ニュージーランド航空、ボーイング777型機を来年9月まで運用停止へ 大半をアメリカで保管

Traicy

2020/9/17 14:54

ニュージーランド航空ニュージーランド航空は、少なくとも2021年9月まで、ボーイング777型機の運航を停止する。

ニュージーランド航空は現在、7機のボーイング777-300ER型機と8機のボーイング777-200ER型機を保有している。ボーイング777-300ER型機のうち4機をアメリカ・カリフォルニア州のビクタービル、ボーイング777-200型機はビクタービルとアメリカ・ニューメキシコ州のロズウェルで長期保管する。3機はオークランドに残し、必要に応じて運用に復帰できるようにする。保管場所は、乾燥しており機体の保管に適していることや、6~8週間でサービスに復帰できることから選んだ。

長距離路線は燃費効率が良いボーイング787-9型機で運航し、タスマン横断路線や太平洋諸島間はエアバスA320型機やエアバスA321型機などの小型機で運航する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ