チームラボボーダレス、紅葉や彼岸花などの秋限定作品が9月より登場

SPICE

2020/9/17 16:00


東京・お台場の『チームラボボーダレス』に秋の景色が登場した。

「呼応するランプの森」には、秋の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、山の紅葉」が登場。10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく巨大な花「増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year」には、ひおうぎ(9月)や彼岸花(10月)が、悠久の里山の景色を描いている作品「地形の記憶」では、黄金色の稲穂が広がる棚田や赤とんぼの群れが描かれるなど、様々な作品に秋の景色が広がる。

・秋の作品一覧


「増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year」

生命力に満ちた作品「増殖する無量の生命」は、花が1本1本生まれ、約10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく。9月はひおうぎ、10月は彼岸花、11月はけいとうが登場。
チームラボボーダレス
チームラボボーダレス

「地形の記憶」

「地形の記憶」は、高低差のある空間を分け入ることができる。人々が作品内を動き回ることで空気の流れが変わり、稲や散る花びらの動きが刻々と変わっていく。9月からは秋の風景に移り変わり、黄金色に輝く棚田をはじめ、赤とんぼや紅葉、キンモクセイなど秋の悠久な里山の景色が描かれる。
チームラボボーダレス
チームラボボーダレス

「呼応するランプの森」

人がランプの近くで立ち止まり、じっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせ、その光は最も近い2つのランプに伝播し連続していく「呼応するランプの森」。10月からは秋の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、山の紅葉」が登場。
チームラボボーダレス
チームラボボーダレス

「積層された空間に咲く花々」

花々が生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、死んでいく「積層された空間に咲く花々」。10月からは菊の花が広がる。
チームラボボーダレス
チームラボボーダレス

「EN TEA HOUSE 幻花亭」

お茶をテーマにした作品空間の「EN TEA HOUSE 幻花亭」。お茶を点てると、お茶の中だけに季節の花々が生まれ咲いていく。10月からはコスモス、キンモクセイ、菊など秋の花々が登場。
※凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)は、ドリンクとセットで1,200円(税込)で販売。無くなり次第終了。
チームラボボーダレス
チームラボボーダレス

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ