加藤綾菜、夫・加藤茶を支えるため猛勉強で介護士試験に合格

※画像は、日テレ公式@宣伝部Twitter(@nittele_da_bear)より

 

9月14日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、「77歳と32歳、超年の差夫婦は本当に幸せなのか?」と題して、加藤茶・綾菜夫婦に密着取材を敢行。綾菜が加藤を支えるために介護士の資格試験に挑み、見事合格を果たした。

 

「理想は85歳までやって、5年間丈夫に生きる」

9年前に68歳と23歳で結婚した2人。綾菜は77歳の加藤を支えるため、介護士になるべく受験を決意していた。綾菜の奮闘について、「こんなに分厚い本4冊くらい。俺には言わないけども、きつかったと思う。俺の面倒みなきゃいけないし、飯の支度はしなきゃいけないし」と、感心した様子の加藤。2か月間、仕事と家事をこなしつつ毎日5時間以上勉強を続けた綾菜に触発され、加藤も病気に負けない体力づくりのため、パーソナルトレーニングを開始。「自分の理想は85歳までやって、5年間丈夫に生きる」と宣言する加藤。

 

綾菜は試験に見事合格。これをきっかけに、介護のボランティアを始めた。綾菜は「おめでとう。アータンやったね~。頑張ったね、えらいよ~!お祝いしないとね。やっぱりチイのアータンです」と、加藤からのメッセージを披露した。「私が介護の試験に合格して、カトちゃんが『時計必要だろ?買ってあげる』って言ってくれて。ありがとう」と拍手する綾菜。これに加藤は「いやいや、俺が拍手されてどうすんの」と照れた表情を浮かべた。綾菜のお祝いの時計を買いに来たはずが、「見ちゃうとなんか欲しいな」と、なぜか加藤は自分の時計を物色。「あーたんの買いに来て、俺も買っちゃう?」と甘える加藤に、「ちーたんが欲しかったら買えばいいじゃん」と綾菜。

 

結局入店からわずか3分で、加藤は55万円の時計を購入。「うちの時計買いに来たのに!」と、綾菜はやや不満げ。申し訳なさからか、加藤が「もう一つ買う?」と綾菜に勧めるも、「いらん。時計は1個でいいんだよ」と返される始末。結局、11万円の時計に決めた綾菜であった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ