冬組、そしてそれにまつわるキャラクターが一堂に会し、作品を彩ってきた楽曲の数々を歌い上げる。



以下、各組を代表し、リーダーを演じる横田龍儀、陳内将、水江建太、荒牧慶彦のコメントを紹介。

015367_3.jpg

◆横田龍儀(春組:佐久間咲也 役)
エーステとしてのライブも各組のメンバーが全員揃うのも初めてなので、きっとカントクはとても楽しみにしてくださっていると思います。全員揃うことで、カントクによりエーステの魅力を感じてもらいたいです。季節はやっぱり春から始まるので、オープニングでは春組の登場からカントクをライブの世界に引き込みたいと思います。素敵なカンパニーみんなの力が合わさった Four Seasons LIVE 2020 公演、最後まで楽しみたいです!

015367_4.jpg

◆陳内将(夏組:皇天馬 役)
僕は何度も演劇に、仲間に、お客様に支えられていると実感しながら生きています。このライブの稽古も本当に心から楽しく、2年前のSPRING & SUMMER 2018公演から今日に至るまで、振り返ると様々な想いが溢れ出てきます。限られた公演数にはなりましたが、しっかりバトンを繋いでくれた冬組単独公演の仲間たち、スタッフさん、お客様には感謝しかありません。各組で四季のバトンを繋いだ先にあるのが、この Four Seasons LIVE 2020 公演です!どの組の、どの瞬間を切り取っても最高です!MANKAI カンパニーの劇団員じゃな いメンバーもみんな最高です!必ず、皆様の心に一生忘れられない素敵な思い出となる作品を届けます。全員で。これからも一緒にバトンを繋いで行きましょう!
最後に。今日は思いっきり楽しんでくれよな!監督!

015367_5.jpg

◆水江建太(秋組:摂津万里 役)
全組で出演ができるのは僕たち自身も楽しみですし、きっと皆さんも楽しみにしてくださっていると思うので、 MANKAI カンパニー最強ということをお見せしたいです! また、何があってもちゃんと 5 人で乗り越えられるというのが秋組の良さなので、個人的には秋組の絆の固さもし っかり見せたいと思っています。

015367_6.jpg

◆荒牧慶彦(冬組:月岡紬 役)
いよいよ Four Seasons LIVE 2020 の開幕です。 これまでのエーステの軌跡。 カントクと一緒に盛り上がって、楽しんでいきましょう。 MANKAI カンパニー勢揃いで豪華絢爛な特別なライブ! みんなの素敵な思い出になりますように。

015367_7.jpg

会場となる東京ガーデンシアターは、今年5月に東京の湾岸エリア「有明」に誕生した劇場型イベントホール。最大収容人数は約8,000人の大ホールは、客席フロアを4層とし、ステージ中央から約110度の視野角で扇状に配置された席はどこからでも見やすい構造になっている(ステージから最も離れた席でも距離は約54mとのこと)。視覚は、TOKYO DOME CITY HALLを丸めてぎゅっとしたイメージだ。

015367_8.jpg

015367_9.jpg

ライトアップされたステージに、流れる音楽に乗せて始まりの季節・・・春組の面々が登場する。続く夏組、秋組、冬組と、ステージングだけで各組の個性が舞台上に溢れ出る。前半では、各公演を振り返りながら、楽曲が歌われた場面を再現。ここまでエーステを観続けてきた方の脳裏には、当時の感動が走馬灯のように蘇るのではないだろうか。

また、公演前に実施した観劇キャスティングアンケート・スタッフの協議のもとに、劇中劇として行われた『ロミオとジュリアス』『Water me!~我らが水を求めて~』『なんて素敵にピカレスク』『天使を憐れむ歌。』を、LIVE 限定「旗揚げ公演観劇キャスティング」で上演する回替わり演出も予定されている。出演する劇団員の配役は当日発表されるので、お楽しみに。

春組旗揚げ公演『ロミオとジュリアス』は、三好一成(赤澤燈)・七尾太一(赤澤遼太郎)・月岡紬(荒牧慶彦)・高遠丞(北園涼)・雪白東(上田堪大)。
夏組旗揚げ公演『Water me!~我らが水を求めて~』は皆木綴(前川優希)・シトロン(古谷大和)・摂津万里(水江建太)・古市左京(藤田玲)・御影密(植田圭輔)。
秋組旗揚げ公演『なんて素敵にピカレスク』は碓氷真澄(牧島輝)・皇天馬(陳内将)・瑠璃川幸(宮崎湧)・斑鳩三角(本田礼生)・有栖川誉(田中涼星)。
冬組旗揚げ公演『天使を憐れむ歌。』は佐久間咲也(横田龍儀)・茅ヶ崎至(立石俊樹)・向坂椋(野口準)・兵頭十座(中村太郎)・伏見臣(稲垣成弥)。
※順不同

015367_10.jpg

後半では、印象的な劇中歌に意外なキャストが参加して、スケールアップして歌われるメドレーなどもあり、MANKAIカンパニーが勢揃いするこのライブ公演ならではの楽しさが詰まった、華やかなステージが繰り広げられる。

015367_2.jpg

MANKAI STAGE『A3!』~Four Seasons LIVE 2020~は、9月17日(木)から9月20日(日)まで東京・東京ガーデンシアターにて上演。上演時間は、約2時30分(休憩なし)を予定。なお、全公演のDMM.comライブ配信、ライブビューイング、千秋楽のテレビ放送が行われるほか、2021年4月7日(水)に本公演の模様を収録したBlu-ray&DVDの発売も決定した。

エーステが始動したのは、約2年前。すべての組が単独公演を行い、一回りも二回りも成長し、劇団員、そしてカントクと絆を深めてきた。これは一つの集大成であり、次の季節を迎えるための時間に違いない。ステージ上にも、客席にも、画面越しにも、たくさんの笑顔の花が咲く4日間になるだろう。









ライブビューイングは、9月17日(木)18:30公演、9月18日(金)18:30公演、9月 19日(土)18:00公演、9月20日(日)17:00公演で開催。
【ライブビューイング詳細】https://msa3-lv-theater.ponycanyon.co.jp/4seasonslive2020/

CS放送「日テレプラス」での千秋楽TV生中継は、9月20日(日)17:00公演で実施。
【番組サイト】https://www.nitteleplus.com/program/mankai-stage/

(C) Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C) MANKAI STAGE『A3!』製作委員会 2020

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 1号)

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ